Date:11/5/27

先日、「朝日と夕日は違うのか?同じなのか?」というタイトルで、今見える風景は、多分に過去の経験に依存していることを書きました。「世界は同じになったね」という台詞自身は同じでも、それまでに歩んできた道によって意味が違う。「軽いデザインが求められる」という傾向は、重厚なデザインが尊重されたヨーロッパで軽くなることと、もともと軽さが基調であった日本において軽いことが尊重されることと意味が違うし、実際、求める軽さの絶対値に差異があります。上の写真はパリのデパート、La Grande Epicerie ですが、日本的感覚からすれば重いでしょう。

日本とイタリアの食文化の融合実験」で、トスカーナのエキストラヴァージンオイルと七味唐辛子ー長野善光寺の八幡屋礒五郎ーとのコラボ商品が、日本国内の店舗でどう陳列されているかを紹介しました。七味唐辛子からスタートするか、エキストラヴァージンオイルから見るか。2番目の写真は、La Grande Epicerie の店内です。ヨーロッパでは軽めの空間ではありますが、柱や梁の太さとの対比が、軽さのポジションをよく物語っています。ミニマリズムでもないし、オリエンタルの軽さでもない。空間の余裕と棚の曲線が軽さの要因になっています。

ここに、エキストラヴァージンオイル(下から4番目のケース入り)と七味オイル(下から3番目の赤いケース入り)があります。イタリアやフランスのオイルに囲まれ、日本の味が入っているオイル。日本大好きの純日本を探してやまぬフランス人は、もしかしたら、正統派を語りはじめることでしょう。「こういう組み合わせは日本にない!」とーいや、日本でも、この商品が唯一で売っているんですが(笑)-、日本人が中国人の寿司を批評するような口ぶりになるかもしれません。そこまで日本に入れ込んでいるわけではないフランス人は、「なるほど、こういうアイデアがあったのか。面白い!」と買ってくれるのではないかと思います。入り口の違いが、態度を決めますしかも、それは結構、あとをひく

日経ビジネスオンラインの連載でキッコーマンの醤油についての記事を書きました。今、欧州は毎年10%以上の伸びを示していますが、アジア市場は3%程度。それはキッコーマンの醤油は所得があがらないと購買層が出来てこないからなのですが、アジアには醤油ーあるいは似たものーが沢山あります。どうして値段が高い日本の醤油を買うのか?という消費者の動機付けが必要です。似たものが多いから売れるのか?似たものがないから売れるのか?皆が同じなかでちょっと違うから売れるのか?とにかく、コンテクストの生成は、それまでの経験の量と質により異なることだけは間違えがありません。

 

 

Category: さまざまなデザイン | Author 安西 洋之  | 
Date:11/5/21

今夏出版するローカリゼーションマップの書籍のために原稿を書いています。ほぼ書き上げて、これから手を入れていくのですが、こうした作業をしながらローカリゼーションマップとは何か?の整理が自分の頭のなかでもできていきます。今まで、「ローカリゼーションマップは地域文化を分かるためですか?製品をローカライズするための指標ですか?」とよく聞かれてきました。ぼくは「基本的に、地域文化理解、即ち、ビジネスをするにあたって必要と思われる大雑把な市場理解のため。もちろんローカライズの参考になります」と答えています。しかし、これを少しわかり易く、説明できるなと執筆をしながら思いました。ここで、この問題を整理しておきます。

海外市場とビジネスをするにあたり、そこの市場がどんなものか知っているべきでしょう。そのために各種の統計資料やマーケティング情報からアカデミックな書籍まで沢山あります。もちろん、国によっては殆ど資料がないという場合もあります。しかし、分かったような分からないような気分になることが多く、そういう気分に陥るのが予想されるから、あまりあてにもしないで読まないという判断をすることも珍しくないでしょう。「実際に現地に滞在してみないと分からないよ」と思うからかもしれません。現場を知ることは常に大事ですが、自分で納得する術をもたないのも悲劇です。

その解決の一つとして、どんな類でもいいから、いくつかの製品がもつ独特の文化や世界観を把握することです。自分の好きなモノやコトがあると、それをネタにして国境を越えた世界が見えます。外国語は自分の好きなテーマの本を読むと習得が早いというのと同じで、何か差異が分かるアイテムを指標としてもつことが大事なのです。この発想でいくと、ナイフと包丁、ティッシュペーパー、白物家電、醤油・・・などで製品のキャラクターを把握してみる。これがローカリゼーションマップの第一ステップです。コンテクストが強く反映するか、グローバル市場で売られるか、スピードが速いか、動きや影響が大きいかという観点から製品文化を自分なりにおさえるのです。

それをベースに地域文化を見ます。ローカリゼーションの期待度から、その文化のありようを想像します。本来、ローカルのコンテクストがあまり反映されない製品なのに、ある地域ではローカリゼーションしているとすれば、その地域が何を重視しているのかが浮き彫りにされます。これが第二ステップです。ローカリゼーションマップの最低目標はここです。次の第三ステップは、これまでの理解に基づいて、どういう商品投入をしていくかのプランニングに、これまでの自分なりの見方を適用していくことです。その時に、第二ステップまでの結果が活用できるのは、マイナスイメージの排除です。明らかに市場無知でしか生じないミスをゼロに近づけておく、これが肝です。ローカリゼーションマップを使えば、無駄な失敗が減って成功の打率を高くすることができる。第三ステップの目標は、ここにあります。

Date:11/5/19

6月25日(土曜日)と7月2日(土曜日)の二回連続で勉強会のご案内、サブカルチャーのもう一回です。7月2日のニンテンドーDSが世界で売れる理由の前に、6月25日、米国市場における日本アニメ情況をとりあげます。まんが、アニメ、ゲームの三つは、日本の「代表作」のようにいわれてきましたが、代表作であった理由、代表作であり続けるための条件などを語り合います。また、原発事故で日本の技術への信用ががた落ちだという声も聞こえますが、それが日本イメージやサブカルチャー評価に与える影響も考えてみたいと思います。

尚、フェイスブックのページ(下記)でも最新情報を提供していきますので、このページを「いいね!」に入れておいてください。

http://www.facebook.com/localizationmap

参加希望者は、anzai.hiroyuki(アットマーク)gmail.com かt2taro(アットーマーク)tn-design.com までお知らせください。議論に積極的に参加していただける方、本研究会の今後の活動に貢献していただける方、大歓迎です。内容に一部変更になる可能性がありますが、その際は、ご了承ください。場所はいつもと同じく、六本木アクシスビル内のJIDA事務局(http://www.jida.or.jp/outline/)です。

6月25日(土)16:00-18:00 「米国で日本アニメは衰退したのか?」

日本のアニメが海外市場でイマイチ元気がない、ということが常識のようになりつつあります。あれだけ「少年たちの夢を育んだ」と言われた日本アニメへの注目度が鈍っています。その一方で、北米や欧州、または韓国からも新しいタイプのアニメが出てきています。 

そこで、ちょっと考えてみましょう。本当に、過去それだけの影響力をもっていて、そして今、減退傾向にあるのか。あるいは、単に日本が実態以上に浮かれて海外市場の動向を高く見積もっていたのか。いったい、日本のアニメの強さとは何なのか。こういう問いがでてきます。 

米国市場における日本アニメの変遷を辿りながら、上記の問いに対する回答を、ローカリゼーションの観点も含めて議論して見つけていこうというのが今回の勉強会です。講師は読売新聞記者の笹沢教一さんです。科学記者ですが、同時に日米ポップカルチャーのエキスパートです。アニメ映像もみながら、お話しくださいます。尚、震災や原発事故による米国における日本イメージへの影響もテーマになります。

参加定員数:20名
参加費:1500円(18:00以降の懇親会参加費を含む)

講師:笹沢教一(ささざわ きょういち)

読売新聞東京本社科学部記者/デスク。1965年生まれ。

89年読売新聞社入社。東北総局(仙台)などを経て、94年から科学部。科学報道の各分野を担当した後、ワシントン特派員(2002~06年)や調査研究本部研究(09~10年)を経験。10年にカリフォルニア大学バークレー校ジャーナリズム大学院客員講師。日米のポップカルチャー事情に詳しく、米国駐在などを通じて、アメリカにおける日本文化のウォッチングを続けている。著書(単著)に「ニッポンの恐竜」「僕が『火星』を歩いた日」など。取材団の一員として「膨張中国」などの共著。