Date:11/6/10

昨晩、久しぶりに大学の同窓で夕食会を開催しました。ミラノでの同窓会の幹事をやるようになったのは、およそ10年ほど前からです。その数年前、たまたま東京にある大学の同窓会事務局に出かけたとき、「幹事が日本に戻って、その後、空席なので、やってくれませんか?」と言われ、あまり考えずに「いいですよ」と答えたのです。正直にいえば、名前だけ書いておけばいいや程度のことしか考えていませんでした。そうしたら、時々、電話やFAXが届くようになりました。「ミラノで通訳を紹介してくれないか」「どこかお勧めのレストランを教えてくれ」「トスカーナの宿泊できる修道院はないか」・・・と問い合わせがくるようになりました。

今から思うと、「ネット検索時代」「SNSでの情報収集」前夜であったのだと思います。ネットは普及しはじめていましたが、データがそこまで蓄積されていなかった。掲示板やメーリングリストで外国の情報をとることが可能であっても、やはり人を経由した情報への信頼性が高かったのだと思います。そのように、自分ではこなしきれない問い合わせを前にして実行したのは、「名簿の作成」「定期的夕食会の開催」でした。名簿には卒業年度、学科、住所、電話番号・・・というお決まりの項目が並び、メールアドレスがない方もいたので、FAXや郵送で夕食会の開催を連絡するという手間も必要でした。

その時に意外に思ったことがあります。20代から30代前半の卒業生が多く集まってきたことです。それまで海外で日本人が集まることに拒否感を示していた世代が、それも学校の同窓というつながりで集まってきたことに意識の変化をみました。一つにはNYの911で、友人や家族の絆を強めるとの現象が世界的に広まったことがあります。それと、それまでの滞在年数が大きな指標であったピラミッド構造が崩壊しはじめてきたのです。必ずしも長く滞在していることが評価の対象ではなくなってきました。だから、誰でも気楽に参加できるようになった・・・というように空気が変わりました。

経験年数が多いことによる情報量があまり重要ではなくなり、それぞれの関心領域にしたがったところで繋がれるから、それまでの「同窓会?なんか駐在員の上下関係がそのままの世界なのでは?」というイメージがなくなってきたと思います。もちろん、これはぼくが卒業した大学に特徴的な現象なのかもしれませんが、集まる契機が複数存在するから、逆説的ですが、「旧タイプ的」な存在が相対的に軽くなったのです。

2005年あたりからSNSが普及してくるに従い、この傾向はより強くなってきます。それまで大学の事務局経由でコンタクトしてきた方が多かったのですが、だんだんと減っていきます。一方で、ネット上で同窓であることが分かり、ネットのオフ会という要素が入り始めました。勝手にネットワークができるから、以前のように定期的な夕食会をアレンジする必要がなくなり、それぞれが集まるようになったのです。そして、同時に以前は大切であった名簿が不要になりました。住所や電話番号を記している必要がなくなり、メールアドレスだけあれば、充分です。あるいは大学のSNSやフェイスブックのページが活用されつつあり、メールアドレス自身を知らなくてもすむようになりつつあります。

しかしながら、それは全員ではありません。Twitterで集合をかけるとなればTwitterを全員やっていないといけないし、フェイスブックもそう。アカウントをもっていても、あまりログインしていない人も少なくありません。とすると、やはりメールで告知するという手段が一番漏れがありません。10年前から比較すれば雲泥の差で連絡が楽であることは確かながら、「やはり、フェイスブックでクリックした結果だけみれば楽なのだが・・」という思いは残ります。この統一した手段が常に一定しない、というのが世の中なのでしょう。必ず、前のツールと今のツールが混在し、そこで葛藤が送信側にも受信側にもともなう・・・これを余裕もって眺めるのが同窓会という効率性とは無縁の社会の楽しみ方でしょう

因みに、「ミラノのレストランを教えてくれ」というような質問はこの数年、一切、なくなりました(笑)。

 

Category: その他 | Author 安西 洋之  | 
Date:11/5/27

先日、「朝日と夕日は違うのか?同じなのか?」というタイトルで、今見える風景は、多分に過去の経験に依存していることを書きました。「世界は同じになったね」という台詞自身は同じでも、それまでに歩んできた道によって意味が違う。「軽いデザインが求められる」という傾向は、重厚なデザインが尊重されたヨーロッパで軽くなることと、もともと軽さが基調であった日本において軽いことが尊重されることと意味が違うし、実際、求める軽さの絶対値に差異があります。上の写真はパリのデパート、La Grande Epicerie ですが、日本的感覚からすれば重いでしょう。

日本とイタリアの食文化の融合実験」で、トスカーナのエキストラヴァージンオイルと七味唐辛子ー長野善光寺の八幡屋礒五郎ーとのコラボ商品が、日本国内の店舗でどう陳列されているかを紹介しました。七味唐辛子からスタートするか、エキストラヴァージンオイルから見るか。2番目の写真は、La Grande Epicerie の店内です。ヨーロッパでは軽めの空間ではありますが、柱や梁の太さとの対比が、軽さのポジションをよく物語っています。ミニマリズムでもないし、オリエンタルの軽さでもない。空間の余裕と棚の曲線が軽さの要因になっています。

ここに、エキストラヴァージンオイル(下から4番目のケース入り)と七味オイル(下から3番目の赤いケース入り)があります。イタリアやフランスのオイルに囲まれ、日本の味が入っているオイル。日本大好きの純日本を探してやまぬフランス人は、もしかしたら、正統派を語りはじめることでしょう。「こういう組み合わせは日本にない!」とーいや、日本でも、この商品が唯一で売っているんですが(笑)-、日本人が中国人の寿司を批評するような口ぶりになるかもしれません。そこまで日本に入れ込んでいるわけではないフランス人は、「なるほど、こういうアイデアがあったのか。面白い!」と買ってくれるのではないかと思います。入り口の違いが、態度を決めますしかも、それは結構、あとをひく

日経ビジネスオンラインの連載でキッコーマンの醤油についての記事を書きました。今、欧州は毎年10%以上の伸びを示していますが、アジア市場は3%程度。それはキッコーマンの醤油は所得があがらないと購買層が出来てこないからなのですが、アジアには醤油ーあるいは似たものーが沢山あります。どうして値段が高い日本の醤油を買うのか?という消費者の動機付けが必要です。似たものが多いから売れるのか?似たものがないから売れるのか?皆が同じなかでちょっと違うから売れるのか?とにかく、コンテクストの生成は、それまでの経験の量と質により異なることだけは間違えがありません。

 

 

Category: さまざまなデザイン | Author 安西 洋之  | 
Date:11/5/21

今夏出版するローカリゼーションマップの書籍のために原稿を書いています。ほぼ書き上げて、これから手を入れていくのですが、こうした作業をしながらローカリゼーションマップとは何か?の整理が自分の頭のなかでもできていきます。今まで、「ローカリゼーションマップは地域文化を分かるためですか?製品をローカライズするための指標ですか?」とよく聞かれてきました。ぼくは「基本的に、地域文化理解、即ち、ビジネスをするにあたって必要と思われる大雑把な市場理解のため。もちろんローカライズの参考になります」と答えています。しかし、これを少しわかり易く、説明できるなと執筆をしながら思いました。ここで、この問題を整理しておきます。

海外市場とビジネスをするにあたり、そこの市場がどんなものか知っているべきでしょう。そのために各種の統計資料やマーケティング情報からアカデミックな書籍まで沢山あります。もちろん、国によっては殆ど資料がないという場合もあります。しかし、分かったような分からないような気分になることが多く、そういう気分に陥るのが予想されるから、あまりあてにもしないで読まないという判断をすることも珍しくないでしょう。「実際に現地に滞在してみないと分からないよ」と思うからかもしれません。現場を知ることは常に大事ですが、自分で納得する術をもたないのも悲劇です。

その解決の一つとして、どんな類でもいいから、いくつかの製品がもつ独特の文化や世界観を把握することです。自分の好きなモノやコトがあると、それをネタにして国境を越えた世界が見えます。外国語は自分の好きなテーマの本を読むと習得が早いというのと同じで、何か差異が分かるアイテムを指標としてもつことが大事なのです。この発想でいくと、ナイフと包丁、ティッシュペーパー、白物家電、醤油・・・などで製品のキャラクターを把握してみる。これがローカリゼーションマップの第一ステップです。コンテクストが強く反映するか、グローバル市場で売られるか、スピードが速いか、動きや影響が大きいかという観点から製品文化を自分なりにおさえるのです。

それをベースに地域文化を見ます。ローカリゼーションの期待度から、その文化のありようを想像します。本来、ローカルのコンテクストがあまり反映されない製品なのに、ある地域ではローカリゼーションしているとすれば、その地域が何を重視しているのかが浮き彫りにされます。これが第二ステップです。ローカリゼーションマップの最低目標はここです。次の第三ステップは、これまでの理解に基づいて、どういう商品投入をしていくかのプランニングに、これまでの自分なりの見方を適用していくことです。その時に、第二ステップまでの結果が活用できるのは、マイナスイメージの排除です。明らかに市場無知でしか生じないミスをゼロに近づけておく、これが肝です。ローカリゼーションマップを使えば、無駄な失敗が減って成功の打率を高くすることができる。第三ステップの目標は、ここにあります。