Date:11/12/8

ベルリンの空港でセキュリティチェックのX線を通過した後、回収されたハサミ、ナイフ、ライター類が透明のプラスチックケースにたまっているのを見ました。一緒にいたイタリア人のビジネスパートナーに「結構、新しいものもあるね」と声をかけると、彼は自分の体験談を話し始めました。奥さんと2人でスペインに旅行に出かけたときのことです。イタリアの空港でチェックインを済ませ、セキュリティチェックゾーンに入る寸前、買ったばかりの高価な爪切りが機内持ち込みのバッグの中にあるのを思い出しました。取り上げられるのは必至です。そこで彼らは空港内を歩きまわりはじめます。観葉植物の大きな鉢を見て「これだ!」と、鉢の下に爪切りを隠しました。1週間後、スペインから戻るとさっそく目標の鉢をめざし、爪切りを取って自宅に戻ったと言うのです。

彼はいわゆる狡賢いタイプではない。そういう人間がこのような機転を働かす。それがイタリアの一般的な風景にある。イタリア人のもつその器用さが怠惰を招きー何かのビジネスを実行する時、まず人脈の洗い出しからはじめ、適当なコネがみつからないと諦めるー、保守的な文化を作ると言われます。しかし、この「創造性」がイノベーションの源泉であるのも確かでしょう。

今週、ドイツ人やイタリア人の仲間たちと旧東ドイツを巡りながら、さまざまなことについて意見を交わしましたが、「いかにしてイノベーティブであるか?自分たちでルールをどう変えるか?」が常に底に流れるテーマでした。統一後の20年、ドイツは何をして何をしてこなかったのか?を考えながら、他人の設定したルールに従わないためにどう工夫するかをもう一方の頭で響かせていました。

グローバリゼーションの一つとして有名ファッションブランドの店がどこの空港にもあるとの現象がある一方、その空港の場所を特徴づける食材を提供することがトレンドにあります。「マルペンサ空港で美味しいモッツァレッラチーズが食べられるから少々早めに空港に着こうか」という気にもなります。iPad を眺めながら搭乗便を待つ姿はどこの空港でも見かけますが、そこで食べているものは違う。ただ、実は食べ物だけではなく、「とっさに鉢の下に爪切りを隠す発想を生み許す」かどうかに大きな違いが見られます。そして、それも保守性と革新性が表裏の関係にあるのを見つめるところから、イノベーションには何を水の上に出し何を沈めておくかという判断が、ケースバイケースで下されることになります。

「すでにモノの時代は終わり、コトの時代である」というセリフが語られることが多いです。確かにモノがモノの価値だけで売られることは相対的に少なくなっています。が、それによりコトに対して過剰な期待と幻想を抱いている。技術ではなく社会文脈の変化の重要性がクローズアップされるからこそ、技術以外の変化ばかりに目がいくのですが、「技術文脈の変化」に注目したとき、モノの威力は決して落ちていないランドスケープが広がっているのに気づきます。これを今回、旧東ドイツにある企業で感じました。相変わらずさびしい田舎の景色のなかに確実に変わりゆく部分をみたとき、モノを見ることを忘れてはいけないと再認識しました。

「とっさに鉢の下に爪切りを隠す発想を生み許す」柔軟さはイノベーションのエッセンスではないかとぼんやりと思いながら、眼下に広がるベルリンの街の光を眺めていました。

Date:11/12/4

今日は息子が来年9月から通う予定の中学のオープンデイ。ステージのあるスペースで校長が親たちを前に概要を説明するのですがー何曜日が半日で何曜日が午後まで授業があるとかー、かなり「アバンギャルド」なムードに唸りました。マフラーをしたアーティスト風貌の2人が話している校長のすぐ前を通り過ぎ、親たちに「チャオ!」と軽く手を振って通り過ぎていく。隣の音楽室でその一人がガンガンとドラムを叩きはじめ校長の声が良く聞こえない。校長の話より音楽を聴きたい親は音楽室へ。校長が何度か演奏を中止するように音楽室に足を運ぶが、まったく無視でドラムの音が鳴り続けるのです。校内いたるところの壁いっぱいにイラストが描かれ、「ここは美大か?」という感じです。二人は音楽と美術の先生だったのです。

校内をぐるりとまわり学校を出て帰宅する途中、息子に「この学校でピアノとバスケットが得意ならスターになれるよ」とぼくは言いました。あのアーティストの先生を「友達」にすれば学校権力なんか怖くない!(笑)。第一外国語は英語で、第二外国語はフランス語かスペイン語を選択し、それによってクラス分けを決めるそうです。「どっちの言葉がいい?」と聞くと、「フランス語。スペイン語はイタリア語とものすごく近いから、あとで簡単にできそうだからね」との答え。うん、それはいい判断だ。「で、学校気に入った?」「壁中がアートでいいね!」

いちおうは、もう一つ別の中学も見学してみようかと思います。実をいうと、外観からこの中学にあまりよい印象をもっていなったのです。しかも、かつては評判も良くなかった。ぼくの友人も先生と喧嘩して放校処分になった・・・もちろん大昔です。が、この2-3年、体制が変わって抜群に良くなったという噂です。それでも息子には「別の学校もいいんじゃない?」とそれとなく言っていたのです。今日、あの「アバンギャルド」にはぼくも心が惹かれはじめ、別の学校見学は「いちおう」に格下げです。

ぼく自身、イタリアで学校教育を受けていないので、学校で生じるエピソード判断に迷うことが沢山あります。最近、息子の持ち物をクラスの友人にいたずらされました。それを息子が先生に訴えると、「それなら、いたずらをした彼に何か仕返しをしなさい」と言われたそうです。ぼくたちは教育上そりゃあないだろうと瞬時に思いますが、そういう考え方とは違う土壌に生活しているんだと気づかされます。人の話している前を遠慮なく通過するのはエチケットとして良くないにせよ、腰をかがめて小走りにいくー日本の会社の会議室で毎度お目にかかる風景ーのがつつましい態度として良いのかとも思うのです。

もちろんイタリア人の親たちの学校の評判も参考にしますが、そこそこに聞くしかないかとも思います。学校や先生に対する意見や感想は、自分の子供がどう扱われているかに大きく左右されー端的にいえば、成績の良い子にとって居心地がよいか、成績の悪い子にとって救われる場所かー、ぼくたちの子供にとってどうなのかは別の話になります。先生の話を聞くのも大切ですが、どうせいいことしか言いません。それにどの先生が担当するのかもわかりません。とするならば、校内に足を踏み入れ先生たちの様子を観察するしかないのです。

それに学校は先生のものではなく生徒たちで作っていくもの。その思いをあらたに、あの「アバンギャルド」に任せてみるかという直観が働いたので、かなりの確率で今日の学校に決めることになりそうです。

Category: 子育て | Author 安西 洋之  | 
Date:11/12/3

どこも「可視化ばやり」である。アングロサクソン流の説得に屈したのか、なんでそうなったのかよく分からないが、かたっぱしから透明性が要求されていることと「文盲率」が高くなった、この二つが要因なのではないかと想像している。「文盲率」とは文字通りではなく、もちろん言語リテラシーを指している。コミュニケーションにおける文章への依存度が増しているのに、その理解力や表現力が比例していないから「文盲率」は相対的に高くなる。そして、ネットに「放出」される情報量は増大する一方であり、大波に溺れることに飽きたーあるいは力尽きたー人たちは古代的なライフスタイルを選択する。

そのためか、情報の流れ方や提示のされ方ー「しかた」ではない!-にとても敏感な人たちが育っている。ただこれも皮肉な見方をすれば、「文盲率」の高さゆえに「作法」で判断する部分が多くなっているとも言える。暗黙的な世界でより「作法」が重視されるとの同じレベルで、「文盲率」の高い世の中では「明示的である」ことが「作法」に堕している。実際、恥ずかしい話だが、ぼくも理解しずらい人の書いた文章によく出会いー君もぼくの文章を分かりにくいと言うかもしれないがー、「文盲率」の高さが自分の身に及んでいるのをひしひしと感じる・・・・。ああ、及んでいるのじゃなくて、もとからそうかもしれないが。

よってプレゼンばやりだ。「伝わらぬものは伝わらないんだ!」「伝わらないのは相手のレベルが低いんだ!」なんて口が裂けても言ってはいけない。そういう世知辛い世の中である。おばあさんでも分かるように、14歳でも分かるように・・・とキャッチフレーズをつけただけで、良心のありかが証明されたような気分が満ちている。ああ、いやだ。いや、ぼくもプレゼンの必要性については自分で語るから、全否定しているわけではない。それでも、やり過ぎなんじゃないかと思わないでもない、ということだ。

慶応大学の井庭崇研究室で作成した「プレゼンテーション・パターン」を読んだ。ヴィジュアルと言葉の両方でプレゼンのコツを語り尽くそうとの意思が見える。34のチェック項目が網羅されている。ぼくは、これですべてであるか、あるいは欠けている点があるかという目では見ない。これらのポイントのそれそれでいい線いったら十分じゃない。まず、無理だって。だいたい、これは方向性や態度を語っているのであるから、「いい線」という表現自体、馴染まない。

正直に書こう。ぼくは、プレゼンのやり方に関するマニュアルや本をほとんど読まない人間だ。ビジネス本も書き、たまにビジネス書のレビューをブログにも書くが、ビジネス書もほとんど読まない。読んだ冊数は、このブログにレビューを書いた数だけだ。だからプレゼンのコツをどう他人が語っているのかを知らない。しかしながら、プレゼンはこの34を手元においておけば他に何が必要なのか、さっぱり思い浮かばない。これは簡潔に肝心なことを指摘して、あとは読む人間が考えるようになっている。それでいい。

少なくても確信をもって言えることがある。プレゼンのマニュアルを読んでいる暇があれば、文学や歴史の本ー特に回想録ーを読むのが良い。もし、そうした本を読んでなお、プレゼンのマニュアルを読みたいと思ったら、それらの本をよく理解できていなかったと反省するべきだ。

あっ、基本的なことを書き忘れた。「明示化」のプレッシャーに対抗して「暗黙的である大切さ」を相手にどう説得できるか?というのは、重要な課題だ。これに負けると、プレゼンのマニュアルに走るわけだ。金を節約したいと考えるなら、何をすべきかは自明だ。