Date:12/3/7

先月22日に日本に着いて走り回っているうちに残り滞在日数も少なくなってきました。ミラノからの飛行機のなかで考えたローカリゼーションマップ3年目の青写真は少しずつですが具体性を帯びてきました。連続的なインプットをこなす日々が終わりに近づいて時を過ごすのが書店です。丸善本店が最近の定番です。以前は八重洲ブックセンターだったのですが、スペースの取り方やぼくがカバーするジャンルから東京駅を挟んで反対側に移りました。丸善本店でも7割近い本棚を巡るので相当な時を費やすことになります。ただ実際に本を手にとってページをめくる冊数はそれほどではなく、背表紙の書名を丹念に追っていくのです。本来は図書館でこれをやると良いのでしょうが、やはり世の中で現在求められているー流通されやすいー「知」という視点からすると書店が適当でしょう。

この時間を過ごしているとき、日本にいる実感をすごくもちます。ミラノでネットを通じて見ている日本社会がいかに限定的であるかを痛感するのです。それは東京でいろいろな方にリアルにお会いしている時以上かもしれません。「現代社会問題」というカテゴリーの書棚にあるテーマをネットで見通すのは至難の業です。社会学が復活しているように見えても、書棚の幅を見ると思ったよりマイナーであることを認識します。あるいは、新書コーナーでみるタイトルから専門書群の何を抽出しているのかを考えます。何を入門の視点として切り取るのかを、複数のジャンルで専門書と対比しながら見てみるのです。アジアにスポットがあてられながらー一般のビジネスマンにとってー何が見えていないのかは、各国政治経済や紀行と新書の3つのコーナーを見ていると想像をかきたてられます。また、哲学と思想の区分けをタイトルを眺めて、どういう分類で本を区別するのが消費者にとって有効であると書店が判断したのかを思います。

ヨーロッパがヨーロッパとしてとらえられるのはユーロ問題くらいで、以前は取り上げられなかったレベルで各国テーマが書籍化されています。これは一見喜ばしいようにも見えます。手薄だった情報に厚みがでてきていると言えるでしょう。しかし、ヨーロッパをヨーロッパ全体で語れる人が本当に少なくなったからだと捉えると、これは大きな穴です。こういうことを思いながら書棚のなかを歩き回ります。前述したように、いろいろな分野を含めて比較しながら総合的に考えることがーできるような錯覚をもつのですがーネットではできないのです。ネットでは一冊の新書と一冊のハードカバーの単行本の距離は限りなくゼロに近いのですが、大きな書店でこれらの2冊の間には明らかに乖離があり、しかし、そのラインを結ぶロジックが見えてくるーが、ネットでは分かりにくい

実のところ、これと類似することは書店以外にも多々あるのですが、書店でシンボリックに見えると言ってよいと思います。ですから、日本に到着してすぐ行くのではなく、滞在の終盤に多くのアポをこなして自分の内に積もってきた経験を書店で相対化する作業を行うことに意味があるのです。いや、本当のところを言えば、滞在のはじめでも書店に足を運びざっと眺めることはするのですが、丁寧に追うのは後半にとっておきます。

もちろん、自分の書いた本がどう置かれているかをチェックするのも忘れません!(2番目の写真は赤坂ベルビ―の旭屋書店です)

Date:12/2/26

東大のイノベーション教育の場である i.school について以前、日経ビジネスオンラインの連載で紹介したことがあります。この記事の最後に昨年3月11日に被災地となった気仙沼・唐桑地区での学生たちの取り組みについて触れました。

昨年秋より、彼らはローカルに関する思考を閉じたものではなく、開かれた「生態系」のなかで発展させていくモデルを作るべく話し合いを続けています。船名の最後にある「丸」は、母港を離れて丸を描くように再び戻るーしかも、結実をともにしてーことを祈っていると言いますが、その丸にちなんで、i.school のプロジェクトはMARU プロジェクトと名付けられています。

このプロジェクトのために、ミラノ工科大学のビアモンティ氏が学生を伴って来週初めより気仙沼に滞在します。気仙沼の良いものが、イタリアの小さな街の良いものがどうコンビになると威力を発揮するのか?それがどう世界の他のローカルにつながっていくと良いのか?そして、それらがどのように気仙沼に還元されるのか?MARUプロジェクトは、このようなことを考えています。

この機会を利用して3月3日に東大本郷で彼の講演会とパネルディスカッションがありますので、以下、i.school のサイトにある案内を掲載します。

<ここから>

http://ischool.t.u-tokyo.ac.jp/news/innotalk1_12_open

イノトーク WHICH DESIGN IN WORLDWIDE CRISIS? A POINT OF VIEW

2012.02.25

昨年3月11日の東日本大震災から間もなく1年を迎え、大きな被害を受けた東北 地方沿岸地域の未来をあらためて見つめ直す時期に差し掛かっています。このたび、東京大学i.schoolでは、地域イノベーションの最前線で、デザイン を通じた研究および実践に長らく取り組んできたAlessandro Biamonti博士をお招きし、彼の知識と経験を共有していただく機会を設けることといたしました。
Biamonti博士のレクチャーに続いて、博報堂イノベーションラボの市川文子氏をホスト役に、震災と欧州で進む経済危機が持つ共通性が、これからの社 会のあり方に与える影響を議論する、トークセッションも合わせて開催します。是非、この機会に、デザインがよりよい社会変化を生む力となることを知り、変 化への道しるべを共に考えていきましょう。

開催日時:2012年3月3日(土)午後1時~3時
(開場:12時30分)

会場:弥生キャンパス セイホクギャラリー

言語:英語

詳細・参加応募はこちらからどうぞ。

 

Date:12/2/22

今日は気分転換にちょっとだらだらと・・・・。

ミラノのマルペンサ空港の書店でThe Economist とペーパーバックを買い飛行機に乗り込み、これらを交互に読みながら途中でMoleskine のノートに思いついたことをひたすら書いていく。睡眠は1時間くらい。そうするとあっという間に成田空港に着き、「もうちょっと飛行時間が長くてもいいのになあ」と11時間少々の旅について思います。今日もそう思いました。今週のThe Economist も相変わらず、ユーロの優等生のドイツは実はちっとも市場改革がされていないとチクチクと書いていて笑ってしまいました。それでドイツがヨーロを引っ張るなら、アングロサクソン的アプローチって何のため?という反論があってしかるべきなんですが、結局、この雑誌がドイツの背中にボールペンの先っちょでチクチクと指すのは英国の正統的ー正当ではなく!-仕事なんです。ええっと、ペーパーバックはアイルランド人の作家の小説です。

で、ノートなんですが、これはローカリゼーションマップ3年目突入を前にして頭の整理をしてきました。1年目は「ビジネスに貢献する文化理解とは?」という問題意識を抱えながら、どういう人にどう知らしめてどのような活動をしていくのかが手探りでした。勉強会の1回目が2010年3月で2回目が4か月後の7月だったというのは、どのような具体的テーマならみんな参加してくれるだろうか?という勘があまり利かなかった証拠です。これが少しわかり始めたのは、同年10月から日経ビジネスオンラインに「ローカリゼーションマップ」の連載を開始してからです。コラムを読んでくださった方が勉強会やセミナーにきて感覚に触れたポイントを説明してくださったのがありがたかったです。「これで、試行錯誤ながらも、実験すべき機会をどう作ればいいかみえてきた」という感じですね。

2011年3月からの2年目になると自分たちでセミナーを企画しなくてもいろいろな団体や企業から講演会を依頼されるようになります。特に7月に『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか』が出版されると、雑誌メディアでも取り上げられるようになり、人気TV番組でもローカリゼーションマップがテーマとして紹介されるに至ります。プロジェクト名称とコンセプトの種まきの第二段階です。しかし、このステップを踏みながら、もう少し進化というか深化をスピードアップすべきではないかとの思いがいや増してきたのも事実です。問題意識の分散拠点の数は多くなったのですが、問題意識そのものの先鋭化とそれとぴったりと張り付いた具体的事例のドッキングにどうも不満が残っていたのです。カメやカタツムリの遅さとは言いませんし、犬までのスピードは期待していなかったし、そういうプレッシャーを自ら背負うつもりはなかったのですが、猫が日向をとっとこ走るくらいの感覚で進めることができたらなあとは思いました。

焦ってはいけませんから、それはそれでいいのですが、3年目に突入するにあたり抱負を抱かなかったら嘘になります。ローカリゼーションマップ自身の考え方を、野球のボールのようにホームから1塁ベースの向こうくらいにひょいと打ち、それにヘッドスライディングではなく全力力で駆け抜けるー高校野球のイメージほど純粋ではありませんがーくらいの気合いは入れます。しかし、それだけでなく、ホームから3塁ベースに走ってみるとか、バックネット前に大きく飛んだボールを急いで取りに行くキャッチャーを邪魔するー笑!-くらいの工夫はしてみます。これはどういうことかというと、もしかしたら3塁を回って逆走したほうがリアリティを正確につかめるかもしれないってことなんですね。いつも同じ向きで回っているとダメなんですよ。穴は必ずどこかにあり、そこから実態を覗くと「驚愕の!」となるものです。その印象の強さが見方を変えるきっかけになることが多い・・・という真理を狙うわけです。

まあ、とにかく、この3年目の動きも楽しみにしてください。たまに、からかってください 笑。