Date:08/2/18

「わたしはね、マックス・ビルがはじめたウルム造形大学に行きたかったんだよ。準備もしていたんだ。でも閉まってしまったからね、いやあ残念だった。けれど後になって、ディレクターだったトマス・マルドナードがボローニャに教えに来ていたとき、わたしは彼の生徒だったんだ。いい仕事をした人だと思うけど、わたしを夢中にはさせてくれなかったなぁ。」

gp1

 

こう語るのが今週の主人公ジャンカルロ・ピレッティです。上の写真の椅子、プリアチェアは世に出て8百万脚以上も売れたといいます。だがデザインした彼自身は、この仕事ではあまりお金を手にすることはできなかったというのですが、その話題は後回しにして、まずは彼の若い頃のデザイン修行の話を聞きましょう。1960年代なかば、彼は25-6歳。

「わたしが結婚した頃はデンマークがデザインの中心だったよ。ユール、ヤコブセン、ヴェグナー、みんなすばらしかった。それで新婚旅行はデンマークにしたんだ。わたしの夢だったんだ。フィンランド人のヴィルカッラもいたね。そこで偶然、ヤコブセンのスタジオで働いていたイタリア人と知り合い、わたしをヤコブセンに紹介してくれたんだ。上の階にヤコブセンがいて、下は所員。結局、2-3週間、見習いをさせてもらったんだ。奥さんはほったらかしてね(笑)。彼女は博物館に行ってたけどね。」

スカンジナビアからもアメリカからも影響なんて受けていない、と言うイタリアのデザイナーも少なくありませんが、 彼は「どこのものであろうと、美しいものであれば芸術作品のようにわたしは近づいていき、無意識のうちの影響をうける。」と話します。というわけで、彼の追っかけもよう(笑)を引き続き聞いてみましょう。

 

Date:08/2/15

日曜日の朝、美術館に絵画を見にいったときのことです。小さい息子に絵画を見せていて、ある時、彼の目線にたつと光の反射でよく見えないことに気づきました。絵画を見るのに必要な距離や高さが重要なのを知っていても、なかなか人の立場になるよう自然に身体が動かないものですね。

r

このことから、友人のカーデザイナーの話を思い出しました。「日本とイタリアのカーデザインで何処が違うかというと、まず原寸大のレンダリングを見るとき、日本人デザイナーの方が50センチから1メートルはレンダリング寄りになりがちだ」と彼は言うのです。

そして、「イタリア人は同僚とカフェを飲みながら、レンダリングを眺める。じっと眺めることもするが、カフェを飲みながら雑談をし、チラチラと目を向こうにやる。このチラチラが重要なんだ。チラチラ見た時の印象がキーだったりするからね」と続きます。

こういうことは頭では理解できます。しかしなかなか身につかない。立ってカフェを飲みながら雑談をするというライフスタイルがないと、このチラチラは定着しずらいわけですね。ということで、視点を変えるってとても難しい・・・・。

Date:08/2/14

他人のお宅を拝見するたびに、印象に残るインテリアって何かなとよく考えます。建築家の手が入っている空間は玄関に入った瞬間に分かります。良くも悪くもコンセプトの存在を感じますね。しかし、建築家の手が入らないウチの方が絶対的に多いのです。

phe

それでは家具が大きな要素を占めるのでしょうか。もちろんそうですが、必ずしも統一感があればよいというのでもない。また各々が個性的であればよいというのでもない。だいたい、あまりに決めすぎた空間もつまらないです。そういえば、往々にして建築家の自宅は開発途上。本当にその空間にあう家具を常に探し歩いているから、どうしても出会いまで待ちます。

結構、壁の使い方がポイントですね。あるレベルの絵画、写真、立体などの存在が、そのウチのインテリアの印象をものすごく左右します。もちろん、フロアーランプなどの間接照明器具のデザインの影響度も大きい・・・と書きながら、ジョエ・コロンボのスパイダーをすばやく宣伝(笑)。

sp

質の高いアートは一線を越えてくれます。アーティストデビュー当時のまだ値段が安い時代の作品、あるいはアーティストと個人的に知り合いでプレゼントでもらった作品。もし、そこに何らかのエピソードが付随されていると、そこを去った後も強く記憶に残ります。持つべきは、アーティストの友人でしょうか(笑)。