Date:13/3/18

このブログでミラノサローネをネタに書き始めて6年目になります。

何で5年間続けて書いてきたのだろう・・・と考えてみると、20万以上の人がみるこのビッグイベントをリアルに経験しながら自分なりの解釈をほどこし、次の一歩を考える楽しさなのではないか、と思い至ります。市内で開催されている500以上のイベントを全て自分の目でチェックしている人は誰もいないでしょうから、いずれにせよ限定された1週間という期間で切り取った部分(=自分の目でみたパーツ)をどう料理するか?の勝負です。

その際、会場にいるデザイナーとの会話は理解の鍵になります。

よくデザイナーと話すと、「私はトレンドは追わないよ」と語る人がいます。とても誠実そうな表情で。他人の動向とは関係なく我が道をいくということなのでしょう。市場が求めることを追うのではなく、自分が欲しいと思うのが結局売れるのだ、との信念かもしれません。しかし、ぼくからすると、「そういうあなたのセリフそのものが、トレンドなんだ」と思うことがままあります。Aという流れに「アンチA」を作るのが、意識にのぼっているかどうかは別にして透けて見えてくるわけです。そして意地悪かもしれないけれど、「アンチA」の集合体というのは必ずあるのです。ですからトレンドを追わないという心意気は買いますが、そこにある「孤独」をぼくは「トレンドを追わない」という軸では評価しません。

関心のあるのは、ビジネス的に成立するかどうかです。

ぼくは日本人デザイナーや日本企業の作品が欧州人から「心から」評価してくれるポイントについて過去、このシリーズで書いてきました。「お客さんの頭の中が分かる」とは、いわば本音で評価して財布の紐を緩めるに値する作品としてみてくれるかの見定めができているか、です。外交的な絶賛はどうでもいい。いや、あえて言うなら、外交的評価とはどういう表現をするのかは知ったほうがいいかもしれません。日本では欠点を直せと教育され、欧州では良い点を伸ばすように褒めて教育する、というエピソードが定着しているにもかかわらず、自分の作品が欧州で褒められると、その言葉を日本の教育システムのなかの評価軸に置き換えてしまうのです。このクセは矯正しないといけないでしょう。

もちろん、ぼくにもクセはあります。

長い間、イタリアに住んできて自分についてつくづく分かったことがあります。それが、このシリーズで書くことにも反映しているのですが、ある文化圏のものを右から左に移動させたものにはほとんど興味をもてません。「本物の日本を伝える」というのをうたい文句にしているようなジャンルもそうです。そういうことに強い情熱をもつ人はおやりになればいいでしょうが、新しいコンセプトは欧州で生まれるに違いないと欧州に住むことを決意した人間(=ぼく)にとって関心の優先順位は圧倒的に低いです。それはイタリア文化に対しても同じであり、「本物のイタリアを日本に伝える」といいながら重箱の隅をつっつくような説明に時間とエネルギーを費やすタイプは、ぼくの視界から自然と消えていきます。本物はどこにでもあるといえばあるし、ないといえばどこにも本物なんてないのです。

さあ、ぼちぼちと頻度を上げて書いていきます。

 

Category: ミラノサローネ2013 | Author 安西 洋之  | 
Date:13/3/9

この2週間の動きをメモしておきます。

はじまりは2月25日の月曜日です。その二日前に日本よりミラノに戻ったのですが、その時点では24日のサンケイBIZにアップした「娘がパパに教えるグローバル戦略」の企画をどう進めるか?が頭の中でぐるぐるとまわっていました。大企業で決裁権のある人に部下の提案にYESと言ってもらうには、娘の説得が有効ではないかというアイデアです。今、このワークショップを実施すべく準備をしているのですが、一方で「大きな構想」にぼくの頭脳が引っ張られているというのが、この約2週間です。

2月25日に何があったか?

ミラノの運河沿いにあるテキスタイル工房 L’HUB で青森県十和田の裂織りのワークショップを見学しました。十和田で受け継がれてきた生地の再生技術のイタリア人への伝達です。この内容は3月3日のサンケイBIZのコラムに書きました。それまでプロジェクトを主宰している佐野里佳子さんから裂織りについて何度か聞いていましたが、正直言って、ぼく自身が「自分ごと」として受け止めてなかったことを、ここで正直に書いておきます。

昨年9月、東京で佐野さんに「ドバイに行く機会があるなら、ファッションウィークの間にミラノの面白い工房でワークショップをやったら?」とアイデアを提供し、その後、L’HUBを紹介してお互いの調整をしましたが、これは「えるまっぷガールズ」の一つとしてやや距離をおいていました(← やり方にあまり口出しをしない方がいい、という意味です)。若い女の子の市場を作りながら伝統技術を継承する意義はありますが、ぼくがやることではないだろう・・・と思っていたのです。

ですから日本でのスケジュールがバッティングしそうで2月25日前にミラノに戻れそうにないかな?との状況になった時、佐野さんには「申し訳ないけど、その場合はワークショップに出れないけど、ごめんなさい」と伝えました。ただ、それまで裂織りの作業を実際に見たことがなかったし、イタリア人の参加者たちがどういう表情をするのかを見ておく必要は感じていました。ワークショップをやると、だいたい決まったように「うまくいった」「良かった」というコメントを聞くのですが、そこにいないと参加者の何処に突き刺さったのかが見えないのです。幸いバッティングは避けられ、23日にミラノに戻ることにしました。

時間が遡りますが、ミラノのL’HUBのワークショップの告知は2月8日です。L’HUBが募集をかけてくれイタリア語で1500近い人や機関にメールが届いたはずです。ぼくも何人かのイタリア人に知らせましたが、数日で二回分のWSの席はほぼ埋まりました。佐野さんから電話で「上海にいるイタリア人からワークショップのオファーがきました」と聞いたのは確か2月14日です。佐野さんは、「やります」とほぼ即答をしたようです。ここで25日のミラノのWSをみる意識がぼくの内で徐々に変わり始めましたが、前述したように「自分ごと」ではなかったのです。

ぼくの頭のなかでスイッチが入ったのは、25日に参加者の一人から「イタリアにもこれに似たリサイクル技術があるが、裂き織りと同じように死滅しかかっている。十和田の知恵を通じて、我々の技術の大切さを再発見した」との感想を聞いたときです。伝統技術を語る時にある「差異性」は、伝統技術がゆえに世界で「共通性」があるとの現象の相関関係で成り立っており、そのため逆に「伝統技術を世界共通の問題解決に応用するプラットホームがある」とみなすことができると気が付いたのです。去年、東大の学生たちと始めたMARU PROJECT でも、バジリカータのドライフードから日本にある「鮮魚信仰」の価値観をどう変えるか?という動きがスタートしました。これと同じで、世界にある状況や価値のアンバランスとバランスの差を上手く活用することで社会を住みよくする価値変化を導くことが可能だろう・・・・との思いが、ぼくの心の内で沸々と出てきました。

26日、佐野さんとThe HUB ミラノで長時間話し合いました。ぼくが提案したのは、伝統技術の継承だけでなく、マスカスタマイゼーション(=大量生産品を消費者がパーソナライズする仕組み)とリバース・イノベーション(=途上国でのイノベーションを富裕国に持ち込む)の二つの観点を加えることです。マスカスタマイゼーションはL’HUBも目指している方向で、1月に佐野さんとスカイプをした時、「それが私のやりたいことなんです!」と言っていたのですが、プレゼンのなかに明記されているわけではありませんでした(と思います)。このあたりから裂織りは「自分ごと」になり、このコンセプトをサンケイBIZに書いておこうと決意したのです。それが、「「古の知恵」と再生メカニズム 裂き織りが提案する意味」です。27日、トリエンナーレで翌日帰国する佐野さんと再び会い、「えるまっぷガールズ」の今後のコラボのやり方も含め、プログラムの詰めにかかりました。

28日からぼくは動き出しました。カリフォルニアからもワークショップのオファーが入ったと佐野さんから連絡が入りました。これはもっと大きな構想図を描いておかないといけないな、と思い始めました。工科大学の先生やテキスタイルのデザイナーなどにコンタクトしてアポをとり始めました。イタリア以外にも社会問題意識の強い人のネットワークを作るために、The HUB の重要メンバーにも会うことにします。こういうなかで今回ワークショップを実施したL’HUBの全体での位置づけも考えられるに違いない、と。

今週になってアポが確定し、一方、佐野さんは急遽二日間だけロサンゼルスに出張することになったので、水曜日は成田空港で彼女が搭乗する直前にスカイプをして意見調整を行いました。そしてぼくは4人のイタリア人と米国人に会い、二つのポイントで彼らの目が光るのを確認しました。一つは「世界の困窮した各地で生まれた技術の共有化が現代の都市生活も救う」であり、「ザーラやH&Mのようなファーストファッションが半完成品を販売し、裂き織りに代表される伝統技術で消費者が服をパーソナライズする可能性を探りたい」というのが二点目です。

米国滞在中の佐野さんとはツイッターのダイレクトメッセージとメールで頻繁に交信し、大枠の考え方を描いていきました。金曜日に帰国した日に、彼女の慶応大学SFCの恩師である井上英之さんに東京で会うアポがとれたのでプレゼンしたい、ということで時間勝負になったのです。井上さんはイノベーションや社会起業という分野で活動され、現在はスタンフォード大学におられます。ぼくは一つのメモを書きました。スタンフォードやHUBのような新しい概念にセンシティブなところが風を作り、裂き織りというヨット(これと共に世界各地にある再生技術)の追い風になり、ファーストファッションに「スローファッション」を提案することで潮の流れを創れないか?と。結局、それが人々の価値や意識を変えていくメカニズムになるのではないかと思うのです。

佐野さんは井上さんと金曜日、今日の土曜日の二日連続で話し合うことができたようです。ミラノのワークショップの告知からちょうど1か月で新しい展開への予感が生まれました。

 

 

 

 

Date:13/2/25

日本で語られている「グローバリゼーション」論議で2つの点が気になっています。一つは、英語圏や英語レイヤーの情報や状況にあまりに偏っていることです。日常の判断やリアリティは母国語でなされていることを忘れていることが多い。普段、日本語で話している時の本音が外国語になった時に微妙に違うことを自覚しながら、他の非英語圏の現実に同様の注意を払っていないのです。「ジャパンタイムズ」の日本と「朝日新聞」の日本の間に差があるのを知りながら、その他の国の新聞にある差を想像しない。これはかなり変です。

かつて大学の先生といえば英語を含め外国語が2-3できるのは普通だったのですが、今、世界のなかで英語の位置が上昇中であることは確かながら、アカデミズムの世界において英語だけで通用しているのはあきらかに退歩です。そして、その先生たちが盛んに「グローバル人材になれ!」と声を大にしています。そこに主張する背景や経験の弱さを見ます。

もう一つは、帰国子女と呼ばれる人たちの「周囲の動向」に極端に左右されがち、ということです。だから帰国子女を持ち上げたり、仲間外れにしたりするのでしょう。日本企業が海外駐在員を増やしていったのは1970年代以降ですから、それなりの年齢の人達までが「帰国子女」です。特に80年代は「駐在員の大衆化」への転換期だったといえるでしょう。例外は沢山ありますが、日本企業の駐在員が「閉じた社会」で生活する以上、その「子女」も同様の特質をもった社会での経験しか得られていないことが多い、との傾向があります。これは帰国子女が悪いのではなく、「帰国子女=世界を知っている」という幻影を作り過ぎる社会に弱さがあります。

以上の2点を前提に、話を続けます。

数年前、友人が「日本は鎖国をしないとやっていけないだろう」と語った時、「エッ?」という顔をぼくがしたら、「知性がクローズドで良いとは言っていないよ」と説明が続きました。日本の地方をくまなく歩き、多様な世代と深く語り合っている彼の言葉は、「無理な海外進出はいずれ破たんする」との意見と解しました。心をどうトレーニングしても強くはならないのと同じレベルで、「グローバルに戦う」ことに一般的精神論は相応しくないのです。にも拘わらず、本来、そんなことを考えなくてもいい人までが足元のぐらつきを指摘され平常心を失っている。グローバリゼーションは全ての人の生活に影響を与えまずが、逆説的に言うならば、「そんなの知ったことか!」と言い放つ勢いがないと立ち向かえません。

フォーブスのトップランキングにのるようなー以前の表現では「多国籍大企業」と称されたークラスの企業がマインドや戦略面であまりにドメスティックなのは変えないといけないでしょうが、そのクラスではない日本企業が身の丈をかえりみないグローバリゼーションを「焦燥感だけで」目指して疲弊しています。従来の北米と欧州に加え、新しいマーケットに出て文字通りのグローバルで勝負できない企業は退場というのが、全てのクラスに適用されるわけではないし、百歩譲って言うなら、如何にローカルだけで生きられる商売を考え抜くか?が大切な命題になっています。

さて著者は本書の3つの目的を強調しています。

一つは、マインドの問題だ。「世界と戦う覚悟を持つ」ことが、グローバル人材になるためのスタートであり、最も重要なことだからだ。

そして二つ目は「世界を知る」ということ。アメリカ、中国、そしてお隣の韓国から日本の反対側にあるブラジルまで、現在の世界は、驚くべきスピードで変化している。本当は自ら足を運び、自分の目で見て体験するのが一番だが、どのような視点で世界各国を見ればいいのかについて、そのポイントをお話ししておきたいと思う。

そして三つ目が「世界で戦うための力を身につける」ということ。避けては通れない英語はもちろん、リーダーシップやコミュニケーションなど、さまざまな力について触れていきたい。

どれももっともな点です。読者として対象にするのは、年齢ではなくメンタリティであると著者は書いていますが、例えば高校生たちなら「世界を知りたい」と思うのが自然であってしかるべきで、特に優秀とされる生徒が「違った文化なんか面倒じゃない」と開き直るのであれば、それを正すのが誰の役目なのか?が問われていると思います。

誰しも子どものときには、「大人は完璧な存在」と思っていたのではないだろうか。大人になればなんでもわかるようになり、分別もできると思っていた。でも、現実はまったく違う。何歳になっても分別はないし、落ち着きもない。

誰もが刺激を与え、誰もが説得を試みる。そうして零れ落ちるかもしれない人とどうにか前へ進む姿勢をとっていく。そこにはピラミッドの形をした構図など一切存在しない、というシステムとメカニズムを作りゆけるか?が今の日本の社会のテーマだと思います。子供が大人から学ぶだけでなく、大人も子供から学び、そこに精神的敗北などない、という社会です。「世界人」って、結局のところ目標です。実態としての「結果」ではないのです。

今日、サンケイBIZに「『大企業の役員クラスの頭ではもう無理!」 若手は説得を諦めるしかないのか?」とのタイトルのコラムをアップしましたが、「娘がパパに教えるグローバル戦略」というアイデアを書きました。部下の提案が娘さんの言うことと近ければ肯定する確率が高くなることを踏まえ、社会意識の高い女の子たちが硬直化している企業幹部層(父親)の変質を促す仕掛けを作ったらどうかと記したのですが、その根底には「大人は完璧ではない」という認識(いや、自覚か)があります。

 

 

Category: 本を読む | Author 安西 洋之  | 
Page 19 of 242« First...101718192021304050...Last »