Date:14/4/25

先月、『かないくん』を郵便で受け取り、一読した後、「えらいもの読んじゃったなあ」と思わずひとり言が出ました。ちょうど先月2回目の日本滞在からミラノに戻った翌日のことです。この本には副読本があるのに気づき、手にとってみました。監修をした糸井重里さんの言葉があります。

いよいよ『かないくん』が、みんなのところに届くことになった。その日を待ちながら仕事をしていたのだけど、しかも、それはとてもうれしいことなのだけれど、ほんの少しだけさみしい気持ちが混じっている。

釣りをしていて、思ったように魚が釣れて、それをもといた湖や川に放すことを「リリース」というのだが、そのときの気分に似ている。だって、その魚に出合うために釣りをしていて、釣りあげて出合ったのに、そいつと別れるということだからね。

そう、釣り糸を垂れている自分の前に、その稀少な魚がやってきた感じだったのです。その気持ちを何と表現して良いのか、なかなか分からず、1か月少々が経ちました。子供の時に出合う「死」を2つの視点からみるなんて考えてもみなかった。だいたい、この本を読んで、漢字の多い観念的な文章なんか書けないじゃない。ひらがなの多い文章が自然と出てくるまで待つことにしました。。

そういえば中学から大学にかけて何人かの友人を亡くしたけど、その時、自分が悲しかったんだ、ということをだんだんと思い出してきます。事故、病気、自殺と原因はいろいろだけど、ご両親はどんな想いでわが子をあの世に送ったんだろうとは、たぶん、ほとんど考えていなかった。今、10代や20代の人の死に接すると、まっさきに、こんなにも若くして子を亡くす親の辛さを思うことのほうが多いです。涙は下に流れるけれど、行き先が違うんじゃないか。

この年齢にして、太平洋の島々や中国本土に若き青年たちを送った戦争のむごさに、あらためて思いを馳せることになります。「若き青年」であったときは、人を殺す無意味さや戦場にいく怖さにばかり関心が向きましたが、年齢がふえ自分が子供を育てる立場になると、自らは死ぬ可能性が少ない地に留まるやるせなさが気になります。

また、別のことも思い出します。ぼくが日本のサラリーマンをやめてイタリアに向けて成田空港をたった1990年2月最後の日、友人と両親が空港に送りにきてくれました。その日、ぼくは新しい世界に向けて期待に胸を膨らませ意気盛んだったはずですが、友人が放った「発つ人間よりも、残される人間のほうが辛いんだよ」という言葉は、その後、何度も反芻することになります。

この1か月少々、ものすごく多くのことが胸を去来しました。先月、親父をあの世に送って以来、ぼくに伴走してきてくれたのが、「かないくん」です。

Category: 本を読む | Author 安西 洋之  | 
Date:14/4/23

ちょっと忘れないうちにメモを書いておきましょう。

サローネの最終日、ドゥーモ近くのバールでインドネシアから来たデザイナーと雑談していると、こういうことを言われました。

日本のデザイナーは北欧市場とは相性が良いだろうけど、他の地域では苦労するでしょう。インドネシアで友人たちが、「MUJIも、もっとカラフルなら買うのに」って言うのですよ。日本のデザイナーはミニマリズムな表現以外がとれないんですかね。

前回、日本人のデザイナーで欧州(全域)でちゃんと売れる家具を作れるのは nendoと田村奈穂さんの2人(nendoは組織の名前ですが)くらいではないかと書きましたが、その話をインドネシアのデザイナーに話したら、とても納得するというわけです。「いやあ、言われたなあ」と、その指摘の的確さ(日本の人はインドネシアのデザインは遅れていると思うかもしれませんが、こういう目については狂いがないところに注意を向けないといけないでしょう)にぼくは深く頷きました。MUJIを評価することと、白、グレー、アースカラーの世界を評価することは別にならないといけないタイミングにきているにも拘わらず、そこから一歩出る必要を感じていない。それは問題じゃないかあ、と思います。カラフルなMUJIを欲しがるのはコンセプトが分かっていない、というのは色に対して逆に鈍感になっている証拠ではないかとも考えるのですね。

その数日前、レクサスの展示会に出かけた時、ぼくはMITメディアラボの石井裕さんに「この作品はどうして白なんですか?」と伺ったら、芭蕉や原研哉の世界にある白だと説明されました。そういう「すべてを受け入れる」世界の白の意味はぼくも分かるのですが、この数年思っているのは、白で表現する世界や白が主張する世界がどうも「逃げ場」を作っているのではないか?ということです。すべてが逃げているわけではないのですが、逃げの姿勢が見え隠れすることが多ければ、表現者には白をあえて使わない態度があっていいのではないかと考えるわけです。それをぼくは石井さんの感性に期待したのです。

欧州トレンドでいえば白は工業製品のなかで重要な位置にこの数年で上り詰めた有望株です。これまで白は営業車扱いだったのが、高級スポーツカーも白をイメージカラーに採用するし、電子デバイスもiPhoneの影響を強く受けて白は一気にステイタスを高めました。しかし、ぼくはその次元で白を語っているのではないです。多様性を白で表現するというアプローチは定着しているのだから、多様性をカラフルに、しかし「静かに」(←これが大事)に表す努力がもっとあっていいんじゃないか、ということなのです。

サローネが終わった2日後、レオナルド・ダ・ヴィンチ博物館でファブリカの写真展のオープニングがありました。2012年に世界で一番大きい精子バンクで赤毛のドナーを拒否すると発表したニュースに関心をもったファブリカの女性カメラマンが、欧州の赤毛の男女を200人以上写真にとり、48人の顔を写真集にしたのです。その展覧会です。赤毛は欧州において歴史的にネガティブに捉えられてきたため、赤毛の人たちはマージナル意識を強くもっていたようです。したがって精子バンクのニュースは、その後撤回に至ったにせよ、実に社会性を帯びる結果になったわけです。赤毛という一つで、これだけインパクトのあることができるんだ、とぼくは感心して、この女性カメラマンと話したのですが、その時にぼくの頭によぎったのは、白の問題です。

尚、ここにある写真はファブリカのHot&Coldの展示風景です。

そう、そう、サンケイBIZにサローネについて、クールジャパンの参考としてコラムに書きました。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140420/mcb1404200600001-n1.htm

Category: ミラノサローネ2014 | Author 安西 洋之  | 
Date:14/4/13

今年のサローネ期間中は、現在執筆中の本、仮題『世界の伸びる中小企業は今何を考えているか』の内容に沿う情報を確認するために毎年と違った行動パターンをとっています。いちおうは歩き回っていますが、みている量は例年より少ないです。今週の行動をややメモ的に書いていきます。

月曜日はベネトンのコミュニケーションセンターであるファブリカの展示を見ました。イタリアのダイキンとHot&Coldのタイトルでいわば「温度の旅」を提示しています。旅には場所と時を軸とした旅だけでなく、温度にも旅は可能なんだということを見せてくれています。難しいテーマを25歳以下のクリエイターたちはよく咀嚼し、とても洗練した表現をしています。これはスキルあるクリエイターとサム・バロンという優秀なディレクターで構成されるチームのアウトップットの良い事例になります。ここで何人かの人と話したのですが、いずれも肯定的な反応でした。

火曜日はレクサスの展示です。MITの石井裕さん、イタリアからファビオ・ノヴェンブレ、それから日本人でNYを拠点にしている田村菜穂さん、この3人の作品と若手のコンペの受賞作品が言語学研究センターに展示されていました。3人の方とは会場でそれぞれ話しましたが、ぼくの印象ではファビオ・ノヴェンブレの作品はどうも一部の人たちに誤解されている部分が多いのではないかという気がします。一方、田村さんの才能にかつてサテリテで出会って以来注目してきましたが、たぶん、彼女はnendoと並んで日本人で「欧州で本当に売れる製品」をデザインできる人だと思います。残念ながら、翌日のサローネ会場でも思いましたが、この壁の高さと厚さを分かっていて、それを乗り越えられる日本人デザイナーはほとんどいないでしょう。

その後、来年のミラノ万博への話し合いをイタリアと日本から来た方とブレラ地区で行い、ファブリカ・デル・ヴァポーレに出向きました。まずは小林弘和さんがやっているLife Stripe展を見ましたが、今回の場所はそれなりのイタリア人からの反応をもらうにはベストな場所です。昨年のレンタルギャラリーと異なり一般のイタリア人が何気なく訪れ、しかもミラノ大学の先生の言葉が添えられていて良いチャンスをつかんだと思います。燕三条 工場の祭典も近くでやっているので覗いたら、そこにぼくが「イタリアオヤジの趣味生活」で書いた刃物のロレンツィの日本のパートナーがいて、その方との偶然の出会いが良かったです。


水曜日は見本市会場に行きました。昨年あたりから見本市会場の方がフオーリより面白いです。やっぱりしっかりした見せ方をしているのですね。B-LINEはジョエ・コロンボの作品を2つ発表しました。そのあとは今春、イケアから2点の新作がでた芦沢啓治さんとサテリテを一緒に回ったのですが、新興国のデザイナーの作品であまり印象に残るのがなく、なんやかんやいって欧州のデザイナーの技量と見せ方は他の地域のデザイナーと比較して格段の差があると感じました。キッチンテクノロジーや建築家の家のコーナーなどを巡り、それからプレスオフィスで少々と雑談してふと再認識させられたのは、サローネはイタリアの家具メーカーの輸出振興が目的であるという基本路線です。実は、この点が他の話に関係してきます。

見本市会場からミラノ大学に向かい、日本のデザインに関する本を出したイタリアの教授と日本のデザイナーたちの対話を聞き、その後のパーティでいろいろとイタリア人の先生たちと話しているなかで気になったのは、「日本の人たちは説明の仕方を知らないから、説明しなくていいんだ」というセリフがその輪のなかで発せられたことです。とても失礼な発言に聞こえますが、要するに欧州人の文脈を理解しようとしない日本人のデザイナーへの苛々からでた本音とも解釈でき、これはもう少し議論をする必要があります。

木曜日はトリエンナーレに行きました。この数年、この期間のトリエンナーレの展示の質が著しく落ちている気がするのですが、2つ面白かったです。シチズンの時計を散りばめたインスタレーションですが、これは企業の技術的な力とビジネスの力の両方をメッセージとしてよく伝えているでしょう。もう一つはプーリア州の展示です。家具産地はミラノの近くからヴェネト、ウディネやマルケと東方に移動してきたのですが、これがさらに南下しているのです。そして、完全受注生産や極少量生産の10-20人程度の企業がデザイナーと生産設備をもって輸出している。これは中小企業のあり方にヒントを与えてくれます。

午後はTOGに行きました。今週生まれたブランドです。ブラジルの企業家が作ったイタリア生産の家具メーカーで全てオンライン販売です。TOGはtogetherからきていて、オープンでフラットなシステムを追求しています。スタルクやその若い仲間たちがデザインしており、かつワンオフに対応できる体制をつくっています。本社機能はブラジルで生産から出荷はイタリアです。したがって上記で述べたイタリア家具の輸出に貢献するわけです。MADE IN ITALYというのがブランドになっているのです。外国メーカーが「MADE IN 場所」を欲しがるというのは象徴的な現象です。このTOGが一発花火で終わるのか、家具の世界に新しい次元を切り開くのか、注目に値する会社だと思います。

金曜日はインドネシアからきているデザイナーとイタリアのデザインスタジオとのミーティングで今後の展開を話し合い、それから王宮で開催している100%オリジナルデザインを見ました。内容そのものはマアマアなのですが、デザインウィークのように新作を沢山みていると、名作の数々に接してどうしても目を調整する必要ができます。そのために、このイベントはちょうど良いです。それからあの周辺のお馴染みのショールームをみて、午後はモンテネポレオーネからスピーガのトレンド確認です。

その後、ミラノ工科大学でPh.Dコースにいるブラジル人の学生とビジネスに必要な文化理解のためのアプローチについて話し合い、夜は毎年恒例の千葉工大の山崎さんとやっている夕食会でした。

 

Category: ミラノサローネ2014 | Author 安西 洋之  | 
Page 11 of 242« First...910111213203040...Last »