ミラノサローネ2008 の記事

Date:08/7/18

ぼくは文化の問題について以下のように書きました。

http://tokyo.metropolitan.co.jp/anzai-history-23/471

「とても大きな時代潮流においても、より小さな消費者が直接使用する製品においても、そのどちらでも文化の重要性が高まっています。だからこそ、そういうトレンドのなかで、家具やデザイン商品への見方がどう変わっていくかに気配りすることが大切です」

これはどういうことかと言うと、ハイテクのユーザーインターフェースのデザインで馴染んだ目は、次にプロダクトデザインを見るときに 違った精度の目になっているということです。異文化経験が自国文化への見方の再編成を促すと同じことが発生するのです。こうしたことに対して、プロダクトデザイン側の人たちは案外無関心です。ヴァーチャル空間の感覚がリアル空間へ与える影響について語る割りに、プロダクトデザイン自身が経験すべき変質は、一部で使用される液晶画面のグラフィックデザインどまりだったりするのです。

nc2

しかし、一度ローカライゼーションの便利さや楽さを享受した人たちが、 あらゆるモノやコトに、より多くを求めるようになるのは自然でしょう。最近、モンスターペアレンツという言葉が日本で使われています。子供の通う学校に異常なまでの過剰要求をする親たちのことですが、この現象の要因のひとつに、「消費者主義」があるとも言われています。このモンスターペアレンツとローカライゼーションを同次元に捉えることはしませんが、あらゆる要求は上昇することはあっても、下降線に切り替えるのは難しい一例にはなります。

文化変容がどのエレメントからどう変化していき、その変化が連鎖作用でどう他のエレメントを変えていくか、そしてそれぞれのプロセスにどれだけの時間を要するか、これは文化全体をみていかなと分かりません。個々のエレメントだけに目を向けていては無理で、全体のなかにある数々のエレメントの方向性を注視していくことが大事です。

Date:08/7/16

「2008 ミラノサローネ」を二ヵ月半に渡って書き、その後に、「2008 ミラノサローネ」で書ききれなかったポイントを「僕自身の歴史を話します」で記してきました。

http://tokyo.metropolitan.co.jp/milano-salone-46/364

この数週間、つまり「僕自身の歴史を話します」を書きながら、上記「サローネの見方」の目次 を、もう少しブラッシュアップしないといけないと思いはじめました。改訂版を待たずにできるのがブログでしょうから、少々リズムを落とし、ゆっくり考えながら書いていこうと思います。それは今日、欧州人のデザイナーとミラノのインテリアショップのオーナーと別々に雑談を交わしていて、気になったことがあったからです。そして日経デザイン編集長のブログも、考える契機を与えてくれました。

欧州人のデザイナーは、より直感的なユーザーインターフェースの重要性を盛んに説いていました。それは当然です。誰も反対しないでしょう。そこで、ぼくが思ったのは、「日本人が語る直感と、欧州人が語る直感がまた違うんだよな」ということです。ロジックを前面に出さないながらも、裏のロジックが透けて見えるかどうか・・・。ミラノのインテリアショップのオーナーは、「説明しないと分からないアートやデザインは失格だ」と言います。刺激ある言葉です。しかし、それを言えば、世の中のほぼ全ての作品は失格かもしれません。日経デザインのブログは以下です。「日本の生活文化を欧州へ」というタイトルです。

http://blog.nikkeibp.co.jp/nd/chief-editor/2008/07/182255.shtml

nc1

ぼくが、このブログで思ったのは、「伝統的な生活文化」と「社会の変化」を対比するのは、どうもおさまりが悪いということです。何度も書いてきたように、静的な文化というのはありえなく、すべからく動的なものです。静的な二つの文化がぶつかり融合することはなく、細胞の衝突のように、文化は変化していきます。そして、このブログにある以下の部分は、例で言えば、ハイテク製品は文化性が低くて市場投入しやすいだろうという見方と、とても近いところにあります。

「人々の問題を根本から解決してくれるデザインが求められる。これまでに使ってきた製品の延長線上ではなく、選択の幅は広くなるはずだ。伝統的な生活文化に無理に入っていこうと思うより、変化の隙間をこじ開ける方が案外楽かもしれない」

Date:08/5/23

「2008 ミラノサローネ」と題したシリーズをはじめたのが3月6日。46回となっていますが、実はダブルカウントが一回あるので、47回が正解です。約2ヶ月半のあいだ、ミラノサローネについて考えてきたわけです。毎日書いていたら、これだけ続いてしまったというのが実感です。これまで掲載してきた内容に少々解説を加え、会員限定コンテンツ「ミラノサローネ2009の見方入門」として近日中にまとめる予定です。たぶん、ここで書いてきたことは、来年のサローネ見学に少々お役に立てるのではないかと思い2009としたわけです。以下が、目次のアイデアです。どうぞ、お楽しみに。

第一章 サローネ見学のための準備運動 

01 デザインの祭典
02 トレンドの海図をもつ
03 ワードを書く欧州人
04 バウハウスの再評価
05 時代を読み解く
06 村上隆『芸術起業論』
07 重さと軽さの表現
08 関係性を遊ぶ
09 記憶プロセスを考える
10 文章と口で説明する
11 モノ偏重を是正する
12 デザインの翻訳作業
13 文化全体の文脈をおさえる
14 ローコンテクストカルチャー対策
15 サローネで雑談を試みる

第二章 サローネで色々と見て感じる

16 仮説1「暖かい知性への道」
17 2010年からの戦略立案
18 仮説2「日本的デザインへの飽き」
19 深さを作るメカニズム
20 未来派バッラが問うもの
21 過去の名作との戦い
22 World Design Capital 2008

第三章 サローネの後に考えること

23 レクサスのコンセプトの伝え方
24 二つの視点をもつ
25 アートと競うデザイン
26 思ったより売れない和食器
27 ミニマリストのこれから
28 欧州人から見られる日本デザイン
29 はじめにアウトプットありき
30 足踏みするコンテンツ産業
31 静かな日本デザイン
32 いまという時代の特質
33 発信力をつける
34 若手デザイナーの視線
35 コンセプトの重要性

第四章 欧州文化の見方を知る

36 欧州文化とはー1 連続性
37 欧州文化とはー2 コンテクストの存在
38 欧州文化とはー3 メインカルチャーへの敬意
39 欧州文化とはー4 多様性の維持

Page 2 of 181234510...Last »