メトロクスのイタリアの旅 の記事

Date:11/1/24

メトロクスがジョエ・コロンボのBOBYワゴンを輸入し始めたのは2001年冬です。それから10年。メーカーのB-LINEはBOBYワゴンを起 点に、 ジョエ・コロンボのチェアやボネットの作品を商品化してきました。’60-’70年代の路線でベースを作りながら、じょじょに現在のデザイナーの新作を扱 うようになります。いわゆる雑貨より大きく、ソファのような大きさには至らない、この中間領域が彼らの土俵です。マス市場の上のレベルを如何にとるかが勝 負どころ。世の目を引くだけの機能性に乏しい作品でブランドを作ることを拒否してきたと言ってよいでしょう。以前にも書きましたが、1999年、当時20代のジョ ルジョ・ボールドィンが一人で興した会社です。先週、ヴィチェンツァにあるB-LINEでミーティング(下の写真)をし、パドヴァで夕食を共にしながら(一番下の写真はプレス担当のシルビア)、感じたことがあります。

ボールドィンはヴェネツィアの大学で経済を勉強して、BOBYワゴンを生産していたビーエッフェに勤務をしていました。が、この会社がたたむことになったので、彼は金型を安く譲り受け、そこからB-LINEとして生産を始めました。従来の客を引き継ぎながらですが、資金のないところで樹脂材を入手するのも大変だったようです。また、彼は特にデザインの経験があったわけでもないので、BOBYの次に出す商品開発でも苦労があったと思います。いくらBOBYワゴンが40年売れ続けてきた大ヒット作であろうと、それだけではメーカーとしての発展が望めません。冒頭に書いたように、最初の5年程度は過去のマスターピースの復刻に力をいれ、そこでブランドの基礎を作りました。そして、この数年はコンテンポラリーデザインで新しい挑戦をしています。

この挑戦の一つにミラノという場所を使ったプロモーションがあります。工場や事務所がミラノにある必要は全くないのですが、人に商品を見せる場所としてミラノは意味があります。それで最初はミラノサローネの時期に市内のスペースを確保して展示をしていました。それはそれで沢山の反応がありましたが、その場所の弱さをサローネの会場で出展するようになって痛感します。フオーリでの展示も確かに多くの人の目に触れますが、それらの人たちはトレンドチェックのために歩き回っている人であったり、デートのためであったりする。彼らがその場で商談をすることは少ない。しかし、見本市の会場には、商品を買うためにやってくる人が多いのです。その場で注文書にサインをしていくわけです。

見本市会場に出展するようになっての変化は、注文数だけではありません。デザイナーとの位置関係が大きく変わります。それまではデザイナーを探しに行っていたのが、デザイナーからのアプローチが急激に増えます。ぼくも今までイタリアメーカーのデザイナーとのつきあい、あるいはミラノのデザイン事務所に対する外国人デザイナーの売り込みを目にしてきました。しかし、メーカーとしてさほど知名度が高いわけではない会社が見本市の出展を契機に、そこまで劇的に変わる姿をみて、イタリアのデザインの強さの継続性をやはり考えざるを得ません。その売り込みデザイナーの数、提案の数、外国人比率(イタリア企業にデザインを受けてもらったことが重要なキャリアになる!)・・・どれをとっても、それは日本のメーカーの比ではないです。注意してもらいたいのは、こういう事例がそこかしこにあることです。どこかの一塊の会社の成功事例ではなく、かなり一般的な事例であることに意味があります

こうして営業してくるデザイナーは何も若手だけでなく、世界のトップデザイナーも売り込んできます。そこで何が起こるか?結果として、ロイヤリティのパーセンテージや初期費用の負担において、メーカーは圧倒的に有利な立場にたてます。最新トレンドに食いつきがよくなります。そして、何よりもデザインに対する目が肥えます。例えば、日本人デザイナーに多いミニマリズム的表現が如何に商売のパイとしては小さいかを実感している彼らは、そう簡単にその路線にはのりません。イタリアにこの経験の自己増殖的な環境がある限りにおいて、日本のメーカーやデザイナーが欧州において闘うにはよほど欧州メーカーの戦略の傾向を肌で知っておく必要があるし、日本のメーカーがどうしたらそういう立場に立てるかを、例えば、クールジャパン政策(←これについては、日経ビジネスオンラインの連載に『クールジャパンが日本を救うか?』を書きました)は現実的に考えるべきでしょう

経験の絶対数をどうしたら自動的に増やせるか?フオーリではなく、フィエラで展示する意味が、ここにあります。単に表面的な感想を聞くのではなく、注文書にサインしてもらうことで見えてくる世界です。

Date:10/1/15

bl3-300x225

昨年11月に「メトロクスの旅」を書きましたが、そこでBOBYを生産しているB-LINEについて、以下のように紹介しました。

B-LINEのボールディンが盛んに語るのは、コミュニケーションの重要性です。なるべく幅の広い人たちに何かを語り続けること、「ボビーを買ってくれ」「スーパーレッジェーラを売りたい」という直接的な言葉ではなく、色々なアングルから自分たちの姿や考え方をメッセージとして流し続けることが大事なのだと熱く話します。彼らが使っているツールはFACEBOOKです。ジョエ・コロンボやボビーなどB-Line商品のファンたちが集まってきています。今、進んでいるプロジェクトは、下の写真のボネットのクワットロ・クアルティを使ってアーティストに自由に作品を作ってもらうことです。そして、その作品をネットオークションで売り、利益はすべてチャリティに回します

このFACEBOOKのファンページには今日、現在、世界中から2086人が集まってきています。ボネットのデザインをもとにしたアーティストの作品は以下で見られます。月をテーマとしたようです。

http://www.facebook.com/album.php?aid=130316&id=138725109607&ref=mf

Artist and designer Augusto Gentile has chosen the Moon as a theme for his new work focused on the coffee table 4/4.

なかなか面白い発想です。このようにアーティスティックに施された作品が、もとの製品価値をあげるというのは、最近ではFIATの500の試みが注目されています。ぼくも赤い4/4を使っていますが、グレーのタイルのフロアーによく似合い、とても存在感があります

今日、FACEBOOKのB-LINEのページに、昨年11月のわれわれの訪問の様子とメトロクスの正月明けの様子がアップされました。このB-LINEに初めてコンタクトしたのは、2000年12月27日です。年末も最後です。ジョエ・コロンボの著作権をもっているファヴァタ女史の事務所に電話番号とFAX番号を聞き、FAXしたのです。もちろん2000年にはネットは普及していましたが、そのときB-LINEはまだサイトをもっていませんでした。そして翌年1月、メトロクス社長の下坪さんと僕のふたりで、B-LINEを訪れBOBYを日本で独占的に扱いたいと提案しに出かけたのです

それから10年、このようにSNSをつかって両者がメッセージを発信しているわけです。メッセージを発信しないと、いくらよい製品でも良い考えでも、世の中に存在しないのと同じです。ここからも発信は続けていきます。

bl2-300x225

Date:09/11/23

トスカーナからミラノに戻ると、トリエンナーレのデザイン博物館や書店を眺め歩き、現在のデザイン動向がどこに位置するのかを考えます。さまざまな角度から距離感をはからないことには、焦点はあってこないものです。Frank O.Gehry の展覧会をみながら、これだけのコストを建築デザインにかける意味があるのだろうかと思ったり、で、本人は満足なんだろうかと考えたり・・・・。さて、翌日はGEDYです。浴室やトイレの商品を作っている大手メーカー。去年、「GEDYの営業担当の話」を書いたことがありますが、その輸出営業担当とはチアンチア(下の写真)です。

g2

そういえば、昨年、彼が語ったことは、B-LINEのボードィンが話していたことと似ています。コミュニケーションをどう図るがが第一で、「モノを売ろうとしない」姿勢が大事だ、と。

GEDYの営業は、モノを売ろうとしないことが肝心だと言います。まず新しい国に着いたら、その国の人たちに質問攻めをするそうです。遠来の客に自分たち の社会や文化を教えることは、誰でも気持ちよいことです。そうしてその国の人たちが質問に答えながら、GEDYを生む国の文化に興味を持ち始める、そのポ イントが「商売のスタート」になるというわけです。

ここも2009年はマイナスの売り上げでしたが、この10年、倍倍ゲームに近い勢いできたので、さほどの痛手ではないといいます。それより、東欧やロシアなどはガクンときましたが、インドや米国市場の開拓に可能性がでてきたようです。インドは国として新しい市場がでていますが、米国は意外です。約90カ国にモノを出してきて何故?と聞くと、「米国のミドルレベルは米国製信仰が強く、中国生産であっても米国社製であれば、バイアメリカンが効くので、今まで進出しなかった。しかし、この恐慌で対抗馬が撤退した一方、ハイレベルのマーケットを狙えるパートナーが見つかったんだ」と説明してくれます。

g1

メトロクスが扱うヒット商品、蓮池槇郎さんデザインのトイレブラシ「クッチョロ」は、包装もプラスチックになる予定ですが、片岡さんがその商品を手に持っているのが上の写真です。このあと、アッセンブリーと梱包の工場を見学しましたが、以前見たときより自動化が進んでおり、レベルの高い管理であることが確認できました。GEDYの次はヴァレンチ・ルーチェ訪問です。我々はここから、細江勲夫さんデザインのヘビスタジオペトラルチのピスティリーノなどを輸入しています。

v1

輸出担当はカプラです。この会社以前も照明器具メーカーで輸出を担当していた、根っからの「照明器具輸出マン」。「照明器具はできるだけ使用例を見せることが大事。そうしないと、ユーザーは、どう使っていいか分からない。壁にかけるのか、床においておくのか、はたまた天井につけるのか・・・」と力説します。

ag2

我々の道程は続きます。アンティークショップの倉庫にも入ります。メトロクスの扱う商品は基本的に新製品ですが、あるデザイナーの全体像をプレゼンするため、あるいはある時代の特徴を示すため、アンティーク商品も買い集めます。ここにいくと、下坪さんの態度と目つきがガラリと変わります。「メトロクスものだがり」で紹介しましたが、若き20代、一人でアティークの倉庫を訪ね歩く旅をしてきた彼は、こういう場所に入ると、獲物を狙うハンターのようなムードになるのです。普段は、こんな感じの笑顔なんですが、男の勝負どころで豹変する姿をみるというのはいいものです。

s1

その次の日、リナシェンテのデザインスーパーマーケットで売れ筋商品の選び方をみたり、モンテナポレーネにある刃物のセレクトショップ「ロレンツィ」を覗いたり・・・それにしても、このロレンツィの商品力と店員の出来には、いつもほとほと感心します。ここは、下坪さんが自ら語ったロレンツィの魅力で締めてみましょう

ぼくにとって最初のイタリアって、スーパーカーなんですよ。だから、その前のイタリアの巨匠は、ゾクゾクする相手なんです。で、全体的なことに話しを 戻すと、今もそれなりの種類の製品を扱っていますが、もっと豊富な品揃えにしていきたいし、そして、ミラノの刃物のロレンツィのように、小さいけど磨きが かかったものを増やしていきたいですね。

こういう方向があって、この数日の旅があった・・・ということが、お分かりいただけるでしょう。

最後におまけ・・・モンテナポレオーネにあるFIAT500の「鉢植え」は、アイデアとして抜群です。ここはクルマの締め出しなどを検討しているブランドショップ通りですが、そこに植栽された動かない沢山のクルマが駐車されている。多くの暗示がありますが、FIAT500のブランド構築には学ぶべき点が一杯あります。

mn2

mn1

Page 1 of 41234