僕自身の歴史を話します の記事

Date:11/11/12
今朝、Twitterを眺めていて東大 i.school の横田さんのTweet に目がとまりました。
yokota8 YOKOTA Yukinobu 横田幸信
神永先生「物知りであることは、新しいことを思いつくことの基盤になっているようだ」、堀井先生「どんな知識をもっているかということも大事。知識の量だけではない。幅広ければよいというわけでもない。どんな知識がアイディア創出に必要か。そこを特定する研究必要」 #ischool_kmb

 

 

これを読んで一つピンときました。かつて「捨てる!技術」を世に問い、今、家事塾を主宰している辰巳渚さんが昨日フェイスブックに書いていたことです。

今日はほぼ終日、家にいました~。ある教育雑誌の取材を受けていたんだけど、話していてふと、「ようやく自分の言葉で話せるようになったなあ」と嬉しくなりました。雑誌の記者として働き始めたのが20余年前。人前で講演などで必死に話すようになって10年。家事塾を初めて、数多くの講座をこなすようになって3年。自分の血肉のような言葉が自然に出てくるようになった! そう考えると、ひとつの仕事をして、ようやく一歩踏み出せるのに20年かかるのかなあ。ワカモノは、のんびりしているヒマはありませんね。あ、それとも、私が成長が遅いだけなのか。

「自分の言葉で話せる」ことと「新しい発想を生む」ことは一見関係ないように見えますが、「新しい発想を生む」のが単なる思い付きのアイデアではなく、長期的にも生き残れる発想とのレベルで語るなら、この二つは強く結びついてきます。ぼくは辰巳さんに「そうですね。20年。言えるかも」とコメントしたら、「安西さん、前に話してくれた「インテグレート」という視点は得がたいものでした!」という返事がありました。そこで、辰巳さんに数年前、ぼくの「インテグレート」について話したことを思い出しました。以前、「ぼく自身の歴史を話します」で書いた内容です。ぼくがイタリアに来る契機を作ってくれた宮川秀之さんの奥さんの葬儀のことです。

その マリーザさんが2003年のクリスマスに突如この世を去ったのです。数日後、ぼくは雪の積もるトリノの教会に駆けつけました。

葬儀で神父 は「マリーザは若い人たちの世話など細かいことを日々丁寧にこなしながら、いつもその先に大きな目標を設定し実現に向かい、小さな日々のことどもを将来的 に統合することに生きた」という意味のことを語ります。その瞬間、この「統合」(英語でいうintegration) という言葉が身体中を駆け巡り、「統合」とはどういうことを意味するのかが体で理解できたのです。ここにぼくのひとつの転機があります。

職業経験を車業界からはじめ、濃淡の差はありますが、それまで文化、建築、建材、工業デザイン、家具、雑貨、ハイテクといった分野をみてきました。 そして2003年は、カーナビなどの電子製品のインターフェース、それも欧州市場向けのローカライゼーションのプロジェクトにも足を踏み入れつつあったの です。これはぼく向きの仕事であると瞬時に思いました。今まで関わったすべての経験が活用できるのです。あえて言えば、「知識が分断された人間」には分か りにくい世界だろうと感じました。1990年代初め、一台1億円のスーパーカーの品質を見るようにと宮川氏から言われたことが、「職務分担された自分」へ の訣別の契機になりましたが(実は、その時からルネサンス的工房やバウハウスのコンセプトが気になりはじめました)、この2003年末のマリーザさんの葬 儀をきっかけに、自分の「人間力」そのもので勝負する心構えができてきたのです。

たくさんのことを知れば知るほど新しいアイデアが生まれるわけではありませんが、あまりに乏しい知識や経験で勝負しても確率が低いのも確かです。横田さんが参加していたイベントにおける「新しい発想」は、ぼくが引用した「自分の人間力そのもので勝負する」とはふつうつながってこないと思います。しかし、そう簡単には破綻しないコンセプトに発展する発想と考えると、この2つはつながってきます。辰巳さんの「自分の血肉のような言葉が自然に出てくるようになった!」は、まさしく、そのレベルをめざして歩んできたからだと思います。そのレベルとは、マリーザさんの例でいえば「日々の小さいことの向こうの地平線に大きな目標を設定していた」が該当します。

よく夢はでできるだけ具体的にノートに書けと言われますが、それは自分の守備範囲を意識するようになるからです。そうすると眼前に散在しているとしか思えない小さなことどもが、ある形状をもって、あるいは色分けされ、それぞれのグループを結ぶ線がそこはかとなく見えてくるような気になります。「気になる」。それでいいのだと思います。また、危険が迫っている状況で、人の視界は広がると言います。分散するディテールをまとめようとする意思もでてくるでしょう。すなわち、先に大きな目標を描く、意図的に自分を「不十分な状況」におくことが、新しい発想を持つに至る契機になります。そして、それが自分の言葉をもつことにつながります。

堀井さんが語った「どの知識が必要か」は、別の機会に書きましょう。

Date:10/8/14

8月15日のぼくの誕生日を前にして、期せずして自らの過去を振り返る本を読んだなあというのが、読了後の一言。1926年生まれの鶴見良行はぼくにとって同時代の人ではなく、「雲の上」の人です。『朝日ジャーナル』で「マングローブの沼地で」の連載を書き、ベ平連で小田実や従兄弟の鶴見俊輔のそばにいた人。当時、彼らをぼくはヒーローとしてみていました。米国生まれの鶴見良行は、米国からのものの見方に嫌気がさし、アジアを自分の足で歩き始めるのですが、行動をともにしたのは村井吉敬。ぼくが大学に入った頃、アジア研究者としてホットな話題を提供し続けていた人で、その村井が本書のあとがきを書いています。・・・・そして、ここが重要なのですが、仏文科の学生だったぼくは、アジア研究に目を向けなくてもすむ説明を探していたということを本書を読んで思い出したのです。

学生運動の名残は十分にあり、公害反対運動にシビアさがある時代、それに関わるには、かなりストイックな態度が全てに対して求められていた(風があった)。ファッションやテニスに興味をもちながら、そういう活動をするのは軟弱であり許容できないという空気が強く、やや肩が凝る姿勢を強いられました。そのような枠組みをまったく気にせず、あるいは知らないで動く人たちもいましたが、ぼくの場合はそうではなかった。僅かながらでも知っているから、批判されない立場の確保を考えざるを得なかったのです。だから今でも、鶴見良行の「日本はアジアを金でばかりみていて彼らの生活を見ていない」という文章を読むとき、瞬時でも自らの内の声に耳を傾ける・・・ということになる。日本と東南アジアのつながりの構築について、『マラッカ物語』のあとがきが引用されています。

「世界にはさまざまな人がいる」という発想から、日本とは実体的なつながりのない土地やそこの土地について書けば、それは日本人の感情に訴えない”地理書”になってしまいます。そのままの形でいくらか訴えるところがあるとすれば、安直な”探検物”になって”日本に消えつつある自然をそこに求めるという形になります。

”感情移入”といういのは、自分の体験を中心とした相手への没入ですから、あくまでも自分中心主義です。そこに難点があります。日本人読者にたやすくわかってもらうことを狙って”感情移入”の回路を走れば、自分に関係のある問題しか見えなくなります

思い当たる節があるとドキッとする方も多いでしょう。彼は国際文化会館の企画部長として日米知的交流に励みながら、ベトナム戦争の波にもまれ、自分の心に誠実であり、かつ「正しさへの追及」の道を探っていた。そして、その根もとには、近世以降の日本とアジアのかかわりにおける日本に対する「後ろめたさ」があったわけです。現在、BOP問題への若年層の積極的関心をみていると、このあたりのスタート地点での悩みや迷いがないことが、良い意味でプラスに貢献していると思い、また物足りなさでもあります。世代が変わらないと社会は動かないという定理は、良い意味でも悪い意味でも、その通りでしょう

何事も具体的なモノなりで考えることは大事で、鶴見良行はバナナやエビを通じてアジアを研究していきました。「身近な食品をとりあげることが、”感情移入”のたやすい道を歩むことになり、それが普通の日本人に到達するうえで早道だと感じた」のです。しかも、エビをとりあげることで、「海産物によって海の側から大地を眺められる」というわけです。その海側からの視点がさまざまな歴史において抜け落ちているのですが、鶴見はこう書きます。

このように、日本でも東南アジアでも、私たちの手持ちの認識=学問には、穴ぼこのような見落としがあります。この穴ぼこの分布図を作ってみますと、そこに一種の傾向性が見られます。つまり偶然に見落としているのではなく、偏った目の働かせ方に時代の要求が感じ取られるのです

見ないものの傾向を指しています。だから現場を歩き観察をする。したがって、他人の同じような姿勢には高い評価を与えます。

たとえばカップラーメンの中にどういうエビが入っているか、ということを徹底的に調べた人がいます。インドからきているムキエビなのですが、そういうのは感動的なわけです。彼女は私にエビのスライドを借りにきましたから、「ただで借りるということはないだろう。君たちが勉強しているんだったら貸してやるよ」という話をしました。それでカップラーメンを調べて来いといったら、彼女は甲府のT社の工場へ行ったり、横浜港へ行ったりしてその問題を本に書いています。

私も彼女が調べてくるまで、T社のカップラーメンの中に入っているエビがインドのものとは知りませんでした。そういうところが、ふつうの人に伝える文章をつくるときの一種のコツだと思います。

こういう発見は確かに実感を伴いやすく、説得力をもちます。できるだけ多数の人に共通のテーマで引っ張り、じょじょに問題をフォーカスさせていく手法は大事で、そのためには何度も何度もアウトプットを重ねることが肝です。本書の副題は「私の方法」。あまりに簡潔にこの本の趣旨を述べたタイトルには唖然とするほど力があり、「私の方法」と言い切る(切れる)経験と実績をどれほどにもつか、それが人生の勝負どころだなと思います。要するに、「人の方法」は「人の方法」で「私の方法」にはならないのですただ、そこに客観性があってこその「私の方法」であり、それが「私のアジア」が説得力をもてるための条件になります

Date:10/1/6

「海外で働くことをオプションとして考える」を書いてから、どうも頭にはりついてはなれないことがあります。今、いろいろな人達が抱える多くの焦りや諦念というのは、ネット社会のフラット化が生んだ幻想の結果なのかな・・・ということを思ったのです。

イチローが大リーグでプレーするのは別世界の人だから勇気をくれるようで応援する。自分と同じだったちょっと知っている人間がブログで、ある日突然にすごく人気者になる。あるいは逆に有名人とはずっとTVの向こうの側にて自分と関係ないと思っていたら、ブログやTwitterで距離感がなくなり、すごく近いところにいるような気になり、何となくその人と自分を比較してしまう。でも、英国のTVのオーディション番組で『夢やぶれて』を歌い、一気に世界中に名が知れたスーザン・ボイルには、「自分とあまり変わらないじゃない」とはさほど思わない。「やっぱり、あれだけ審査員を驚かしたのだから、才能があったんだろうな」と思う。

これが、フラット社会の距離感なのかなと考えるわけです。つまり運動や身体的なことに関わること、あるいは科学分野のノーベル賞レベルには相変わらずフラット感は訪れませんがー平和賞のほうがまだ近いかもしれない!-、それ以外の分野では、アルプスの山並みが丹沢山系くらいには低くなった印象をもっていると思います。ちょっとジムに通っておけば、特に問題なく登れるだろう・・・と。これは能力差の問題ではなく、ネットによる情報取得に関する既得権の崩壊という側面が大きいでしょう。非対称であった情報分布がかなり流動したのです。かつては新聞やTVでしか知ることができなかった情報を、普通の人がPCの前に座ってキーを叩けば、数分もかからないうちに獲得できます。だから逆に、ネットに触れていない人達が化石のごとく思えるのです。自分に丹沢と見えているものに、アルプスであると思っている人が前にいれば、その違和感は絶望感にも変わります。もちろん、両者、お互い様ではありますが・・・。

s

フラット感の普及の要因は、スピード性やWikipediaにみる情報の公開性もありますが、情報の内容と範囲の変化によるところも大きいでしょう。どういうことかといえば、かつては、あることを成し遂げた人のストーリーをTVで過去形として知り、その人が軌道に乗らずに苦しんでいる状況をリアルタイムで知ることは稀でした。自分の友人か知人のネットワークに入ってこなければ、こういうことは知りえなかったのです。そして一人の人間が「なんとなく繋がっている」人の数も、SNSやブログが普及した今から比較するとゼロの数が一つ少なかったでしょう。だいたい「なんとなく繋がっている人」の情報をリアルで知ることはめったになく、およそ友人の噂話程度だったのです。それが、今は、「なんとなく繋がっている人」達のリアル情報を追えます。有名人のことでも、ブログをRSSリーダーで毎日読んでいれば、「何となく繋がっている」一人と思うでしょうー新聞の連載コラムニストには、そう思わなくても。ネットはある意味、1対1のメディアですー。いずれにせよ、そういう観点でも、ゼロの桁が違うのです。

そこで、「君にもチャンスがある。これに挑戦しないのは、敗北だ。この戦国時代は、もう安定した会社の安定したポストなどありえない。頑張れ!自分で何かやるんだ!今の生活を変えろ!」と自己啓発本やブログが飛び交うと、どうなるでしょうか。運動会の徒競走のスタート地点に不意に連れて行かれたようなものです。自分ではそこに立つ気がなかったのに、周りに押されていつの間にか足が進んでしまった・・・・。それで、仕方ないからと走って1位になることもありますが、1位にならなかった多くの人達は、敗北感だけを募らせることになります。しかし、彼はそもそも、そこまで走るべきではなかったということがあります。留まって応援し、ゴールで走者にタオルをかけてやり、「頑張ったね。君のその姿を応援するのが、ぼくの役目」という人間もいるはずです。要するに、走って頑張るのが必ずしも全ての人にとっていいわけではないのです。

ru

人にはそれぞれの不向き向きがあります。不向きなことにエネルギーを費やして敗北感をためこむのではなく、向きなことで勝利感を味わうことにもっと向き合うべきです。ぼく自身は、本で知ったイタリアで活躍する実業家に手紙を書き、そこから新しい人生が始まったのですが、皆が同じようなことをすればよいとは全く思ってい ません(お願いされてもイヤダよ、と言う人も多いでしょうしね)。たまたま、ぼくには「新しい価値観を作る現場に立ち会う」ことに自分を賭ける土壌としてのヨーロッパが 必要だったのです。中国でもアメリカでもニュージーランドでもなく、ヨーロッパしかなかったというわけです。特に一般的な意味での「海外で働く」ことに優先順位は高くありませんでした。

こと、人生を生きることについては、一般性はなく、すべからく個別的なものであると思います。どんなに社会が実際にフラットになったとしても、人の存在と人生そのものが、フラットになることはありえません。君は絶対、あいつとは違うのです。

Page 2 of 121234510...Last »