僕自身の歴史を話します の記事

Date:15/3/28

いつの間にか、文章を書くことが多くなりました。今年定期的に書く場が紙とネットの媒体で6-7はありますが、自分の考えていることの妥当性をビジネスのために確認するというのが、そもそもの目的でした。いろいろなところで書いていますが、2008年に「ヨーロッパの目 日本の目」を上梓したのは、その数年前からアイルランドのユーザビリティやローカリゼーションをテーマとする会社と一緒に日本の自動車や電子デバイスのメーカーと付き合っているうちに、ふつふつと湧き出てきた僕自身の欲求でした。マーケティングや販売の担当はさておき、商品企画やデザインの人たちが異なった文化を理解するすべをあまり身に着けていないことに気づき、ヨーロッパを例に「文化ってこう理解するといいですよ」と語るためです。決して文章で食っていく、というわけではありません。ただ、最近、僕自身のネットとの付き合いの歴史を聞かれたとき、ふと思い出すことがありました。

僕がイタリアに来て一貫して注意していたのは、「イタリアだけを売りにするタイプ」にはならない、ということでした。また、イタリアと言えばアレ、というのも当初避けていました。トリノでクルマやトスカーナで文化センターのプロジェクトに関わっていれば、十分に「イタリアと言えばアレ」ですが、僕の気持ちとしてはそこに浸るのを微妙に避けていました。ミラノに来てもそうで、スタジアムなどの構造設計で著名な事務所のプロモートの一端を担ったのも、サローネに代表されるミラノの家具デザインビジネスと距離をとりたいとの気持ちが引っ張っていたのでしょう。例え家具やデザインプロダクトといえど、十分に知られた名前やカタチであっても、より「イタリアを超えている」ことが、僕の心の落ち着くところでした。あるいはオンオフの手作りではなく量産であることにこだわってきたのも、そのあたりの指向と重なります。

ネットの付き合いの履歴のなかで思い出したのが、メーリングリストです。パソコン通信には嵌らなかったのですが、メーリングリストには相当に熱心になりました。90年代末にあったビットバレーのメーリングリストやそこから派生したもの、はたまた別のテーマ・・・いろいろなところに顔を出したのは、「イタリアをテーマにせずにどこまで自分の考え方で人を説得できるか?」を知りたかったのです。そうはいっても、「イタリアの例では・・・」というフレーズはどうしても出てきます。第三者からみれば「またかよ」と思われていても、僕としてはギリギリのところで抑えていたつもりでした。その後、2004年頃からSNSの時代に入り、やはりいくつかの場所で自分の表現の領域の設定をさまざまに試みてみました。そうした10年近いトライアルを経て本を出したことになります。ネット以前は、紙媒体より原稿を依頼されるにはすでに世に名が出ているか、プロの書き手であることがふつうだったのです。しかも、僕はビジネスプランナーとして黒子に徹することを信条としていたこともあり、ビジネス以外の目的で人に見せる文章を書くことはほとんどありませんでした。

とにかく、長い間、イタリアのことはたくさん語り書いても、「イタリアってこうなんですよ」というポイントだけで話が終わらない・・・ということは考えてきました。最初の本がイタリアではなくヨーロッパまで範囲を広げたのもそうだし、二冊目の「マルちゃんはなぜメキシコの国民食になったのか」はイタリアを主要舞台にしていません。三冊目の「世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?」においても、イタリア企業はとりあげた企業の20%程度におさえました。しかし、僕の何気なく用いるケースが圧倒的にイタリアの現象であるのは否定のしようがないし、本や記事を読んでいらっしゃる方が「イタリアの経験ね」とみることに抗弁する気はありません。

これほどに長い期間、「イタリアの・・・・」というポジションを避けていた僕が、一昨年から「イタリアオヤジの趣味生活」という連載を書いている。たまたま編集の方とジャカルタを走っているタクシー車内で、そういう話になって書き始めたという「人生の不思議」みたいなものがあることは脇においておくなら、僕自身のなかで「そろそろ、イタリアについて語っていいかな」との心が芽生えはじめたのもあります。1990年にトリノに来てビジネスプランナーになるべく師事した宮川秀之さんというイタリア生活文化の体現者を身近に見ていた僕ごときがイタリアを語るのはおこがましいと思っていた。いや、今もそういう気持ちは十分にあります。宮川さんがジュージャロと一緒にカーデザインビジネスのトップをきわめ、黒澤明と人生を語り合う生活をしていたからではなく、毎日が冒険的な生活になるべく本能的に動いている人を前にして、何を言っても僕自身の浅さを感じてしまうのです。といって、いつかは僕自身もイタリアを語らないといけない時があると感じ始めていたわけです、数年前から。

やっぱり、語るのは難しいです。特に語りつくすのは不可能に近いです。そんなことをいくつかの記事の締め切りを前に考えています 笑。

Date:14/10/17

ぼくは大学生のころ、雑誌に囲まれていました。兄が雑誌編集者であったため、家には山ほどいろいろな雑誌がありました。時代の影響をもろに受け、広告研究会などにも一時在籍していたこともあり、マスメディアや広告の仕掛けには興味がありました。あのころはTVのコマーシャルや広告がものすごく輝いていたのですね。コピーライターの糸井重里さんの名前を何かと目にする時代であり、そういう環境に自分自身もいたわけです(ただ、今、糸井さんの年譜をチェックすると、ぼくの大学生の後半の生活に「不思議、大好き。」や「おいしい生活」のヒットがあったのですね。週刊文春の糸井重里の萬流コピー塾のスタートも83年です)。

コピーライターという職種についても関心がありました。が、かといって宣伝会議のコピーライター講座に通うとか、広告代理店のその職種を狙うとか、そういう熱心さはありませんでした。もともと仏文科などという俗世間と離れることを良しとするような空気のところにいたぼくとしては、就職は俗世間のど真ん中というか、いわばネクタイとスーツのビジネスの渦中に入るのが自分のバランスが取れると考えていました。それがぼくの価値になると思ったのですね。高校生のころから、「全体像を掴む」「平凡パンチと世界を同時に読むのがえらい」と本の世界から叩き込まれていたので、スーツとネクタイの世界に向かうのは必然でした。

もっと全体を掴みたいとの想いをもって自動車メーカーで働きはじめ数年した頃、その「さらに、もっと全体へ」の欲求が強まってきました。これがイタリアで仕事する原動力になったのですが、すると、それまでの自分がいかに「職務分担された自分」であるかに気が付きます。トリノで一台1億円のスーパーカーの品質管理を任されたとき、「君の目と触覚で判断することも大切なんだ。自分自身の目で見る、それがいいんだ」とボスに言われたのですね。全体とは肩ひじ張って語るものではなく、自分自身で分かったり感じたりすることをベースにするものだと理解したのです。そして同時にデザインがぼくの活動領域のなかに入ってきます。しかしながら、それをもって、ぼくはクリエイティブ領域に足を踏み入れた、とはあまり思いませんでした。

かなり前、1998年からスタートした糸井さんの会社が運営する「ほぼ日」を覗いたとき、なんとなく「原宿のクリエイティブ系的な匂い」(つまり、ぼくが社会人になるときに「向こう側」と自分で整理していたゾーン)を感じ、自分がその世界には入りにくいと思いました。全体と言いながら、随分と勝手なものです 苦笑。しかし、数年前、正確に言うならば、2009年にTwitterをはじめてから、ぼくも糸井さんの言葉を目にするようになりました。糸井さんをフォローはしていなくても、RTでバンバンと飛んできます。とても上手いことを言うなあ、と感心しながら、いやいや、こういう有名人の言葉に左右されてはいけない・・・・と気を引き締めます 笑。

時は進みます。1年半くらい前かよく覚えていませんが、ほぼ日のCFOの篠田真貴子さんとネット上のおつきあいがはじまります。ウォートンスクールでMBAをとったバリバリ感のある篠田さんのインタビューを読んでからです。ぼくのイタリア生活はバブル経済のおかげでスタートしたと思っているのですが(関与したトスカーナの日伊文化センターやスーパーカーなどのプロジェクトは、その「おかげ」であったのは否定しがたいです)、篠田さんの人生もバブル経済という風を「良く」受けていた。確か、それを篠田さんのマッキンゼーの元同僚である安宅和人さんが指摘していたのですね。その後、実際にお会いして話したりしていたのですが、「ほぼ日」という「原宿クリエイティブ系」の威力がじわじわと、やっとぼくにも分かり始めました(まあ、とっくにネクタイを外す世界に生きていましたが)。

そのうちに糸井さんともTwitterで言葉を交わすようになります。しかし初めてお会いしたのは、約1年を経た今年の8月です。その内容は現代ビジネスに3回連続で掲載されていますが、同時にぼくの「世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?」の帯にも糸井さんの言葉を頂いています。まったく違う世界に生きてきて、どうしてなのだろう・・・と思うほどに、糸井さんの言葉は、ぼくの考えてきたことをとても違和感なく「向こう側」(いや、もう河は渡っているでしょう)から表現してくれます。日常生活にある言葉が、コンセプトのスペースのすみずみまで行き届くことを身体全体で考え抜いてきたクリエイティブな人の実力に心底感心したのは、ブルネッロ・クチネッリの言葉をすべて日本語として通じるように置き換えてくれた時です。敬意や尊厳を「ありがたし」と言い換えてくれたのです(このエピソードは、上記の拙著に書きました)。

クリエイティブである意味が、ぼくの身体のなかに入り始めたと実感したのは、恥ずかしながらほんの最近なのです。生きること自身がクリエイティブの対象であると内臓文化として存在を感じ、ほぼ日のクリエイティビティの深さを理解するというより体感するようになりました。人はそれなりに長く時を経ると、分かることが増えるのですが、その喜びの一つがこの例です。クリエイティブであり続けるのは、実は可視化などという前に、日常生活の瞬間にあり、よく聞く言葉を使うなら「今をよく生きる」以上でも以下でもない、ということです。

そのほぼ日のクリエイティビティをどう長続きさせるかを、これまた身体全体で考えている(と思える)のが、実はCFOの篠田さんなのです。cakesのインタビューに動機→実行→集合を社会が取り囲むチャートがありますが、ここでは「私が欲することの社会性あるいは普遍性」が語られています。ご存知のように、ほぼ日には、ターゲット読者となるペルソナ的なものがありません。人が必ずとは言わなくても、かなり多数の人が共通してもっていることを語りかけることを目指すに、人の断片化はありえないのです。ほぼ日の社内で、ほぼ日のあのなんとなくのんびりした文章で大量なメールが行きかっている事実が語る意味は、「へーそうなんだあ」では終わらないと思います。

まあ、こういうわけで、10日22日1830から、六本木のJIDAで篠田さんと「共通語をつくる」というテーマで話し合います。「可視化だ!」「デザインだ!」と威勢よく大きな声を出しているが「どうも、うまくいかないなあ」と思っている人とか、「クリエイターと話が通じないけどどうすればいいのか?」と自信喪失している人とか、そういう人に聞いてもらいたいです。そう、そう、最終週は仙台にでかけ、東北の被災地3県の食産品を海外市場に出すためのローカリゼーションのワークショップを事業者相手に行います。このためにミラノの工科大学の先生なども駆けつけてくれるのですが、このワークショップの前に糸井さんと原子物理学者の早野龍五さんの「知ろうとすること。」を読んでおこうと思っています。

だんだん、ぼくも自分や人生のことが少し分かってきた感じがします。いや、いや、まったく牛歩のごとくで嫌になりますが・・・苦笑。

 

 

 

Date:14/6/14

先月末まで新著 『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』の原稿に忙殺されていました。同時に新しく立ち上がるビジネスの準備も佳境に入ってきました。本は発売にこぎつけたので一安心なのですが、その合間に、サンケイBIZや日経BPの連載コラムのために人にインタビューしたり文章を書いています。よく知らない人には「文章を書く人」というイメージが強くなっているようです。よく「ジャーナリストですか?」とか「ライターですか?」と聞かれるわけです。基本的に、「何者でもなく、何者でもある」という立場をぼくはとっているので、どう思われようがそれはそれで正解なので、あえて肯定も否定もしないことがままあります。

もちろんビジネスプランナーであることは言います。この言い方は最近ではコンセプトクリエイターと変えたほうがいいかとも思うのですが、もともと会社のサ ラリーマンをやめて成田空港を発つ時、出国カード(あの頃はそういうのがありましたね)の職業欄に「ビジネスプランナー」と書いて覚悟を決めたことに、この名前を使っている理由があります。

最近、ぼくが大学生の頃、どんな仕事をしている姿を望んでいたのかを思い起こすことがあります。ペダンティックな世界に興味がなかったわけではないですが、青白い世間知らずの人の集まりには魅力を感じませんでした。がんがんと突き進むビジネスの合間に、どこか海の近くのサロンで「パスタの作り方」を語り合ったりして、文章もたまに書くような、そんなスタイルに憧れていました。まったく生っちょろいことを夢見ていたものですが、時代が代わり、それが普通のことになってきました。普通というのは、そういう生活を送る人が珍しい存在ではなくなったという意味です。そして、ぼく自身、ビジネスの世界にどっぷりとつかりながら、1週間に5-6回はパスタを食べる日常生活をイタリアで送り、有名無名を問わず、イタリアオヤジに趣味生活を聞いて人生の知恵についてコラムを「趣味的」に書いている生活をしているので、大学生の時に夢みたスタイルはかなり具体化しているのか・・・と思うのです。

ぼくが自動車会社のサラリーマンをやめたのは、自動車の世界も面白いが、それだけでなく色々な世界に生きたいという気持ちが最初にありました。これは高校生の頃からの「世界の全体に関わりたい」という夢の延長線上にあったのですが、それが何十年も経て「従来の分断された分野を超えた経験と知恵が必要」と盛んに言われると、どうしたものかなあ、とも思います。そういう時代の到来は大歓迎ではありますが、枠を超えた経験を長く続けること自身がかなり難しいとの実感があります。かなり個人的な好奇心やエネルギーに関わることなのです。要するに「枠を超える」とは枠を超えようと頭で考えることではなく、いつの間にか枠を超えることです。頭で超えようとして超えたと思っている時は、まだ超えていないのです。また、少々飛躍しますが、それが「何者になろう」と思う人の弱さです。何者は常に枠を設けるからです。

いや、特にぼく自身の人生を肯定するためにそう言っているのではなく、これは何においても普遍的なルールのようなものだと思っています。まあ、そういうわけでというのもないのですが、さ来週からやや長い期間、日本に滞在します。長野や広島と地方にも行きます。会う人はあらゆる分野にまたがります。冒頭に書いたように、今、新しいビジネスの佳境に入ってきており、この1-2か月に1年分のエネルギーを注ごうと思っています。まず、6月26日、バングラデシュのバッグを日本と台湾で展開しているマザーハウスの山崎大祐さんとのパネルディスカッションです。どうぞ、ここでお会いしましょう。申込みは以下からお願いします。

http://www.jida.or.jp/site/information/innovation

 

上の2番目の写真は、ブルネッロ・クチネッリがメモを書いているところです。© Satoshi Hirose Studio

 

 

Page 1 of 121234510...Last »