『ヨーロッパの目 日本の目』 の記事

Date:09/9/22

地図の描き方の参考、ヨーロッパ文化の特徴の二つ目は「コンテクストの存在」です。キリスト教のベースなどを挙げることができますが、もっと身近な言葉を挙げれば「世間の存在」ということになります。「そんなことをすると世間に顔向けできない」という場合の「世間」がより存在感をいまだもっているのがヨーロッパである、という意味です。水谷修さんの『ドラッグ世代』の言葉を借りれば、「大人も捨てたものではない」という世界の存在。あるいは、ミラノの刃物セレクトショップのロレンツィの「どうして、人生経験の乏しい30代以下で良いモノを見極めることができるのか?」というのも、ある共通プラットフォームが社会にあることを前提としています。「それはフェアではない」「これでは道理が通らない」という表現が日常生活のなかで、決定打的な威力を保持しているのが、「コンテクストの存在」の証左になります。

どの世界においても世代間のギャップがあり、その間ではお互いの厳しい批判があります。それでもぼくが何度か書いているように、今の日本にある相互批判を眺めていて感じるのは、この共通プラットフォームがないがゆえに、焦点を絞れずに拡散しすぎているということです。だからこそ「大人も捨てたものではない」ことを大人は若い人に示していきつつ、両者がプラットフォームの構築に意欲を見せることが必要であると思います。やや話しがずれましたが、日本で共通プラットフォームの存在自身を忘れていると、突如にそれをリマインドされる、それがヨーロッパ文化であるということです。

yf

三つ目は、メインカルチャーへの敬意です。日本のアニメがヨーロッパでも人気があるといわれても、そのキャラクターが飛行機の機体や銀行の通帳で描かれることはない、というのが一例として挙げられるでしょう。また、子供服を見ても分かります。キャラクターがプリントされたシャツがありますが、基本的に大人の服の小型版がメインであるという考え方が強く、親がそれを良しとするので子供はその世界にしたがっていきます。文房具など小物にキャラクターがあったとしても、キャラクターが身体の顔にはならないという限定性があります。これは大人文化の強さでもあり、上述した共通プラットフォームの維持に貢献する要素でもあると思います。一つ目で伝統との連続性で述べたように、メインカルチャーが強いゆえに、サブカルチャーが政治性や反社会性をもつことが、日本との比較において相変わらず強いことも指摘しておきましょう。また、もともと貴族文化のないアメリカでサブカルチャーが主流であることとの対比で頭に入れておくべきことです。

最後の四つ目が「多様性の維持」です。人はアイデンティティを確立すべく常に奮闘している存在であるといえます。一度アイデンティティを確立したとビールで乾杯しても、翌朝には粉々になってしまうかもしれないのがアイデンティティであり、環境の変化とともに常に自己に問われるものです。したがって、このアイデンティティの確立を阻害する要素をなるべく排除する社会的システムがあります。毎朝の挨拶で「元気?」「元気だよ」「君が元気でぼくは嬉しいよ」と交わされる一連の言葉も、このアイデンティティの確認を促しているとも言えるかもしれません。少数民族やマイナー言語の保護が強くEUの方針として打ち出されているのは、人間の自己確認の重要さと難しさを前提にしていると思われます。

何度も繰り返しますが、これらの特徴は第一に日本との比較で意味があります。これらを絶対的な判断基準とするのはミスリードです。ある比較をすることで、当然、例外が沢山出てきますから、そのなかで自分なりの大きな枠組みをつくっていくことが大事なのです。個々の人間はそれぞれ違いますが、ある社会に住み人達の全体的な傾向を否定することは生産的ではありません。また「違った言語社会は違った感覚世界である」ということは確固と肯定できます。しかし、これを静的に使うのが間違いなのです。人の世界はダイナミックであり、人それ自身もあらゆる顔をもっています。それが常に入れ替わります。ですから、地図は使うタイミングが大切なのです。

Date:09/9/22

地図の描き方ですが、これはぼくが以前に「ミラノサローネ2008」で書いたことが参考になると思います。ヨーロッパ文化の特徴として書いた4つのポイントです。また、ここで前提を述べておきますが、ぼくが文化を考える目的としてあげた「ビジネスに役立つこと」は、すべてのビジネス行為ではなく、最終商品、それも工作機械や一次品などではなく、最終消費財(インターフェースも含みます)の企画やデザインまた販売とその周辺にとりあえず設定しておきます。それ以外にも役立つこともままあるとは思いますが、話のイメージを確定化するために線引きをしておきましょう。

第一に「連続性」です。論理、地理、時間、これらの連続性です。論理的連続性では、何かを企画するとき、パワーポイントではなく、まずワードで文章を書くことが現象例として挙げられます。スケッチをアトランダムに描いて飛び地のように並べたとしても、AとBのスケッチをつなぐ言葉をおろそかにしません。構想の根幹に言葉に依拠した思考があり、「なんとなくAとBをつなげる」ことをなるべく排除しようとする意思が働きます。もちろん直感を否定しているわけでなく、グレーゾーンの存在を認めないわけではないのですが、日本の人との比較でいえば、「AとBの間をはっきりさせよう」と考える傾向が強いといえます。

Image132

文化人類学のエドガー・ホールがいう「ローコンテクストカルチャー」の特徴が、これにあたるでしょう。上図にあるように、ヨーロッパでも北と南に分けた場合、北にこの傾向が強いということで、「一律にヨーロッパ人は・・・」と語るには至りませんが、ある参考になります。重要なのは、地図の使い方でもお話したように、こういう傾向を参考にして現場すべてを見ようとしないことです。これを使うべきタイミングを間違えてはいけません。少なくても、実際に相手とコミュニケーションをとっている最中に使うべきではありません。これが異文化コミュニケーションでの説明が「動的ではなく静的である」と言われるゆえんではないかと思います。

次に地理的連続性とは、文字通り、海ではなく陸続きであるがゆえに、隣同士との交流が頻繁であり、何かあればステアリングを握ってすぐ駆けつけることが可能であることによる安心感と不安感です。駆けつけることができるために、国を超えた付き合いにリスクをとりやすいが、あまりに保護的なポリシーは取りずらい、この両面性です。それゆえに、バランスをとることがより要求され、隣と自分の共通性の保持とその確認に敏感になるでしょう。しかし、それがために、いくつかの市場を身体的なレベルで深い理解することができ、自分オンリーの発想をやや回避できるともいえます。当然のことながら、海を越えたむこうの市場までをも適用することはできませんが、少なくても、複数文化の扱い方に上手くはなります。

時間的連続性は、現在は過去の影響下にあることの認識の強さです。考え方において時間軸が重要なキーになります。伝統を重視することは革新を生む重要な契機になるとの考え方が強く、それは逆に伝統を打破する意味をも大きくもつことになり、いずれにせよエネルギーの動きが絶対値として大きくなります。伝統に礎をおいた場合は長い時間の蓄積を使い、正反対に立つ場合も、幸か不幸か、前者と同じエネルギー量が理想として求められます。これがヨーロッパで生まれる新しいものは、多くはないですが、生まれたものは長続きすることが多い根拠になるだろうと思います。

Date:09/9/21

「何々をみないと全体が見えないはず」という表現があります。これは半分正しく、半分は間違っているというか、努力目標にしかならないと思います。「水谷修・生徒ジュン『さよならが、いえなくて』を読む」で書いたように、政治や経済のニュースだけを追うのではなく、社会問題、特にひずみに影響受けやすい社会的に弱い立場にある若者層のありようをみると、全体が良い方向に向っているのか、その反対なのか、それがより分かります。少なくても、風が北から吹いているのか、南から吹いているのか、それら強まっているのか、弱まっているのか、これは誰が正しいでもなく、自分自身で掴むべき感覚であると思います。

こういう観点で、ひずみが出やすい世代や領域あるいは場所ー特にマージナルな場所ーに目を向けておくのは大切です。ですからアフリカの状況あるいはヨーロッパであれば東欧などもフォローすべきですが、残念ながらぼくにはできません。しかし、いたし方ないと考えています。できれば越したことはないですが、自分のつかめている全体が全体ではないかもしれない、と思うことが重要なのではないかと思うのです。

が、イタリアに住んでいることはメリットであると考えています。世界の情報戦に影響力の大きい、いわゆる英米情報をかなり距離感をもって眺めることができます。英国の『エコノミスト』の記事をイタリア語記事が何と書き、日本語で何と書いているかということを知るだけでも、三点観測をすることが可能です。これができないのが、英語でしか海外情報を得ていない人達の弱さー特にアメリカ人ーでもあります。スペイン語もドイツ語も分かればもっと良いですが、英語の情報との「文化差」を身体的に実感して把握しておくのは想像する以上に重要です。

ar

東欧のような地域的カバーは物理的に難しいからこそ、ぼくは分野でなるべく広い範囲を見ようとしています。ビジネス的にいえば、自動車、工業デザイン、インテリア、インターフェース、ユーザビリティ、食品、文化など複数の業界をみています。それにより全体の構造のヒントを得ようとしています。ある経験が、どの分野に通じ、どの分野には通じないのか、これを知ることによってストラクチャーや知識の適用範囲などが勘として見えてくるものです。ある一つの世界だけを見ていても、なかなか獲得しにくい勘であろうと思います。

しかし、何よりも世界で唯一でしかありえない自分の生き方とその経験を基にするがゆえに、自分だけの視点は生きるはずであると思うことが全てのスタート地点です。情報を全て自分に目の前に並べないと安心できないというメンタリティであるとできないことです。情報は並べて鑑賞するものではなく、自分で選択して使うものだという発想の転換ができたとき、違った風景が眼前に広がります。世の中で他人が自分と全く同じ経験をするということはありえないのです。この単純な事実にこそ「地図を描くに腰が引けない」動機が潜んでいるわけです。地図とは具体的にはどんなものを言っているの、ぼくなりの表現をお話ししましょう。

→つづく

Page 13 of 17« First...101112131415...Last »