西洋紋章デザイナー山下一根さん の記事

Date:08/8/7

紋章デザイナーである山下さんはとても楽しい人です。神父の服を着ていますが、「たまたま着ている」とでも言いましょうか・・・それは神父のあるべき姿として非常に好感がもてます。その彼から聞いた今に至るストーリーをかいつまんでご紹介します。

山下さんが神父になろうと思ったのは中学の時ですが、その頃、西洋紋章の本を学校でみつけ、その美しさに心を強く動かされました。高校生になり、バチカン市国内のサン・カルロ宮殿に住んでいた教皇宮廷庁長官を40年以上も勤めたジャック・マルタン枢機卿(il Cardinale Jacques Martin)に手紙を書きました。フランス語です。学校でフランス語を勉強していたのではなく、枢機卿がフランス人なので、フランス語の手紙を書いた方が有利だと判断したのです。返事がすぐ来ました。「早々にバチカンに私に会いに来るように」と。1991年クリスマスのことです。

m1.JPG

枢機卿はサンピエトロ広場でベレー帽を被って待っていました。上の写真の方です。「私の死期は近い。だから、君に教えられることは教えておく」と言われ、山下さんはバチカン滞在中の1週間に、基礎的なことがらや人脈を教えられたそうです。そしてその枢機卿は翌年秋に逝去します。病気でした。一方、山下さんは東京の上智大学に入り、国際法を勉強します。もちろん、その間も、西洋紋章への思いは絶えることがありません。

マルタン枢機卿にも名前を聞いていたスイスの大司教に手紙を書きます。西洋紋章での権威で、亡くなるまでケンブリッジ大学紋章系図学会総裁やスペイン・ブルボン王家付高位聖職者も勤めた、前駐イギリス教皇庁大使のブルーノ・ハイム大司教(l’arcivescovo Monsignor Bruno B. Heim)です。歴代のローマ教皇やハプスブルグ家・ブルボン家などの紋章を手がけてきた大司教です。その大司教が山下さんの手紙を読んで、「すぐ来るように」と返事をしたのです。卒業後、大司教88歳のとき、山下さんは初めての弟子となります。上の写真は大司教と山下さんです。そして、修行がはじまります。

Page 2 of 212