さまざまなデザイン の記事

Date:12/4/7

先日、センピオーネ公園の小遊園地を息子と自転車で通りかかった時、ふと7-8年前のことを思い出しました。園内を走る大人はかがみこむようにしないといけない汽車やゴーカード。あの小さな汽車やゴーカードに乗り込むのが密かな喜びだったーそれは自身の幼少のころを追想する楽しみを兼ねていましたーこともあり、かなり頻繁に通ったものです。しかし、息子が6歳になったあたりでぱったりとその楽しみは「奪われ!」、公園のなかを自転車で競走することになりました。先日は何となく、息子に追想経験をさせたくて「ねえ、あのゴーカードに乗ってみない?」とややしつこく勧めてみました。

彼は「いいよ、ツマラナイ」と即座に断ります。ただ、横目でゴーカードを走るのを眺めていて、思いついたように「うん、1回だけ乗ってみる」と答えます。10歳の子供にも窮屈なゴーカードに数年ぶりに乗ってみようと思った理由。それはマクラーレンを模したグレー色のモデルがあったからです。F1の全GPを欠かさずTVで観戦している彼のお気に入りはハミルトンで、それでマクラーレンファンというわけです。よって小さくノロいゴーカードでも一回は試してみたいという気が起ったようです。数周を終えての一言「やっぱり、つまらなかった」。

昨年の夏、ぼくは40年ぶりに自分が卒業した小学校とその周辺を歩きました。あまりに校庭が小さく学校の周りの道がどこも狭く、自分の少年時代の風景はこんなにコンパクトだったのかと驚きました。こういう経験は初めてではないのに、その場にいくと、少年時代の目線の高さと空間把握の広さー狭さーにあらためて気づかされます。これは場所だけでなく、子供の時に全く手が届かないと思っていた人が、自分が大人になってみると案外そうでなかったりということもあります。

背ではなく、人間性の話です。寂しいことではありますが、高齢になると考え方が子供のようになる傾向があります。だから、変わったのは本人の目線や視野だけでなく、相手自身ということも考えないといけません。ただ、やはり未熟な時には見えなかった粗が成熟するにつれて見えてくる・・・という事実は避けがたくあります。しかし、誰でも余裕をもって考え話していることなど殆どなく、ギリギリのところで生きているんだと分かってくると、他人の粗にたいして寛容になります。「結局、本田宗一郎も奥さんに頭があがらなかったわけね」と言うのではなく、「奥さんに頭があがらなくても、あれだけの偉業が可能なんだね」と思う。そういう表現が理解できるようになるのです。

さて、ヨーロッパです。かつて日本にとってヨーロッパは大人に見えました。先進的で成熟した社会のモデルとしてのヨーロッパが大きく見えたのですが、この数十年、もうろくを始めた老人を見る目つきになってきています。そして、隣にいる若手の進撃を横目で眺め、かつ、そのマーケットにも羨望を感じながら色目を使い始めると、自分自身の足元が20代のころの俊足にはかなわないことを発見します。そして、日本はいったい身体年齢は何歳で精神年齢は何歳なのか・・・と自問自答を始めたのです。ポイントが精神年齢の自覚にあるのは明らかです。

 

Category: さまざまなデザイン | Author 安西 洋之  | 
Date:12/1/28

ぼくがヨーロッパで生活をしようと思ったのは、歴史に残る社会的インパクトのある新しいコンセプトはヨーロッパで生まれる可能性が高いと判断したことによります。この経緯は4年前に書いたことがあります。新しいコンセプト誕生の現場に立ち会いたい自ら関与したいと願い、ヨーロッパで仕事をする道を探したのでした。20代後半です。大量生産が醸し出す熱気より、時代の先端にある刺すような冷気と穴の向こうにある熱風のようなものに触れ続けたいと思ったのです。ここでいう「先端」とは技術の先端を言うのではなく、社会意識の先端を指しています。

ローマのFAOで広報官として働く山下亜仁香さんの以下の文章を読んで、ぼく自身の20代を思い出しました。

それなりに充実していたものの30歳を迎える頃「このままでいいのだろうか?」と不安になりました。同級生にはマザーハウスの山崎大祐やフローレンスの駒 崎弘樹など鴨池で語り合った理念を現実化している仲間がいるのに、自分はドバイなんかで何をしているのだろう?と思いました。圧倒的な貧富の差や持続可能 性を無視した経済発展のさなかで、それに自分も加担をしているのではないか。

ドバイといえば世界中からその富が注目される場所です。各地からやってきた人々が働いています。ワールドビジネスの動きを左右するドバイにいた山下さんは「ドバイなんかで何をしているのだろう?と思いました」と書いているのです。経済的な価値ではない社会的な価値を重視していると、「ドバイなんか」となるのでしょう。経済成長をリアルに感じ、それを時代の先端と思うなら、中東やアジアは絶好のところであり、富の先にでてくる社会問題や知的関心の動向にリアリティを感じたいならヨーロッパは良いでしょう。ある一か所ですべての要求をかなえることは難しいから旅をするわけですが、やはり生活する場所と旅先では獲得するレベルが違います。

隣の芝生は青い。が、青いことに嫉妬を抱いたり、その場にいないことで焦燥感を覚えて足元がぐらつかないためには、自分が今ここにいる理由が明確であり、「ここも人にとっては隣の芝生」であることを身をもって知っていることです。これは自分の能力や立場の認識に基づきますが、裏をかえせば、いかに全体を見通しているかにもよります。いずれの芝生も結局は一部でしかないのです。シリコンバレーには確かに多くの宝があるかもしれませんが、シリコンバレーには歴史に溶け込んで次の時代を見据えるという文化はないでしょう。しかし、ウィーンにシリコンバレーはなく米国の西側にあるわけです。

どこに行けば時代の先端を見れるということはありません。あるいは、どこにいても時代の先端は見れるものです。ピエモンテの小さな町で発信されたスローフードのコンセプトが世界に広まったことを思い起こせば、「先端」の意味はよりはっきりします。食だけではなくライフスタイルを視野に入れた時、がらりと「先端」をとりまく風景が変わるはずです。新しいコンセプトや価値にこそ人が目を開く根源があることを自覚したとき、たとえば、ヨーロッパで何を見落としアジアで何がまだみえないかーしかし、アジアが新しい道を作るかもしれないーに目はいきます。こう考えること自身がわくわくしてどきどきするものです。

たった数年前は中国に住むことがアジアの今を見ることだと思われ、現在はインドに住むことがアジアの先端であるとみられる・・・なんてことに振り回されている限り、どこに行っても何も見えないでしょう。場所ではなく、どんな価値観がリアリティをもつ世界に生きたいかが先にこないといけない。ぶっちゃけた話、場所なんてどこでもいいんです。場所にこだわっている限り、場所に囚われるだけです。でもぼくはミラノに住み、山下さんはローマにいる・・・・。それは場所以外の価値に重きをおいている結果である。

それがミラノサローネの意味です。

 

 

Category: さまざまなデザイン | Author 安西 洋之  | 
Date:12/1/21

人はふつうにものごとを眺めていると、ふつうに眺められない。そういうパラドックスがあります。意図的に大きい枠組みで眺めないと、多くの場合は気づかないうちに小さな範囲に視界が限られてしまう。皮肉なことですが、ほっぽっておくと視界は自然に縮小していきます。パターンに馴れるとパターンの便宜性に溺れるわけです。意識してパターンを切り崩す「習慣」をもたないといけない理由がここにあります。

ほぼ日刊イトイ新聞」で『イシューから始めよ』の安宅和人さんと糸井重里さんの対談が7回連続でありました。かなり含蓄のある内容でしたが、最終回の糸井重里さんの言葉がそうとうに奇妙でした。羊羹の虎屋は500年の歴史がありますが、100年に1度の恐慌を5回も経験して生き残っているというエピソードで、以下のようなセリフが続きます。

これが「500年」のすごみなんだなぁと。

このあたりの時間の感覚って
「グローバル」と呼ばれる西洋中心の世界では
欠けてる部分だと思うんです。

それは「アメリカの歴史の短さ」に要因が
あるんじゃないかなと思うんですが。

トレンドをよく読んできた糸井重里さんらしい発言の流れがピタリと凍りつきます。西洋の中心をアメリカだけで語っているアンバランスはなんだろうと思います。対談はこのまえに源氏物語の時代にも遡っているのですから、それなりの目配せがきいている空間です。西洋文化の歴史の長さは、それこそ「世界の常識」であるにも関わらず、その西洋をアメリカに代表させ、その歴史の短さで西洋文化を批評する。グローバリゼーションを仲介にたてているにせよ説得性に欠けるロジックです。

まさか「世界の常識」から外れた方ではないでしょうから、ここは口が滑ったのだと思います。それをご丁寧にも対談の文章を作った人間がそのままなぞったのでしょう。そして彼は校正時にその点を見逃した。このように想像するのが妥当でしょう。では、なぜ糸井重里さんは見逃したのか?です。

ヒントは上の文章にあります(クリックして拡大して読んでみてください)。何年か前からネットでずいぶんと紹介されている事例ですが、文字の配列がめちゃくちゃながら意味がとれてしまいます。すなわち思考のあるパターンで文章を読んでいるのであって、文字そのものを追って文章の理解をしているのではないのです。糸井重里さんは「世界の常識」がありながら、思考パターンのなかで外国としてのアメリカがあまりに肥大化しているのでしょう。だから口が滑るのです。冒頭で書いた表現を使えば、「パターンの便宜性に溺れた」のだと思います。これは彼を批判するために書いているのではなく、誰でも陥る穴であるとの自覚を促すために犠牲になってもらいました。かように視界を広くしておくのは努力が必要ですが、努力せずにいられないクローズであることへの生理的な嫌悪感や知性への信頼性が思いのほか機能するのかもしれません

 

 

 

 

Category: さまざまなデザイン | Author 安西 洋之  | 
Page 3 of 8812345102030...Last »