さまざまなデザイン の記事

Date:12/5/21

チェルノブイリの事故の影響は、ヨーロッパのまだ身近なところにあったんだと痛感する経験が最近ありました。ぼくは今、新素材のビジネスに関わっているのですが、ある箇所に使用される材料について話し合っていたときのことです。木材コストに話が及んだとき、某国の事例で「実はね、木材は太刀打ちできないんだよ。チェルノブイリ周辺の木材が価格破壊的なレベルで出回っていて、どんな材料でも戦うのが無理なんだ」と低い声で囁かれたのです。やはり、そういうことなのかと状況を察知したわけですが、こうなると日本のことに思いを馳せないわけにいかなくなります。

昨年、原発事故が起きてから一つのことを考えています。「今とここに生きる」のが日本の美学の伝統的な要素であり、それを肯定し続けるのが良いのだろうか?ということです。加藤周一の『日本文化における時間と空間』の一節を引用しましょう。

全体に対して部分を重視する傾向である。時間における「今」の強調は、時間の全体に対して の部分の自律性(自己完結性)の強調と考えることもできる。したがって空間における「ここ」の重視、さらにはここ=限られた空間を構造化するのに全体の型 よりも部分の質に関心を集中する態度と呼応するだろう。「全体から部分へ」ではなく、「部分から全体へ」という思考過程の方向性は、「今=ここ」の文化の 基本的な特徴である。

こうした考え方が環境問題に対するバックキャスト的なアプローチー最悪の環境を想定して対策を講じるーを拒否しがちである説明に使われやすいのですが、一方で自然の流れに寄り添う大切さ、あるいは「起こったら仕方がない。水に流せばいい」という思い切りの良さを評価しやすいのも確かです。そして、自然と対峙する西洋合理主義がどうみても反省すべきまっただ中にいるなかで、自然と馴染むアプローチがエコロジーの面から注目されやすいーだが、包括的な接触でありながら部分に配慮しやすいー。しかし、いやおうなしに混沌とした世界に生きゆくぼくたちに、「今とここに生きる」限界を突きつけたのが原発事故ではなかったのかとの思いがどうしても消えません。田坂はこう語ります。

正確に言えば、「技術的」に、どれほど安全な対策を施していても、「人的、組織的、制度的、文化的」な要因から、技術者が「想定」していなかったことが起こるという落し穴です。(中略)

すなわち、言葉を正確に使うならば、安全設計において技術者が行っているのは、「起こり得る全ての事態を想定している」のではなく、「想定し得る全ての事態を想定している」に過ぎないのです。従って、その技術者、もしくは技術者集団の「想像力」を超えた事態は、「想像」もされなければ、「想定」もされないのです。

自然に対峙して全てを理解のもとにおこうとは思わない思考ー「全体」より「部分」へ注視ーが、全体の「想定」の範囲をどうしても狭くし、その境界線を曖昧なままにしやすい。それがゆえに、限界線での対策が甘くなりやすい。必ずしも田坂は、そう明言しているのではないのですが、彼の言葉にある「文化的要因」に当然含まれてしかるべき項目であろうと考えます。生活スタイルや美的基準でいかほどに自然に添う姿が良いと言え、バックキャスト的なアプローチが必要ーまたは優位ーな場合においては全体把握への立場をぐらつかせてはいけないと考えます。ただ、「文化的要因」であるため、そうしようと思ってできるものでもありません。

このテーマが抜き差しならぬもので、それこそこれらの状況すべてを含んだ「全体」をどう掴むかが、真正面から問われている。そのように考えます。すなわち、この事故の直接当事者だけではなく、日本人と自ら名乗るほとんど全ての人たちが自分の感性からロジック様式のあり方を問われているのです。他人事ではなく自分事であり、しかし自己責任という言い方での始末のつけ方ではない、新しい扉の選び方と押し方ー引き方ーを決めないといけないという認識が必要なのだと考えています。

いわば、日本人の文化アイデンティティがテーマになっているとの自覚をどれほどにもつか?です。

Category: さまざまなデザイン | Author 安西 洋之  | 
Date:12/4/7

先日、センピオーネ公園の小遊園地を息子と自転車で通りかかった時、ふと7-8年前のことを思い出しました。園内を走る大人はかがみこむようにしないといけない汽車やゴーカード。あの小さな汽車やゴーカードに乗り込むのが密かな喜びだったーそれは自身の幼少のころを追想する楽しみを兼ねていましたーこともあり、かなり頻繁に通ったものです。しかし、息子が6歳になったあたりでぱったりとその楽しみは「奪われ!」、公園のなかを自転車で競走することになりました。先日は何となく、息子に追想経験をさせたくて「ねえ、あのゴーカードに乗ってみない?」とややしつこく勧めてみました。

彼は「いいよ、ツマラナイ」と即座に断ります。ただ、横目でゴーカードを走るのを眺めていて、思いついたように「うん、1回だけ乗ってみる」と答えます。10歳の子供にも窮屈なゴーカードに数年ぶりに乗ってみようと思った理由。それはマクラーレンを模したグレー色のモデルがあったからです。F1の全GPを欠かさずTVで観戦している彼のお気に入りはハミルトンで、それでマクラーレンファンというわけです。よって小さくノロいゴーカードでも一回は試してみたいという気が起ったようです。数周を終えての一言「やっぱり、つまらなかった」。

昨年の夏、ぼくは40年ぶりに自分が卒業した小学校とその周辺を歩きました。あまりに校庭が小さく学校の周りの道がどこも狭く、自分の少年時代の風景はこんなにコンパクトだったのかと驚きました。こういう経験は初めてではないのに、その場にいくと、少年時代の目線の高さと空間把握の広さー狭さーにあらためて気づかされます。これは場所だけでなく、子供の時に全く手が届かないと思っていた人が、自分が大人になってみると案外そうでなかったりということもあります。

背ではなく、人間性の話です。寂しいことではありますが、高齢になると考え方が子供のようになる傾向があります。だから、変わったのは本人の目線や視野だけでなく、相手自身ということも考えないといけません。ただ、やはり未熟な時には見えなかった粗が成熟するにつれて見えてくる・・・という事実は避けがたくあります。しかし、誰でも余裕をもって考え話していることなど殆どなく、ギリギリのところで生きているんだと分かってくると、他人の粗にたいして寛容になります。「結局、本田宗一郎も奥さんに頭があがらなかったわけね」と言うのではなく、「奥さんに頭があがらなくても、あれだけの偉業が可能なんだね」と思う。そういう表現が理解できるようになるのです。

さて、ヨーロッパです。かつて日本にとってヨーロッパは大人に見えました。先進的で成熟した社会のモデルとしてのヨーロッパが大きく見えたのですが、この数十年、もうろくを始めた老人を見る目つきになってきています。そして、隣にいる若手の進撃を横目で眺め、かつ、そのマーケットにも羨望を感じながら色目を使い始めると、自分自身の足元が20代のころの俊足にはかなわないことを発見します。そして、日本はいったい身体年齢は何歳で精神年齢は何歳なのか・・・と自問自答を始めたのです。ポイントが精神年齢の自覚にあるのは明らかです。

 

Category: さまざまなデザイン | Author 安西 洋之  | 
Date:12/1/28

ぼくがヨーロッパで生活をしようと思ったのは、歴史に残る社会的インパクトのある新しいコンセプトはヨーロッパで生まれる可能性が高いと判断したことによります。この経緯は4年前に書いたことがあります。新しいコンセプト誕生の現場に立ち会いたい自ら関与したいと願い、ヨーロッパで仕事をする道を探したのでした。20代後半です。大量生産が醸し出す熱気より、時代の先端にある刺すような冷気と穴の向こうにある熱風のようなものに触れ続けたいと思ったのです。ここでいう「先端」とは技術の先端を言うのではなく、社会意識の先端を指しています。

ローマのFAOで広報官として働く山下亜仁香さんの以下の文章を読んで、ぼく自身の20代を思い出しました。

それなりに充実していたものの30歳を迎える頃「このままでいいのだろうか?」と不安になりました。同級生にはマザーハウスの山崎大祐やフローレンスの駒 崎弘樹など鴨池で語り合った理念を現実化している仲間がいるのに、自分はドバイなんかで何をしているのだろう?と思いました。圧倒的な貧富の差や持続可能 性を無視した経済発展のさなかで、それに自分も加担をしているのではないか。

ドバイといえば世界中からその富が注目される場所です。各地からやってきた人々が働いています。ワールドビジネスの動きを左右するドバイにいた山下さんは「ドバイなんかで何をしているのだろう?と思いました」と書いているのです。経済的な価値ではない社会的な価値を重視していると、「ドバイなんか」となるのでしょう。経済成長をリアルに感じ、それを時代の先端と思うなら、中東やアジアは絶好のところであり、富の先にでてくる社会問題や知的関心の動向にリアリティを感じたいならヨーロッパは良いでしょう。ある一か所ですべての要求をかなえることは難しいから旅をするわけですが、やはり生活する場所と旅先では獲得するレベルが違います。

隣の芝生は青い。が、青いことに嫉妬を抱いたり、その場にいないことで焦燥感を覚えて足元がぐらつかないためには、自分が今ここにいる理由が明確であり、「ここも人にとっては隣の芝生」であることを身をもって知っていることです。これは自分の能力や立場の認識に基づきますが、裏をかえせば、いかに全体を見通しているかにもよります。いずれの芝生も結局は一部でしかないのです。シリコンバレーには確かに多くの宝があるかもしれませんが、シリコンバレーには歴史に溶け込んで次の時代を見据えるという文化はないでしょう。しかし、ウィーンにシリコンバレーはなく米国の西側にあるわけです。

どこに行けば時代の先端を見れるということはありません。あるいは、どこにいても時代の先端は見れるものです。ピエモンテの小さな町で発信されたスローフードのコンセプトが世界に広まったことを思い起こせば、「先端」の意味はよりはっきりします。食だけではなくライフスタイルを視野に入れた時、がらりと「先端」をとりまく風景が変わるはずです。新しいコンセプトや価値にこそ人が目を開く根源があることを自覚したとき、たとえば、ヨーロッパで何を見落としアジアで何がまだみえないかーしかし、アジアが新しい道を作るかもしれないーに目はいきます。こう考えること自身がわくわくしてどきどきするものです。

たった数年前は中国に住むことがアジアの今を見ることだと思われ、現在はインドに住むことがアジアの先端であるとみられる・・・なんてことに振り回されている限り、どこに行っても何も見えないでしょう。場所ではなく、どんな価値観がリアリティをもつ世界に生きたいかが先にこないといけない。ぶっちゃけた話、場所なんてどこでもいいんです。場所にこだわっている限り、場所に囚われるだけです。でもぼくはミラノに住み、山下さんはローマにいる・・・・。それは場所以外の価値に重きをおいている結果である。

それがミラノサローネの意味です。

 

 

Category: さまざまなデザイン | Author 安西 洋之  | 
Page 3 of 8912345102030...Last »