さまざまなデザイン の記事

Date:09/2/27

昨年6月「ぼく自身の歴史を話します」というタイトルで20数回にわたって、イタリアに来る前あたりからのヒストリーを書きました。カーデザインの巨匠であるジュージャロと一緒にイタルデザインを作った宮川秀之さんのもとで修行するのが、ぼくが日本を出る契機でした。

今日、その宮川さんと久しぶりに電話で話しました。その時に友人であった映画監督の故黒澤明氏のことが話題になりました。数年前に出された本、『黒澤明 VS。ハリウッド』のことです。1960年代後半の真珠湾攻撃を扱った映画『トラ・トラ・トラ』で黒澤明が監督をつとめていたところ、途中で解任された謎を探るという内容のようです。宮川さんが言うには、この本は米国と日本の文化論を語るに非常に貴重な内容を含んでいるのにも関わらず、黒澤明の個人的なレベルのエピソードとして読まれていることが多いのは非常に残念だということでした。

「日本の文化も、日本を離れて外国で実際に生活してみないと見えてこないよね」ということも語っていましたが、どれが文化論として摘出できるかどうかは、外国文化のなかで自国文化を相対化した経験をもたないと、その摘出すべき部分が目に飛び込んでこないのかなとは、ぼくも思います。ぼくもネットでの書評を読む限り、水村美苗氏『日本語が滅びるときー英語の世紀の中で』(筑摩書房)を言葉論としてしか読んでいない人が多く、これを文化論として読めば良いのにという感想を言いました。

日常の細かいエピソードを如何に一般性のある話に持ち上げるか?というのが、極めて重要なことだと思います。米国の大統領といえど、40数年の人生をその細かい日常生活のなかで生きてきており、その経験に基づいて世界の動向を揺るがすような重大は判断を日々行っているわけです。最初から帝王学を学んだわけではないのです。元NTTドコモの夏野氏がダボス会議でのリーダー達の発言にショックをうけたことが、下記に書かれています。これは、「一般性への昇華の仕方」に彼我の差があるのではないか、自分ひとりで全体をみて判断するという習慣のあるなしに関わっているのではないか、そういうことをぼくは考えています。

http://it.nikkei.co.jp/business/column/natsuno.aspx?n=MMIT33000012022009&cp=2

Date:09/2/25

トマス・マルドナードは耳にしたことのある名前だけど、誰だっけ?と思いながら、ミラノのトリエンナーレに入りました。マルドナードの展覧会入り口で履歴をみて「あっ!」と気づきました。90年代半ば、ミラノ工科大学に工業デザインのコースを作った人でもありますが、ぼくの記憶にあったのはウルム造形大学のマルドナードでした。1953年、ウルム造形大学はマックス・ビルを初代学長として招きスタートしましたが、1956年以降、マルドナルドが主導権が握っていた話を、プリアチェアをデザインしたジャンカルロ・ピレッティから聞いていたことを思い出しました。以下がピレッティの言葉です。

「わたしはね、マックス・ビルが はじめたウルム造形大学に行きたかったんだよ。準備もしていたんだ。でも閉まってしまったからね、いやあ残念だった。けれど後になって、ディレクターだっ たトマス・マルドナードがボローニャに教えに来ていたとき、わたしは彼の生徒だったんだ。いい仕事をした人だと思うけど、わたしを夢中にはさせてくれな かったなぁ。」

ピレッティというのはとても熱い人ですが、彼が惹かれなかったというのが、どうにも心のなかで引っかかっていました。マックス・ビルをウルム造形大学から追い出したようなイメージがついて回っていました。彼は1922年にブエノスアイレスに生まれ、最初はアーティストとして活動をはじめます。マックス・ビルとは1940年代後半にヨーロッパで出会い、その後、マックス・ビルもアルゼンチンに出向き、ウルム造形大学にはマックス・ビルがマルドナードを招聘したのでした。

この展覧会を見ていて、「なるほど、ピレッティとはケミストリーが合わないだろうな」と思いました。マルドナードのアート作品やデザイン、特にデパートのリナシェンテのデザインマニュアル製作やオリヴェッティの電動タイプライターのインターフェースやアイコン開発の数々を見ていて、彫刻的な作品に没入してきたピレッティとは正反対かもしれないと感じました。

この展覧会の真ん中に位置していたのは、まさしくウルム造形大学にいた頃のマルドナードです。1950年代半ば、哲学者のマルティン・ハイデッガーがウルム造形大学を訪問した際、マルドナードと言葉を交わしている写真が展示されていましたが、これはマルドナードが知識人としての階段を上がるに絶好の場面だったのだろうな・・・と、そんなことを考えました。また、1950年代、マックス・ビルは新しい時代の変化についていけなかったのだろうか・・・とも思いました。

以下に展覧会のレポートがあるので、写真やさらなる情報はここを参考にしてください。

http://www.designboom.com/weblog/cat/8/view/5536/tomas-maldonado.html

Date:09/2/19

先日も取り上げたDESIGN IT ! w/LOVE から今日アップされた「デザインと文化、あるいはフォルムとファンクション」というエントリーをご紹介します。以下です。

http://gitanez.seesaa.net/article/114477762.html

棚橋さんという方は、連日のように(多分、デザイナーの方たちを対象に)日本文化について長文を書いています。デザイナー達はもっと文化文脈を知った上でクリエイティブな作業にかからなければいけないと熱く説いています。この文化文脈でものごとを理解する必要は、なにもデザインに限ったことでなく、例えば「資本主義」もそうです。1990年前後に瓦解した共産主義を前に資本主義は勝利宣言をしましたが、今、「資本主義の終焉か?」という一般受けするコピーが乱舞しています。しかし、どこの資本主義を語っているのでしょうか。ぼくの本のなかでも紹介しました、「米国の資本主義は、封建制度とも教会勢力とも、あるいは共産主義とも戦ったことがない、極めて温室育ちの資本主義であり、それは、現在も社会主義政党が政権をとる力があるヨーロッパ諸国と米国の両文化を明確に区別する大きな理由となる」という大状況をほとんど見ていないと思えます。

さて、デザインです。以下はDESIGN  IT ! w/LOVE からの引用です。

向井周太郎の『生とデザイン―かたちの詩学1』に収録されている「モダン・デザイン」という論考は、モダンデザインと言語、文化、機能と形といったものの関係を考えるうえで、読んでいて「なるほど」と思ったので、おすそわけ程度に。

まず、向井さんは「モダン・デザインの思想は西欧の歴史そのものの固有性に内在する」という、当たり前ながら忘れられている問題をきちんと捉えることの重要を指摘しています。

向井周太郎氏はウルム造形大学でマックス・ビルの薫陶をうけた方ですが、ぼくはこの本を読んでいませんが、デザインにおける「西洋近代性」のゆえんを語っているようです。

モダンデザインには地域や民族、階級などに縛られずに人びとが自由にものを選べるようにするユニバーサル・デザインを理想としました。しかし、当然、それはモダンデザインを推進した西欧の「当時のそれら先進国が直面した近代化の普遍的な問題と深く関連しているのですから、この二重性をあらためて読み直さなければならない」と向井さんが指摘するように、モダンデザインは理想として普遍を標榜しながらも、一方で西欧固有の問題と深く結び付くものであったという矛盾を抱えていることを見落としてはなりません。

西欧近代自身に普遍性があるのではなく、「普遍性を目指すという志向性」に西欧文化の特徴があり、その流れから歴史性を切り離し、更なる普遍性を信条的にアピールしたのが米国文化であるとぼくは考えています。そこででてきたのが、グローバリゼーションという言葉です。例えば、日本文化が普遍性を目指したことはないはずです。しかし、棚橋さんが言わんとすることは分かります。

当たり前のことですけど、このアルファベットを記号体系として用いる西欧の合理精神は、現在のITや情報デザインに分野にも大きく影響を与えているはずで す。HTMLや各種のプログラミング言語であれ、著しく文脈依存性の低い自律性をもったアルファベットの記号体系の延長線上にある。それは漢字仮名交じ り、さらにはアルファベットも交る世界でも稀有な言語体系をもつ日本的思考とはまったく別の世界観であることをもう一度しっかり見つめ直す必要があるで しょう。

大いに影響があります。インターフェースについていえば、漢字文化圏においては視覚イメージ情報がより有効的(ただ、北欧と南欧では後者が視覚イメージ情報を優先するというヨーロッパ内部の差もあります)であり、アルファベット文化圏では記述情報が重視されます(あるいは、せざるえをえないのです)。そこから、アイコンなどの表現も違ってくるわけです。だからこそ、西欧近代の多くを獲得してきた日本が、どうして欧州市場向けの工業製品にそれらの実績を反映していないのかが気になるのです。以下はぼくが評論家の加藤周一が昨年逝去したときの文章を引用したものです。

http://european-culture-note.blogspot.com/2009/02/blog-post_14.html

要するに、棚橋さんの書かれている内容を、欧州向けのローカライゼーションの必要性を逆に説いているものとして、ぼくには読めるのです。