さまざまなデザイン の記事

Date:18/4/19

デザインは産業革命による質の悪い大量生産品の質をあげるところからスタートしたわけですが、21世紀の今、アルティザン文化が盛んに語られるのはなぜでしょうか? 今日は、アルティザンとデザインの対話をテーマにした「ダブル・シグナチュア」の見学からスタートしました。実のところ、アルティザン文化に基づいた工芸美の世界をブランドとして確立したのはフランスであり、イタリアは後塵を拝してきたので、追い上げている最中です(ちょうど1昨年、シャンパンを販売数量では抜いたプロセッコのごとく)。ブランドにおいて必要なのは、地域とサインです。どこで誰が作ったのか? ここではアルティザンの名前とデザイナーの名前が記されています。ヴェネツィアグラスと照明など、アルティザンとデザイナーの手の交わりの13の事例が展示されています。2番目の写真”Modular type” の事例は、「このプロジェクトではアートがどこで終わり、コミュニケーションがどこで始まるかを示したい」と説明してあります。

 

 

 

その後、トルトーナに行きイタリアの雑貨メーカーの社長とかなり長い時間、話し込んでいると「インダストリーの世界は退屈だ。同じモノを大量に作り、いつも同じような問題とその処理に追われ、アルティザン文化が個人的にでも欲しい、という気持ちになる」と語ります。MBAをとったかなりバリバリタイプの創業者が、そういう言葉を発するので、ぼくは意外な展開に驚きました。そして彼は「デザイナーは課題を与えないと動かない」と話すので、ぼくが「デザイナーも起業化することもあるけど、アルティザンの起業の方が発展が早いかもね」とコメントすると、「そう!ただ、その若いアルティザンがこのロバルディアではいなくなった」とまた考え込みます。

それで、ぼくは知人が最近スタートした北東のウディネのプロジェクトの話をしました。それはこういうことです。若い人に「釘と金づちをもって何か作れ」と言っても気乗りしないでしょう。彼らはデジタルネイティブでコンピューターは好きで、そこの苦労は苦労にならない子が多いです。そこで知人の会社で小さなEVの全体設計をして、17-8才の子たちにそのレベルにあったコンポーネントの設計をさせ、それらを3Dプリンターで作り、自ら組み立てるワークショップをやったのです。彼らはモノを自らの手で作ることが面白く、喜々としてクルマを完成させました。つまり郷愁的なアルティザン文化に若い子をダイレクトに誘っても人数が限られますが、デジタルアルティザンの可能性を示すと展開は違ってきます。

それからトルトーナを歩いているとリトアニアのカウナス工科大学デザインセンター長のルータと偶然に会いました。数週間前にサンケイビズの連載コラムで彼女の記事を書きました。「ソ連時代の美意識の欠如が社会の構築にあたり障害になっている」と。一方、ヴィルニウスのデザイン史研究者は、「ソ連時代の審美性に関する審査制度は最悪を生まなかった」と話しました。これは意見が対立しているのではなく、1人1人が自分なりの美的意識を持たない社会に将来性はない、ということを言っているのですね・・・ということをトルトーナの路上で延々と語りあいました。何かモノであれサービスであれ、自由な精神を基盤としてないとどうしようもないわけです。

結果、ぼくが今晩、日本の企業の人と夕食をとりながら話したしたのは、「アルティザンの一品モノ、低価格の大量生産品の二分化が中間層を喪失させたが、アルティザン型中規模量産を望む人たち、あるいはそうしたビジネスを実行したい企業はまた増加傾向にいきつつあり、それを実現させるロジックと方法を知っているのは欧州の企業である。そこに活路があると認識するのが第一歩」ということです。

 

Date:18/4/8

ミラノサローネについて本ブログに書き、今年で11年目です。ここで書いたことを、その後、本の一部に使ったりしてきましたが、思い返してみると、自分の論点で変化してきたこと、変わらないことの両方に気が付きます。変化について言えば、日本企業の「ローカリゼーション観点のなさ=異文化音痴」への指摘が減ってきたことでしょうか。というのも、多くの他の人が同じような点を語るようになってきたので、ぼくは別のところに目を向けたほうがいいな、と思ったのもあります。それと何と言ってもそれなりに言い尽くしたから、というのもありますね。また、膨大な量の情報に触れてあるトレンドを総括するのが時代的にマッチしなくなってきたこともあり、より自分の関心領域での解釈に集中するようになっています(と言いながら、ずいぶんとトレンド的なことに触れていますが 苦笑)。例えば、昨年書いた、「人間中心」の人間とは何か?というのも1つです。

テクノロジー・デザイン・人間という三角形のどこにパースペクティブの的を絞るか、という時に、人間が的になっているのは皆、異論がないのです。電子デバイスのユーザーインターフェースからはじまり、そういう方向にきたわけですが、人間とはユーザーと同一であることが多く、それは十分じゃないな、と。人権や人への尊厳という点もからみ、個人情報の保護を目的としたGDPR(EU一般データ保護)が実施されることも、その趣旨を表層的に捉えている意見も日本のメディアでは散見し、これじゃあルールを作った背後にある世界観が分からないだろう、ということになります。「競争戦略としてのグローバルルール」のなかで藤井敏彦さんが、ドイツやイタリアが個人情報に敏感なのは「ユダヤ人狩り」の過去への反省に基づいていることを指摘しています。

 

 

また、この人間は、クラフツマンシップの文脈でいうと、フランス語のsavoir-faire 、イタリア語のsapere-fare、英語のknow-how をもつ人です。これらを日本語で何と置き換えようか考えている最中ですが、これらの言葉がどのあたりの「人間への見方」を踏まえているのか、との問い自体がテーマになります。「世界観」や「考え方」が分からないと状況を理解したことにならないことがどうしても多いのですね。同時にビジネスの優位性とは、この世界観や考え方の普及度にあるわけで、欧州文化やEUのルールメイキングはその現象の1つなわけです。これをイタリアで言うならば、パスタというモノもさることながら、生物多様性のためのスローフード財団が主導する世界各地の農産物に対する認定(プレシディア)や子どものレッジョ・エミリア教育が例になります。

イタリアのこれら2つ、スローフードとレッジョ・エミリア教育は世界100か国以上に普及していますが、これは決してあるモノの輸出ではありません。この2つに共通するのは、ローカルのコンテクストを重視して、普遍的とされる価値観や考え方をそのなかでどう根付かせるか、の闘いです。お金儲けに長けた機転の利く子になるかどうかはその子の人生ですが、その子がどのようなsavoir-fareがあれば豊かな人生を送れるか。それがレッジョ・エミリア教育の動機になっていて、これが世界各国に広まり、その定着にあたり各国機関はレッジョ・エミリアに助言を求めにくるのですね。スローフード財団も各国にある伝統的製造方法をいかに維持するか、というお手伝いをします。

これらに特徴的なのは、シリコンバレーのエンジニアがつくったデザインシンキングのように、体系化したマニュアルをあえて作らないことです。ローカルのコンテクストを重視するので当然のアプローチなのですが、「いや、いや、そういうことも含めてマニュアル化すべき」と反論する人は、このような議論の場から無言の排除を受ける・・・ということです(実のところ、そのようなものがスローフードなどにまったくないわけでなく、それなりのレベルのものはあります。が、それを外販しません)。つまりはEUのルールメイキングのように記述化を図る体系的な攻め方から、スローフードやレッジョエミリア教育のようなとてもセンシティブなアプローチまでを視野に入れて、古くからある考え方(世界観)の更新や新規のヴィジョンをどのように作りつつあり、それらをどのようにして惹きつけさせるか(力づくで広めるのではなく)にぼくの関心は昔からあるのですが、その関心が更に増している、というのが現在です。よってサローネへの観察も、この点がポイントになります。

 

 

もう一つは、最近、バルト海三国のリトアニアのデザイン関係者と接する機会が増えており、新興国あるいは開発途上国とカテゴライズされる地域でのデザインの役割を考えることが多いです。しかしながら、先進国と違うようでありながら、実は同じ・・・・と思うことと、両者を同じと思うのはオカシイと感じることの間を行き来しています。イタリアのデザイン関係者と彼らを比較してまず感じるのは、自分の文化への自信の持ち方です。それはいかんともしがたい差です。だが、今ある最前線の課題に対して、その自信はどれほどに貢献するだろうか、とみたときに明確な回答がない。単にプロパガンダ的に文化アイデンティティを作り上げても無駄というよりも有害なだけです。イタリアデザインのプロパガンダの弊害も見るにつけ、リトアニアがそのあたりをどう処理していくか、ということに注視しています。

Date:17/6/23

ベルガンティ『突破するデザイン』が来週発売になりますが、この出版にあわせベルガンティの講演会が行われます。

7月15日(土曜日)は東京大学福武ホール、7月17日は立命館大学いばらきキャンパスです。タイトルは「イノベーションをデザインする デザイン・ドリブン・イノベーションの意義と展開」。申し込みは、左のタイトルをクリックして詳細ご覧ください。

また、これらのイベントとは別に、ベルガンティの意味のイノベーションについて多く触れた『デザインの次に来るもの』をテーマにしたトークショーがあります。7月19日は大阪蔦屋書店のマザーハウスで19:30-21:30 「デザインの次に来るもの ~マザーハウスが考えるデザインと経営~」マザーハウス副社長・山崎大祐さん+共著者の立命館大学教授の八重樫文さん+ぼく で話します。7月21日は青山ブックセンターで19:15-20:45 ぼくと八重樫文さんでお話します。詳細はこちらです。

というわけでベルガンティと「意味のイノベーション」漬けの7月です。

 

<7月15日 東京大学福武ホール 14:00-17:00 >

趣旨説明

山内祐平(東京大学大学院情報学環教授)
八重樫文(立命館大学デザイン科学研究センター長/経営学部教授)
「日本におけるデザイン・ドリブン・イノベーションの今日的意義」

基調講演

ロベルト・ベルガンティ(ミラノ工科大学教授)
「デザイン・ドリブン・イノベーションの意義と展開」

パネルディスカッション

日本のデザイン・イノベーション研究に従事する若手研究者と、ベルガンティ教授が、デザインとイノベーションについて深く議論します。

パネラー:
後藤智 (東洋学園大学現代経営学部専任講師)
重本祐樹(慶応大学政策・メディア研究科特任助教)
安斎勇樹(東京大学大学院情報学環特任助教)

<7月17日 立命館大学いばらきキャンパス 10:00-12:00  13:30-16:00 >

第一部 シンポジウム 10:00-12:00

趣旨説明

八重樫文(立命館大学デザイン科学研究センター長/経営学部教授)
「日本におけるデザイン・ドリブン・イノベーションの今日的意義」

基調講演

ロベルト・ベルガンティ(ミラノ工科大学教授)
「デザイン・ドリブン・イノベーションの意義と展開」

パネルディスカッション

日本のデザイン・ドリブン・イノベーションに関する若手研究者と、ベルガンティ教授が、デザインとイノベーションについて深く議論します。

パネラー:
後藤智 (東洋学園大学現代経営学部専任講師)
重本祐樹(慶応大学政策・メディア研究科特任助教)

第2部 学生とのディスカッション 13:30-16:00

内容

学生・院生による研究発表とディスカッション
立命館大学のイノベーション教育に参加している学生・院生と、ベルガンティ教授が、深く議論します。

 

 

 

Category: さまざまなデザイン | Author 安西 洋之  | 
Page 1 of 8912345102030...Last »