このブログについて の記事

Date:09/12/4

「本を読む」というカテゴリーを設け、ブックレビューを書き始めてから、およそ5ヶ月がたちました。最初に書いたのが、6月29日、宮台真司『日本の難点』です。30冊以上について書き、「安西洋之の36冊の本」を入れると、70冊以上です。それまでも、本やオンラインの記事に触れることがありましたが、一つのシリーズとして書こうと思ったのは、6月末です。その動機がなにであったかといえば、ヨーロッパや文化について人前で語り始め、何度も何度も同じ論点を多様なアングルから話す必要性を痛感したことも一つあります。自分自身のメモにしようと考えたこともあります。理由は、挙げれば沢山あります。が、ないと言えばない。

ぼくは自分の本『ヨーロッパの目 日本の目』を出版し、変わったことがあります。それまでは、本を読んで(言葉は悪いが)悪態をつくことが多かった。「なんで、こんな馬鹿なことを繰り返し書くのだ」「この著者、ピントがずれている」「本当に、こんなレベルの内容の本を沢山の人が読むのか」・・・・多くの人が口走ることを、ぼくも同じように口走っていました。ネットでレビューブログを読むと、そうしたくそみそにけなした文章を散見します。正直に白状すれば、ぼくは、今もそういう思いをもつことがあります。しかし、それを他人に大声で言うことは極力避けるようになっただけでなく、実際にそう思うことが減りました。

w

昔、和田誠が自分にとってつまらない映画はないと話していました。当時、あえてよいところを探す態度も疲れるよな、とぼくは感じていました。偽善ではないが、自分には適わない。が、自分で本を書き、人の批評を聞き、メッセージを伝える難しさが身にしみて分かってくると、そう簡単に公に人の本を批判できなくなったのです。「それで、お前の本はどうなんだ?」と反論される怖さではなく、どこかの主張が尖がっていたり、当然記述すべき部分がばっさりとないのは、著者の編集上の意図であったりすることが想像できるようになったのです。

意図的に排除したことを、「ないのはミス、甘い」と指摘するのではなく、「こういう意図で排除したと思うが、それはこうして入れるべきだった」と言わないと、著者にとっては「そんなこと、百も承知」と受け取られる。もちろん、「こんなに言われるなら判断ミスだった」という展開もあります。しかし、ぼくが言いたいことはここではない。もともと筆者のために本を読むのではなく、自分のために読むーそれも趣味の読書ではなく、サバイバルの読書ーという基本的態度が決まってくると、その本の完成度よりも、自分にとってどこがどう貢献するか?という読み方になってきます。だから、読んだ本にどんなに沢山欠点があっても、それはぼくにはどうでもいいことで、ぼくの考えることにどこかプラスになる情報や見方があれば、それでよしとするのです。

w2

ぼくが読んだ本について書いていることが、「ブックレビュー」と通常世間で言われるスタンダードとどう同じでどう違うか、そこにあまり関心をもったことがありません。ぼくの書き方は、まず本が扱っているテーマに対する自分自身の経験や考え方の整理をなるべく行い、そこに対して、この本がどうインパクトを与えているかにおよそ集中します。本全体の意図をサマリーすることはないし、目次を書き連ねることはしない。それは、ぼくの読み方ではないからです。そういう書き方をするには、別の読み方が必要だろうけれど、それはぼくの目標とすることではないということです。ぼくが言えそうなことは、本のために生きるのではなく、人と生きるにあたって、本を頼りにすることがあるとすれば、こんな読み方があるよ・・・・というサジェスチョンからもしれません。

Date:09/8/24

同名のタイトル記事を昨年2月13日に書きました。このブログをスタートして約1ヶ月を経て、「まあ、こんな感じの方針でいいかな」と思い書いたわけです。大筋では変わっていませんが、少々変更した部分もあるので、同タイトルで書いておこうと思います。

「さまざまなデザイン」というカテゴリーでいうデザインとは、皆さん既にお分かりのように、いわゆるデザインプロダクトだけを指しているのではありません。遠い昔から、人は幸せな生活を送ろうとさまざまな工夫をしてきたわけですが、ここでは、この工夫すべてをデザインとよんでいます。

この部分は全く変更なしです。またスタイリングだけを言っているわけでもありません。生活の全てです。ですから何を書いてもいいのですが、あまり具体的結論じみたことを書くのは避けています。強調すべきことを強調して書き、それで筆が滑ることはあります。しかし心積もりとして、マニュアル的な方向に流されないようにと自戒しています。それが客観的にみてどうかは貴方の判断です。

fr

ポリシーとしては、ぼくが直接会ったり聞いたりしていることを書きます。どこかのメディア記事の感想文を書いてもつまらないですからね。

ここは主旨変えです。基本的にその気持ちは同じなのですが、それらを全て排除するのもどうかと思いました。本のレビューはよくて、ネット上にある記事は駄目、というのが自分に対して説得性をもたなくなってきました。そういうわけで、他人のブログを引用することも良しとしています。

bc

それから大事な点。新しいコンセプトは歴史の文脈を重視した場所で生まれやすい、というのがぼくの個人的な考えですが、これはメトロクスの商品開発フィロソフィーと通じるところがあります。下坪さんの書いている会社概要内にある「皆様にお伝えしたいこと」を 読んでみてください。それこそ10年以上も前、まだネット情報が不十分な時代、ぼくはジョエ・コロンボ事務所を探し当てるのに一苦労しました。でも、それ が花を咲かす一つのきっかけになったのですね。「歴史との対話」への努力なしに生み出されるデザインは一過性のものが多いと感じています。ですから、 ちょっと昔の話が多くなりがちになるのは覚悟してください(笑)。

ここは全く変更する必要がありません。この前のエントリーで北欧の歴史とピエール・ポランの語りをリンクさせましたが、こういう対話は欠かせません。ただこれを読まれる方の想定範囲が当初より広くなりました。ブログスタート半年は、デザイン関係者やデザイン好きの方たちがメイン想定読者でした。つまりメトロクスで商品を買っていただく方たち(あるいは近い人達)のサロン的存在をイメージしたところがあります。もちろん今もそれはありますが、プラスアルファがあります。デザインやインテリアなどに意識して好きとは思ってこなかったけど、ぼくのブログでいろいろな視点のあり方に接していただくうちに、このオンラインサイトで紹介されているデザインに自然に興味をもってもらえるといいなと考えています。別に「サブリミナル作戦」というわけではなく、ある価値は具体例で知っていただくのがベストだろうと思うのです。

st

今、メトロクス東京店で「ビトッシフェア」を開催しています。フィレンツェ郊外にある歴史ある陶器メーカーの製品を現行品のみならず(彼らの倉庫に眠っていた)デッドストックから含め紹介しています。以前、イタリアの品質の考え方やそれをどう伝えるかという記事を、ここの製品を材料に書きました。そして、工房現場の様子も紹介したことがあります。ビトッシで長い間アート・ディレクターをつとめたアルド・ロンディは第二次大戦中、アフリカで捕虜の身になりましたが、そこでも陶器作りの腕を磨いたといいます。ソットサスも彼の腕を頼りました。しかし、こういう歴史を知らずに、メトロクス社長の下坪さんは20代の頃、アメリカで「いいなあ」と思ってビトッシの製品とは知らずに作品を買い集めていました。そして10年後、ビトッシの工場でかつての作品に出会いました。これはビトッシの作品の価値を物語る象徴的なストーリーです。文化が分かるというのは、こういう総体へ繋ぐディテールの集積によるのですが、ビトッシは一つの「学校」です。

04071801_49db165943b1f

少々話しがずれたように思われるかもしれませんが、「さまざま」を知らないで全体には迫れないし、全体を見ようという意図と視点の確保がないと全体は見えてきません。これまで人に自分の読書経験を伝えるのは気が進まなかったのですが、こういうパートもあえて出さないと説得性に欠けるかもしれないと思い、本のレビューも書くようになりました。「さまざま」は断片ではありません。断片の集合体を目指すものです。この姿をおぼろげでもいいから浮かび上がらす・・・・これが、このブログを書く目的の一つです。

Category: このブログについて | Author 安西 洋之  | 
Date:09/8/11

300回目の投稿になります。昨年1月からスタートしたこのブログですが、100回目も200回目も何も気がつかずに通り過ぎたのですが、今回は296回あたりで「そうか、300になるか・・・」と気になりました。少しはデータバンクになってきたかなと思いました。それはアクセスアナリシスを見ていて、検索エンジン経由のキーワードを眺めていて、「こういう言葉でも、ここに来るのか」という意外な言葉が多くなってきたことからも感じます。自分が狙った言葉とは違う言葉でアプローチされるところにこそ意味があると思うのです。

tck

また、ぼくの36冊を選択してみて、去年書いた「ぼく自身の歴史を話します」と実に並行しているなあとの感慨ももちます。自分で気づいていなくても、読んだ本は自ずと自らの歴史を語ってくれるのです。36冊を選択してコメントを書いたレポートに付した感想を以下に転載します。

自分の考え方のコアをなす12冊が、ほとんど10代から20代に読んだ本で、30代になって読んだ本は一冊だ。これはあまりに勉強不足というべきか。やや驚かざるをえない。これはある意味、怖いことだ。しかし、振り返ってみて、30代以降は人との出会いと触れあい、あるいは自分自身の活動で得た経験が、圧倒的に自分のコアを作っていることは確かだ。

つまり、30代以降に読んでいる本は、自分の専門とする分野か、現代性を主題とするカテゴリーに入る。「これは仕事に役に立つ」「これは今を知るのに良い」という視点が強くなっている。本当は、自分の判断の核をなす本として、最近読んだ本を入れたいと思って努力(?)もしたのだが、どうしてもそうはならなかった。もっと、自分の受け皿を柔軟に保つ工夫が必要だ。

一方、36冊を選びそれぞれにコメントをつけるという作業が、こんなにも面白いものとは思わなかった。このテーマを考えた管さんに御礼を申し上げたい。優れたアイデアだ。自分が考えてきたことが、このようにアッサリと視覚化されてしまい、呆気ないほどだ。ただ、留保をつけるなら、専門とする分野をどう設定するかで、36冊の流れがガラリと変わってくるのではないかとも思った。

今、ぼくはヨーロッパ文化をどう日本の人に伝えるかを考えている。そして、実際、本やブログも書き、多くの人の前で話すこともはじめた。もともと全体性の理解に対する拘りが強かったが、多くの経験を積み、それをある時点で統合しようと思ったとき、「ヨーロッパ文化」という具体的な名称で、ぼくの頭のなかに統合の事例として現れたのだった。

ただ、実を言えば、ヨーロッパ文化を伝えるとは、ヨーロッパに関する情報を伝えることと同義ではない。言ってみれば、新たな視点や考え方を提供するにあたってのネタである。しかし、それはよく言われる「〇〇で何が分かる」「〇〇に役に立つ」「〇〇に学ぶ」という次元とは距離をもつ。ぼくの狙いは、異文化の人達と一緒に何かをするための文化理解とは何か?を突き詰めることだからだ。そして、まずは、その目標ラインを「ビジネスのため」と限定している。あえて線引きすることで、伝える内容の構造が見えてくるのではないかと考えている。

ただ、注釈が必要です。(1)の自分を作った12冊の本は入れ替えにくいと書きましたが、正直なところ、自分の読んだ本を思い出せ切れないという事情があります。1990年3月イタリアに来たとき、これからどうなるかも分からないので、二つのスーツケースに入るものしかもってきませんでした。もちろん衣服が主体で書籍はありません。その後、日本の実家の本棚から少しは移しましたが、そのうちに僕の本棚からぼくの本は消えうせ、親父の本に入れ替わりました・・・。ぼくの本は物置にまとまってしまわれ、本棚にある本の背表紙を眺めながら過去を振り返ることができなくなったのです。今思えば、花田清輝、森有正、小田実などの本にも影響をうけたのですが、これは遠くなりつつあった記憶の中にある本なのかもしれません。しかし、書名なんて忘れて本望です。本のために生きるのではなく、本は生きるためのアシスタントなのですから・・・。

Page 1 of 212