ローカリゼーションマップ の記事

Date:11/11/20

このドラマ、毎週、視聴率がぐんぐんと伸びているそうです。松嶋菜々子演じる家政婦ミタがまったく笑みや感情を出さず、ロボット的に仕事をこなしていく。ミタは崩壊した家庭に派遣されているのですが、その家の各メンバーがそれぞれ勝手に自分の気持ちを「正直」に表現し、ダイレクトにミタにいろいろな依頼をすると、ミタは「承知しました」と受けていくのです。それで、「小さな(?)正直」は「大きな破綻」をどんどんと製造していきます

透明性ーものごとは隠すことなくガラス張りにするほうが良い。暗示的であるより明示的であるべきだ。説明責任が常に問われる。その時々の感情は抑えるべきではないーという言葉が世の中を闊歩するなかで、それが一方通行的に進むことが適切なのか?というテーマが、ここで問われているのではないかとぼくはみます。今や、情報提供のプレッシャーが非常に強いです。数々の企業不祥事などからの反省も当然の成り行きながら、「ガラス張り」があるゆる局面においてベストチョイスなのか?といえば、そうとも言えないことが多々あります。一生隠し通したほうが全体の幸せを作ることもあります。

この月曜日、日本に来ました。その翌日、赤坂のインターコンチネンタルホテルでアリババのサプライヤーDAYがあり、およそ450人を前にローカリゼーションマップについて講演する機会がありました。そして他の方のパネルディスカッションを聞き、お会いした方たちと話していて、ネット上だけで異文化市場を読む難しさを考えました。難しいが、経済的リターンが即見えないところでネット上の情報に頼るしかないパターンが非常に多い。よって、「だからリアルな経験が必要なんだ!」とは言わない道を探さないといけません。ネット上には有象無象の情報-このブログも!-が徘徊していますから、どのように実態に近い情報に出会うかー出会えるかーは成功への分岐点になります。

この問題は昨日の勉強会「インフォグラフィックにみる文化差」でも提示され、面白い表現が目につきやすいということと、第一次情報から含めて信頼に足るレベルであるかどうかは別問題であり、現状、ここに多くの「穴」があることが浮き彫りにされました。情報の受け手が「分かりやすさ」「伝えやすさ」「共感のされやすさ」を重視すればするほど、本来かえりみられるはずの情報そのものの質の検証作業が遠のくというパラドックスに陥っています。定量情報ならよく、定性情報により不安だと述べる前のレベルで、そもそも情報がどのアングルから把握されたものであるかの確認が習慣化されていないのです。眼前に提示されている情報の「裏読み」の仕方を学ぶ必要があります。

ヨーロ危機およびイタリアの現況について多くの人から質問を受けますが、今回の問題の一つに、やはり透明性が挙げられています。たとえば、イタリア社会全体の「暗示的表現」を批判することを、英国の雑誌「エコノミスト」は大きな役割として任じている感がありーそれは対日本もそうですー、今回のイタリアの市場の「売り」は、まんまとその批判のツボにはまっています。イタリアの社会が変わらなければいけない点もたくさんあるのは当然ながら、批判の尻馬に乗るのも愚かではないかと考えています。それは、ユーロの優等生であるドイツを一方的に絶賛するわけにもいかない躊躇がアングロサクソン系雑誌ゆえに見られるからです。ここに「裏読み」が不可欠だと思います。

第一次情報が自分で経験したことであったとしても自分の視座には自覚的でないといけませんが、だれがポストしたかまったくわからないネット上の情報をどう選択していくは、前述したように、今を生きるに大きなテーマです。だからこそ、信頼を獲得したいとの思いが強い発信者は情報提供過多に陥ります。そして、多くの矛盾が指摘されて墓穴を掘る可能性が高くなります。が、その矛盾こそが信用できるとみる受信者もいますから一概に否定はできません。しかしながら、少なくてもこの構図を常に意識しないといけません。たまに軌道をはずしながらもなんとか全体的な信頼を得ていかないといけないーちょっとTwitterでクリティカルな反応を受けても気にしないで全体像をより確実なものにしていくー根拠をどう自分で強いものにしていくかが「鍛錬」の目標になります。

ミタが派遣されている家庭のメンバーは、ミタにそのような「鍛錬」を目的としたトレーニングを受けているのではないか・・・とみると、ドラマとしてはつまらないか(笑)。

Date:11/11/12
今朝、Twitterを眺めていて東大 i.school の横田さんのTweet に目がとまりました。
yokota8 YOKOTA Yukinobu 横田幸信
神永先生「物知りであることは、新しいことを思いつくことの基盤になっているようだ」、堀井先生「どんな知識をもっているかということも大事。知識の量だけではない。幅広ければよいというわけでもない。どんな知識がアイディア創出に必要か。そこを特定する研究必要」 #ischool_kmb

 

 

これを読んで一つピンときました。かつて「捨てる!技術」を世に問い、今、家事塾を主宰している辰巳渚さんが昨日フェイスブックに書いていたことです。

今日はほぼ終日、家にいました~。ある教育雑誌の取材を受けていたんだけど、話していてふと、「ようやく自分の言葉で話せるようになったなあ」と嬉しくなりました。雑誌の記者として働き始めたのが20余年前。人前で講演などで必死に話すようになって10年。家事塾を初めて、数多くの講座をこなすようになって3年。自分の血肉のような言葉が自然に出てくるようになった! そう考えると、ひとつの仕事をして、ようやく一歩踏み出せるのに20年かかるのかなあ。ワカモノは、のんびりしているヒマはありませんね。あ、それとも、私が成長が遅いだけなのか。

「自分の言葉で話せる」ことと「新しい発想を生む」ことは一見関係ないように見えますが、「新しい発想を生む」のが単なる思い付きのアイデアではなく、長期的にも生き残れる発想とのレベルで語るなら、この二つは強く結びついてきます。ぼくは辰巳さんに「そうですね。20年。言えるかも」とコメントしたら、「安西さん、前に話してくれた「インテグレート」という視点は得がたいものでした!」という返事がありました。そこで、辰巳さんに数年前、ぼくの「インテグレート」について話したことを思い出しました。以前、「ぼく自身の歴史を話します」で書いた内容です。ぼくがイタリアに来る契機を作ってくれた宮川秀之さんの奥さんの葬儀のことです。

その マリーザさんが2003年のクリスマスに突如この世を去ったのです。数日後、ぼくは雪の積もるトリノの教会に駆けつけました。

葬儀で神父 は「マリーザは若い人たちの世話など細かいことを日々丁寧にこなしながら、いつもその先に大きな目標を設定し実現に向かい、小さな日々のことどもを将来的 に統合することに生きた」という意味のことを語ります。その瞬間、この「統合」(英語でいうintegration) という言葉が身体中を駆け巡り、「統合」とはどういうことを意味するのかが体で理解できたのです。ここにぼくのひとつの転機があります。

職業経験を車業界からはじめ、濃淡の差はありますが、それまで文化、建築、建材、工業デザイン、家具、雑貨、ハイテクといった分野をみてきました。 そして2003年は、カーナビなどの電子製品のインターフェース、それも欧州市場向けのローカライゼーションのプロジェクトにも足を踏み入れつつあったの です。これはぼく向きの仕事であると瞬時に思いました。今まで関わったすべての経験が活用できるのです。あえて言えば、「知識が分断された人間」には分か りにくい世界だろうと感じました。1990年代初め、一台1億円のスーパーカーの品質を見るようにと宮川氏から言われたことが、「職務分担された自分」へ の訣別の契機になりましたが(実は、その時からルネサンス的工房やバウハウスのコンセプトが気になりはじめました)、この2003年末のマリーザさんの葬 儀をきっかけに、自分の「人間力」そのもので勝負する心構えができてきたのです。

たくさんのことを知れば知るほど新しいアイデアが生まれるわけではありませんが、あまりに乏しい知識や経験で勝負しても確率が低いのも確かです。横田さんが参加していたイベントにおける「新しい発想」は、ぼくが引用した「自分の人間力そのもので勝負する」とはふつうつながってこないと思います。しかし、そう簡単には破綻しないコンセプトに発展する発想と考えると、この2つはつながってきます。辰巳さんの「自分の血肉のような言葉が自然に出てくるようになった!」は、まさしく、そのレベルをめざして歩んできたからだと思います。そのレベルとは、マリーザさんの例でいえば「日々の小さいことの向こうの地平線に大きな目標を設定していた」が該当します。

よく夢はでできるだけ具体的にノートに書けと言われますが、それは自分の守備範囲を意識するようになるからです。そうすると眼前に散在しているとしか思えない小さなことどもが、ある形状をもって、あるいは色分けされ、それぞれのグループを結ぶ線がそこはかとなく見えてくるような気になります。「気になる」。それでいいのだと思います。また、危険が迫っている状況で、人の視界は広がると言います。分散するディテールをまとめようとする意思もでてくるでしょう。すなわち、先に大きな目標を描く、意図的に自分を「不十分な状況」におくことが、新しい発想を持つに至る契機になります。そして、それが自分の言葉をもつことにつながります。

堀井さんが語った「どの知識が必要か」は、別の機会に書きましょう。

Date:11/11/12

息子の小学校では1年生と最高学年の5年生が絆をつくる「ジェメラッジョ」というしかけがあり、それぞれの5年生がツインとなった1年生の一人の面倒を何かとみます。毎日、食堂で昼食を一緒にとることからはじまり、さまざまな課外活動で一緒になる機会を作ります。息子も1年生の時、5年生の世話になったことは深い思い出となっているようで、高学年になると「早く担当の1年生が決まらないかな」と言うようになりました。今日、そのジェメラッジョの「儀式」があり、寸劇や合唱を見に行きました。

相変わらずイタリア人の子供たちの表現力の良さに感心します。正確に言えば、他の欧州や中東、南米、アジアの子供と多様です。中国社会にどっぷりと入りやすい中国人の子供は若干動作が遅いことがありますが、みんな怖気づくことなく、思い切り声を出し、ぞんぶんに腕を伸ばす。音程がとれていなくても気持ちが良いです。実に子供らしくはじけています。こういうイベントだけでなく、ピアノの発表会でも思うのですが、上手い下手は別にして、「らしい」雰囲気を作り、曲も「らしく」歌うのです。ショパンはショパンらしく。どういうわけか、「らしく」なるのかのコツを自然と身に着けているのです。

「つまみ食い」にあえて賛成してみる』で書いたような「つまみ食い」の効用がここに出ているかと問えば、直接の影響はないかもしれないけれど、「緩い線をつなぐことを優先する」との考え方が生きていることは確かです。ぼくはローカリゼーションマップで「大ざっぱに地域を理解する重要性」を強調していますが、これも「らしく捉まえる」と言い換えられるかもしれません。つまり、緩い線の途中にあるいくつかの(若干太い線を予感する)「点」で説得性があれば、その間にひかれるラインは少々弱くてもよく、そこに「らしさ」の姿が見えてくると考えます。

来週月曜日から約2週間、日本に滞在します。新しいプロジェクトの準備をしながら、15日の赤坂インターコンチネンタルホテルでのアリババ会員向け講演を皮切りに、セミナーなどをこなしていきます。公表できるものについてご紹介しておきます。

16日、日本の伝統工芸を子供のために生かしていこうという慶応大学の学生、矢島里佳さんとローカリゼーションや教育をテーマにトークセッションに参加します。ローカリゼーションマップと子供の教育を結ぶものが何かなと考えていて、上述のようなラインをひいてみたわけです。19日はインフォグラフィックの文化差について勉強会を開催します。大幅に定員を超える参加応募があり、この問題に対する関心の高さを認識しました。 

28日はUXD initiative研究会として「イタリアンライフを題材にしたローカリゼーション・ワークショップ」を行います。異文化のコンテクストをつかみ、それにフィットする商品をデザインすることをテーマに実験的なワークショップを行います。これは募集をスタートしたばかりなのでまだ席があります。