ローカリゼーションマップ の記事

Date:12/1/26

2月25日に「アーカイブの時代変遷と地域差異」をテーマにした勉強会を実施しますが、28日番外編を行うことにしました。いつものように講師をお呼びするのではなくワークショップ形式で議論する場にします。

参加希望者は、anzai.hiroyuki(アットマーク)gmail.com かt2taro(アットーマーク)tn-design.com までお知らせください。議論に積極的に参加していただける方、本研究会の今後の活動に貢献していただける方、大歓迎です。内容に一部変更になる可能性がありますが、その際は、ご了承ください。場所はいつもと同じく、六本木アクシスビル内のJIDA事務局(http://www.jida.or.jp/outline/)です。

2月28日(火)18:30-21:00 「本社の国のイメージと商品ブランド力」

グローバルビジネスになればなるほど本社の場所は関係ないと言われがちです。しかし、はたしてそうでしょうか?アップルはアメリカ、ネスレはスイス、メルセデスはドイツ・・・というように会社の国のイメージと商品ブランドは緊密な関係にあります。その一方、HTCやエイサーのように、本社の場所を知っている人は知っているけれど、さほど国のイメージが効いていないと思われる事例も身近にあります。また電子機器だけでなく、キッコーマンの醤油にみるように、日本食のためではなく各地での料理に合う調味料として販売する戦略事例も少なくありません。

ここの一つの調査報告書があります。昨年3月13日以降に世界9か国で日本や商品のイメージに対するリサーチを定期的に実施した結果です。これをみると、商品カテゴリーによって津波や震災後の原発事故により信頼性がさほど変化しないものと低下しているものに分かれます。あるいは生産場所と本社の場所へのイメージと商品イメージをみると、各国の日本へのイメージとは当該国の自国イメージとの釣り合いのもとで構成されているかもしれないと推察される結果があります。

本勉強会では、上記の報告書にあるデータを基にワークショップ形式で「自分の商品の見られ方」について議論していきたいと考えています。

参加定員数:15名
参加費:1000円(飲み物や軽食を用意します)

 

<冒頭の写真は、2月25日勉強会の告知で掲載したドローイングが作品となったものです>

Island: an existence of nine years. 2002-2011. Mixed media. 180x310x105cm.
Installation view “Winter Garden” at Maria Grazia Del Prete, Rome, 2012.
Foto: Tartaruga – © 2012. Satoshi Hirose All Rights Reserved.
Date:12/1/18

イタリアの子供たちをみていていろいろな点に気づきますが、そのひとつに自分をさらけ出すのにあまり躊躇がないということがあります。たとえば、何か人前でするときにアガルとしても、「今、あがっちゃってる」と言える。何か発言をしなければいけないとき、「もし言って間違っていると恥ずかしいから言わない」と言う。黙ってうつむくのではなく、非力な自分をそのまま表にだすわけです。反対に言うと、だからこそ言い訳が上手い子供になりやすい。それこそ「可視化」が訓練されています。良くも悪くも・・・・。

今、「可視化」がとても流行っています。暗黙知が避けられ、文章が避けられ、図式化されるーインフォグラフィックの隆盛ーことが情報伝達の効率を向上させると思われています。ただ、効率の向上が実質的な理解にどこまで貢献するかについては別の話になります。とっかりはいいけど、分からないものは分からない。何でも漫画にすれば深い理解を促すのではなく、漫画はあくまでも親しみを喚起するだけです。あまり動きのない登場人物が難しい言葉で話し合っている漫画はやはり難しいのです。

「可視化」と並んで「ワークショップ」が多方面で活用されています。正直に言います。かつてーこの10年くらい前までー、ぼくはワークショップはもとより講演会も嫌いでした。一対一で質問をしながら聞く話は良いのですが、多くの人と一緒に一方的に話しを聞くことに関心がありませんでした。ワークショップは参加したときは清々しいが、日常に戻ると「あれは何だったのか?」と非日常への逃避のように思えたものです。そのぼくが、現在、講演会で人の前でしゃべりワークショップを実施しています。これは、ぼく自身の変化だけでなく時代の変化によりところがあるのではないかと思います。

あることの理解には自らの体験がどうしても必要です。しかし、すべて体験が必要であると言い張っていれば、人は膨大な時をかなり非効率に生きざるを得ません。のんびりした時代はそれも良かったでしょう。大きな失敗をしてもリカバーの余地のある時代はそれも通用しました。だが、あらゆることがスピードアップし、おおらかな失敗をしている余裕のない今、「如何に小さな失敗を効率よく自らこなしていくか」が成功の秘訣になりつつあります。しかも、そこにはリアリティがないといけません。

これがビジネスの現場で「可視化」と「ワークショップ」を後押しする理由ではないかと考えています。いや、少なくてもぼくはそういう意図で講演会を行いー文章を読んでの理解を視覚的にアシストするー、ワークショップで小さなずれを微調整しながら既定の枠を柔らかいものにしていくのです。同時に、小さなミスは大きな可能性の前に矮小化され、大きな展開の活性剤となることも学んでいきます。これを「非日常の発想の転換」ではなく、日常のなかのテーマを解決するために利用していくことに意味を見出すのです。

ミラノサローネというイベントの位置づけも、こういうフレームで眺めてみると納得のいく点が多いはずです。

Date:12/1/11

ローカリゼーションマップの勉強会をスタートしたのが2010年の3月。1年目6回、2年目6回と偶然にも同数の実施でした。昨年最後は「インフォグラフィックにみる文化差」でした。

2012年は13回目の勉強会で幕開けです。今年も6回実施を目標にスタートです。

参加希望者は、anzai.hiroyuki(アットマーク)gmail.com かt2taro(アットーマーク)tn-design.com までお知らせください。議論に積極的に参加していただける方、本研究会の今後の活動に貢献していただける方、大歓迎です。内容に一部変更になる可能性がありますが、その際は、ご了承ください。場所はいつもと同じく、六本木アクシスビル内のJIDA事務局(http://www.jida.or.jp/outline/)です。

2月25日(土)16:00-18:00 「アーカイブの時代変遷と地域差異」

かつて資料保存には努力が必要でした。とくにスペースとの戦いがあり、それだけのコストをかけて物理的に資料を保存する意味があるのかを常に自問しながら自らと人を説得していく必要がありました。が、時が経過し保存された資料の意味が「浮上」してくるものです。歴史はこうして作られてきました。つまりアーカイブの価値を知ることは、歴史に評価されることを念頭におくことにほかなりません。国によって違うジャンルの博物館があるのも、その点からみると興味深いです。

一方、多くの情報がデジタルで保存できるようになり、特にクラウド上に情報が存在するとき、今までのようなコスト計算が不要-話をシンプルにすればーになりました。アーカイブはあるシステムにのれば「意図的にではなく無意識」にできるようになりました。Tweetして失敗したと思った記述を自らのタイムラインから消去しても、アーカイブシステムがおせっかいにもデータを守ります。フェイスブックを利用してライフログを自動的に作れるようになりました。

ここにアーカイブに関する考え方の変遷や地域文化による差異を探索していく意義があります。

どこか新しい国に出かけるとスーパーに入り生活者の日常を探ることを楽しみとする人は多いでしょう。しかし、そうして世界中のミルクを買い集めてパッケージデザインなどから社会分析する人はそんなに多くありません。しかもスーパーだけでなく、郵便局や病院にも出かけてシステムを観察し、その国の文化や社会の特徴を知ろうとする人はさらに珍しいです。

その珍しい人が柳本浩市さんです。縄文時代からのー古今東西ーさまざまなアイテムをコレクター以上のコレクションをもちながら「ぼくはコレクターじゃないんです。これだけモノを集めていて、こういうのもなんだけど、ぼくはモノの周辺に興味があるんです」と語る人です。アーカイブの意味をリアルに語っていただくなら、この柳本さんをおいていないでしょう。

参加定員数:20名
参加費:1500円(18:00-20:00の懇親会参加費を含む)

講師:柳本 浩市(やなぎもと こういち)

今回のテーマにあわせ、検索で出てくる柳本さんのプロフィールを掲載します。

→Twitter での自己紹介
@metaboyana  リアル中西という次世代型飲み会主宰。過去の情報や物を貧欲に収集し、そこから見える歴史背景や社会性と心理を読み解き、将来の商品開発や教育、戦略を企てる仕事。つまり考古学や社会学のような研究を実ビジネスやリアルライフスタイルに繋げる仕事をやってます。

→「Openers」で柳本さんの連載でのインタビュアー紹介

http://openers.jp/interior_exterior/yanagimoto_kouichi/index.html

オンラインブックストアで『Design=Social』の著者紹介

歴史に名を残したデザイナー、メーカー、ブランド、デザイン形態……。エアラインや北欧ブームの仕掛け人でもあり、現在はKDDIなどのデザインアドバイザーも務める柳本浩市氏が、その成功の背景にある理由を紐解きます。そこから見えてくる未来のデザインのあり方とは!?

→ぼくが「『Design=Social』を読む」で書いた柳本さん紹介

http://milano.metrocs.jp/archives/3589

 

尚、フェイスブックのページ(下記)でもローカリゼーションマップの最新情報を提供していきますので、このページを「いいね!」に入れておいてください現在、1335人の方にフォローいただいています。

http://www.facebook.com/localizationmap

 

冒頭のドローイングについて

Image drawing for the exhibition “Winter Garden” © 2012 Satoshi Hirose All Rights Reserved.

ローマのGalleria Maria Grazia Del Prete (1月23日から3月24日)にて作品が展示されます。9年間に作家自ら消費したペットボトルのキャップに小麦粉を流し込み島を作りました。台座の側面に小さなくぼみがあり、そこに金の豆がおかれています。ある日常的に使われるものを通じ、具体的な概念が時と文脈によって変貌していくことを可視化しています。今回の勉強会とのテーマと非常に近いと思い、ご紹介することにしました。作品の写真を1月23日以降に掲載します。