ローカリゼーションマップ の記事

Date:16/2/15

今月のはじめ、思いついたようにnoteをはじめました。

6-7年間、ツイッターとフェイスブックをやってきたし、並行してインスタグラムやニューズピックスなどにも登録をしてきました。色々な思考回路を確保しておこうというつもりでした。しかし、インスタグラムはぼくにとって時間つぶしでしかないなあという感じが拭えません。ニューズピックスもずいぶんと眺め、「ニュースに関してこんなに意見交換しなくてもいいよな」という気がやはりしました。フェイスブックで散見する意見で十分かな、とも。それらを必要とする人たちはやればいいけど、ぼくが今時間を使うとすると別のところかな、と思ったのですね。じゃあ、何がいいのか?

ソーシャルメディアも場を変えると、違った意見や見方が見えてくるわけですが、そうそう沢山のアカウントをもって全てをカバーはできない。一つのネタでどの場にも流し込むということができますが、それはあまりやりたくない・・・と迷っていたのです。ツイッターをフェイスブックに流すのも、なんだかなぁと思うタチなので。

毎週、サンケイビズにコラムを書いて4年近くになりますが、一回の原稿の目安が1500字です。これを書きながら、並行してもっと少ない字数で気楽に書きたいなあとぼんやりと思っていました。ハフィントンポストに書くのもいいですが、結構、荒波に漕ぎ出す覚悟を要されるところがあって気楽さとは縁遠いわけです。このブログも500字周辺だと短すぎます。画像中心にしないといけないでしょう。レイアウトとして500字が似合うところが条件になります。メールは少々字数がないと寂しいけど、チャット形式のメッセージは1行でいいとか、それと同じです。

・・・なんのために、新たなチャネルを欲しいと思うのか? これをもう少し考えてみました。

自分の考え方をじっくりと整理することを優先する。それが第一です。あまりビジネスのことがざわざわと語られるところでなく。第二としてあまりに人が集まり過ぎていないところ。まあ、今のところですが。

で、noteです。なんとなく、今はここが目的にあっていそうだ、と。それで、まずは7年前に書いた、自分の考え方や判断力をつくった12冊のレビューをアップデイトしてみました。これは自分の判断力を実際につくっているというより、自分の考え方のモデルとするものをどこからひっぱってきたか、ということを整理しています。ひとつの領域のスペシャリストになることよりも、複数の領域をまたぐ人間であるためのロジックとか、混沌とした状況で落ち着けるコツとか、そういう支えをしてくれる本を自分の味方につけてきたのが、振り返ってみるとよく分かります。

この12冊が昨日終わったので、今日から自分の専門の12冊です。専門はもたないのですが、よく足場にするところで、欧州文化とデザインの12冊を見直しています。とりあえず、1日1投稿です。

Date:15/12/4

年の瀬だし、今日、日本に来たことだし、ちょっくらとだらだらとしたブログを書いてみようかとミラノから飛んでくる間に思いました。最近、ほぼ日の「イタリアで、福島は。」の短期連載の原稿を書くのにけっこうエネルギーを割いていたこともあり、これを書き終えてホッとしているところです。掲載は今日が8回目で、12月8日が最終回ですけどね。だから、ホッとするのは気が早いんだけど。今週のはじめ、サルデーニャ島の地域開発「国際化」のシンポジウムにに招かれて島の東側に行ったら、なにかアイルランドの西側に行ったような、静かな大人の風景(←こういう表現はあるのか?)に囲まれて、かなり気分が良かったです。そう、そう、大人といえば、昨日、日経BPのサイトで、この記事がアップされました。30人のイタリアオヤジを紹介する連載が終わり、今は他のサイトで女性の生き方を取り上げています。この女性は弁護士ですが、カッコイイです。いやいや、これまで紹介したどの女性もカッコイイので、アーカイブも見てください。

明日5日は金沢に行きます。日曜日に講演会があるのですが、初めての場所なので少々街を見ておきたいなあ、と。すると北陸は悪天候の真っ最中と知って、ちょっとおののいています。いや、そんな天気ごときでおののいてどうする!ということでもあるのですが。少なくても、21世紀美術館だけは行っておきたいです。そして日曜日は夜に長岡に行って、酒を呑む・・・はず。火曜日以降でお知らせしておくイベントというと、9日の『食の安全と正しい情報の伝え方日伊共同シンポジウム報告会』です。これは裏方なんですが、東大の早野龍五さんの講演と早野さんと糸井重里さんの対談です。冒頭で紹介した「イタリアで、福島は。」で書いた9月22日にミラノで開催したシンポジウムの報告会です。これはですね、大きなテーマでいえば、人のアタマで理解することに、心がついていくか?ということなんですね。とっても面白いと思います。

来週はイタリアからのお客さんと一緒にいる日がわりと多いだけでなく、これからスタートするイタリア関連の仕事のための東京での下調べが多く、イタリアづいています。えっ、そうなの?いつもじゃないの?と思われるかもしれませんが、このごろ、ローカリゼーションマップの関係でイタリア、イタリアした感じのことをあまりしなかったのですね。イタリアが関係していても、イタリア、イタリアしていない、と。でも、東北食材や酒の欧州への紹介なぞをやっていると、バッチリイタリア!という感じのものをやってみたくなってくる、という具合です。

だからというわけでもないのですが、15日には六本木のJIDAで「ミラノ万博とローカリゼーション -ミラノからの情報発信の意味を考える」という勉強会をやります。ミラノ万博が10月末に終わり、一通りの数字は新聞などで発表されたのですが、何がどうビジターの頭と心に残ったのかは、これからこっそりと語られるのではないかと思います。主催者はいいことしか言わないから、そうではない人たちが「実はね、あれを見てこれを考えた」みたいのは、これから出るか出ないか、なんですね。これをやってみたいのは、万博というイベントにつきものの否定的な意見と賛辞の間をつく、というのもありますが、ミラノは来年、サローネだけでなく国際博覧会としてのデザインイベントを半年間やるわけです。サローネも会場内で「スペース&インテリア」という建材見本市の特別版をやるみたいだし。ずいぶんと商売の的中率をあげていく工夫をするそうで、お金が動くクラシック家具にもフォーカスするようです。

↑↑ ここ、ここ!リナシェンテのデザインマーケットやWallpaperSTORE*のバイヤーに「日本製品の存在感は売り場であるんだけど、売れないんだよ」と言われないように頭を使っていかないといけないのです。サローネのコンテンポラリーだけみて「今年のサローネ、デザイン、イマイチだね」なんて経験者づらしないで、売れ筋を含めて全体像を掴んだうえでの理解と発信を考えないといけませんよね。ミラノという場所を使う意味とか、どういう批評を狙うと良いかとか、参加される方たちとディスカッションしていきます。言ってみれば、質の高いフィードバックを得るための装備をどうするかではないか、と。

さて、明日は金沢で何を食べようか・・・・。

 

Date:15/3/28

いつの間にか、文章を書くことが多くなりました。今年定期的に書く場が紙とネットの媒体で6-7はありますが、自分の考えていることの妥当性をビジネスのために確認するというのが、そもそもの目的でした。いろいろなところで書いていますが、2008年に「ヨーロッパの目 日本の目」を上梓したのは、その数年前からアイルランドのユーザビリティやローカリゼーションをテーマとする会社と一緒に日本の自動車や電子デバイスのメーカーと付き合っているうちに、ふつふつと湧き出てきた僕自身の欲求でした。マーケティングや販売の担当はさておき、商品企画やデザインの人たちが異なった文化を理解するすべをあまり身に着けていないことに気づき、ヨーロッパを例に「文化ってこう理解するといいですよ」と語るためです。決して文章で食っていく、というわけではありません。ただ、最近、僕自身のネットとの付き合いの歴史を聞かれたとき、ふと思い出すことがありました。

僕がイタリアに来て一貫して注意していたのは、「イタリアだけを売りにするタイプ」にはならない、ということでした。また、イタリアと言えばアレ、というのも当初避けていました。トリノでクルマやトスカーナで文化センターのプロジェクトに関わっていれば、十分に「イタリアと言えばアレ」ですが、僕の気持ちとしてはそこに浸るのを微妙に避けていました。ミラノに来てもそうで、スタジアムなどの構造設計で著名な事務所のプロモートの一端を担ったのも、サローネに代表されるミラノの家具デザインビジネスと距離をとりたいとの気持ちが引っ張っていたのでしょう。例え家具やデザインプロダクトといえど、十分に知られた名前やカタチであっても、より「イタリアを超えている」ことが、僕の心の落ち着くところでした。あるいはオンオフの手作りではなく量産であることにこだわってきたのも、そのあたりの指向と重なります。

ネットの付き合いの履歴のなかで思い出したのが、メーリングリストです。パソコン通信には嵌らなかったのですが、メーリングリストには相当に熱心になりました。90年代末にあったビットバレーのメーリングリストやそこから派生したもの、はたまた別のテーマ・・・いろいろなところに顔を出したのは、「イタリアをテーマにせずにどこまで自分の考え方で人を説得できるか?」を知りたかったのです。そうはいっても、「イタリアの例では・・・」というフレーズはどうしても出てきます。第三者からみれば「またかよ」と思われていても、僕としてはギリギリのところで抑えていたつもりでした。その後、2004年頃からSNSの時代に入り、やはりいくつかの場所で自分の表現の領域の設定をさまざまに試みてみました。そうした10年近いトライアルを経て本を出したことになります。ネット以前は、紙媒体より原稿を依頼されるにはすでに世に名が出ているか、プロの書き手であることがふつうだったのです。しかも、僕はビジネスプランナーとして黒子に徹することを信条としていたこともあり、ビジネス以外の目的で人に見せる文章を書くことはほとんどありませんでした。

とにかく、長い間、イタリアのことはたくさん語り書いても、「イタリアってこうなんですよ」というポイントだけで話が終わらない・・・ということは考えてきました。最初の本がイタリアではなくヨーロッパまで範囲を広げたのもそうだし、二冊目の「マルちゃんはなぜメキシコの国民食になったのか」はイタリアを主要舞台にしていません。三冊目の「世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?」においても、イタリア企業はとりあげた企業の20%程度におさえました。しかし、僕の何気なく用いるケースが圧倒的にイタリアの現象であるのは否定のしようがないし、本や記事を読んでいらっしゃる方が「イタリアの経験ね」とみることに抗弁する気はありません。

これほどに長い期間、「イタリアの・・・・」というポジションを避けていた僕が、一昨年から「イタリアオヤジの趣味生活」という連載を書いている。たまたま編集の方とジャカルタを走っているタクシー車内で、そういう話になって書き始めたという「人生の不思議」みたいなものがあることは脇においておくなら、僕自身のなかで「そろそろ、イタリアについて語っていいかな」との心が芽生えはじめたのもあります。1990年にトリノに来てビジネスプランナーになるべく師事した宮川秀之さんというイタリア生活文化の体現者を身近に見ていた僕ごときがイタリアを語るのはおこがましいと思っていた。いや、今もそういう気持ちは十分にあります。宮川さんがジュージャロと一緒にカーデザインビジネスのトップをきわめ、黒澤明と人生を語り合う生活をしていたからではなく、毎日が冒険的な生活になるべく本能的に動いている人を前にして、何を言っても僕自身の浅さを感じてしまうのです。といって、いつかは僕自身もイタリアを語らないといけない時があると感じ始めていたわけです、数年前から。

やっぱり、語るのは難しいです。特に語りつくすのは不可能に近いです。そんなことをいくつかの記事の締め切りを前に考えています 笑。

Page 2 of 5112345102030...Last »