イノベーティブ思考 の記事

Date:12/10/14

東京を中心に30代半ばの人たちが定期的に集まってワイワイおしゃべりする会があります。日本を何とかしたい、世界を変えていきたい・・・と思う人達が多いのですが、この会でサイトを作ることになりました。ぼくもスピーカーとして参加したことがあるので、コメントを掲載したいと依頼されました。お題は二つで、ぼくが会で話したことの趣旨と、会のメンバーへの一言です。数日前、その原稿を書いたので、ここにも掲載しておきます。それぞれ400字以内です。

ひとつめは、ローカリゼーションマップの狙いです。タイトルは「異文化への苦手意識をどう解消する?」です。

アカデミックに異文化を100%理解しようとしない。ビジネスを前進するには、この心構えが必要。世界を分かるためには、人と会いまくるか、モノをみていくか。これら2つのアプローチがあります。

もちろん人と話すのは大事。が、「人はみんな同じ」か「人は全部違う」という結論ではビジネスに使えません。そこで市場でローカライズされたモノをみて、地域で鍵となるロジックを探るのが有効になります。これがローカリゼーションマップ。ターゲット市場の消費者の頭の働きを理解するのが目的です。

今年から、企業の中でレクチャーやワークショップをスタートさせました。具体的なビジネスプランや商品企画を作るサポートをしていきます。

又、この活動は日本国内だけでなく国外でも行います。第一弾として、9月にバンコクのデザイン振興機関でタイ人のビジネスマネージャーやデザイナーを相手に行いましたが、海外進出を図る参加者から好評でした。

ローカリゼーションマップを端的に説明することを何百回とやってきましたが、たぶん、今時点では、このような表現が一番いいかなと思っています。みるべきモノは最低3つのフィールドにまたがっていることが条件で、「地域で鍵となるロジック」も一つではありません。

一方、二つ目の30代半ばの人たちへの言葉のタイトルは「如何に頭の中を計画的に『更新』するか?」

一番恐れなければいけないのは、頭の中が閉じていることです。どうしても開放させないといけない。そのためにすることは2つです。意図的に場所と時を移動すること。

生活圏500mの範囲でこれができる人もいますが、愚かなぼくには叶えない課題です。どうしても物理的な距離を移動しないとダメなんですね。それでミラノに住んでいる。やはり刺激が沢山あります。外国人ゆえの特権です。

時の移動は、例えば歴史の本をたまに読むことです。そうすると当たり前と思っている考え方が、すごく古い時代に起源があったり、ほんの数十年前に生まれたものだったりすることに気づきます。

大切なのは、そうやって常に頭の中の「更新」を計画的にやることです。ぼくの夢は、新しいコンセプトを作ることです。そのために拠点としてヨーロッパを選択しました。ヨーロッパは「更新の仕方」が他の地域より成熟しているからです。

気楽に遊びに来てください。

場所の移動には言語空間での移動も含みます。物理的に動けなければ、少なくても普段使っている言語ではない言語を意識的に使うことです。

このブログのエントリーを「まだ見ぬ地平線を目指す君たちへ」とややエラソーに書きましたが、この会には既に驚くような活躍をしている人達も多く、ぼくがアドバイスをもらいたいくらいです。ただ、20年近く彼らより多く生きている人間の経験から言わせてもらうと、35歳はあらゆる意味で転換期です。幸運と勢いで撃ち落としてきた鳥も、これ以降、知恵がつき始めます。鳥を飼いならすなり、違った方法で生きていかなくてはいけないでしょう。40代後半以降の「深み」を獲得するためのプロセスとして、「再起動」が35歳と考えてよいと思います。

「再起動」をいつクリックするか。その判断だけは早くしておいた方が良いと思います。

 

 

Date:12/8/11

今週、友人と会って深夜まで酒を飲みながら話し込みました。

彼はアーティスティックな写真を多く撮影してきて、その作品は「味がある」と言われてきました。一点に焦点を合わすことで、周囲がぼやけることが「味になる」。そういうタイプを自分の強みとしてきたのです。しかし、最近になって、一方で「絵葉書のようなステレオタイプ」の写真を大量に撮影するプロジェクトを請け負うことになりました。「絵葉書のような写真なんてつまらないじゃない」という勿れ。そういう写真でないと利用できないケースもあるのです。ビジネスプレゼンで大画面で風景を映し出したいとき、「味のある写真」は困るのです。

何とかできるだろう・・・と思った彼が「味がでない」ために悪戦苦闘したプロセスがとても興味深かったです。撮影は水平垂直や露出度なども全て手引きにそって行なうのは当たり前ながら、撮影後もフォトショップ上で微調整作業がえらく膨大。全て100%の状態にして粗がないかどうかの確認をしていきます。ピントをあらゆる点であわせていくことが、ステレオタイプになるために必要な手順なのです。「アナログの時代であればよしとされたレベルを大きく上回ることが要求されるのがデジタルの時代」という事実を身を持って背負うことになります。

建物も「みなが想像するような」深みのあるように撮影しないといけないので、正面からではなく45度斜めの位置から、あるいは撮影位置を意図的に下げるなりと変えていきます。半年前にスタートした時、合格点がでる写真は30%強だったといいます。「味のある」写真ではプロと通じている彼の技量をもってして、「味のない」世界では右往左往する羽目に陥ったわけです。「何が大変って、食事をする時とか、眠い時とか、そういう怠惰になりたい時こそが撮影のベストタイミングなんですよね」となるから、山の風景を撮りに行っても優雅な時を過ごせることもありません。

とにかく天気が重要です。天候が不安定なところで無駄に取材先で時を過ごすのは効率が悪い。毎日天気予報を追い、「明日だ!」と判断すると翌日の早朝から突撃です。移動もなるべくバスや電車を使うようにしました。彼はここでも発見します。クルマで自由に移動して撮影しているカメラマンの写真は無駄がないというのです。言ってみれば、一つの対象や場所に対するバリエーションが圧倒的に少ないことに気が付きます。バスの出発時刻までに2時間あれば、その周囲をぶらつくことで、新しい視点を獲得できます。それが期待以上の成果をもたらすのです。そうした余裕のある時間を作ることを、彼はこれまでも意図的にしてきたはずなのに、強制的に生み出される時間との間には隔たりがあったと認識しました。

何よりもぼくが感心したのは、ステレオタイプと人が期待する写真は漫然と生み出されるのではなく、ステレオタイプと思われる基準に如何に近づけるかという精緻な努力の結果であることです。彼はこうして今や100%に近い確率でステレオタイプ的な写真を後処理時間も含めて効率的に仕上げることができるようになりました。「あれは、あれですごい世界だ」と彼は語ります。

「味のあるステレオタイプではない」写真を偶然性や勘ではないところで創りだせるコツを得るのも、かなり論理的作業に依拠することになるだろうというのが、ぼくのこれから探っていきたいポイントです。

Category: イノベーティブ思考 | Author 安西 洋之  | 
Date:12/7/29

文化は先天的に与えられたもの、という考えが強いと文化は固定的という見方をします。その延長線上にある一つの典型が「農耕文化は狩猟文化と違う」「一神教と多神教の世界は相いれない」「カトリックによりユニバーサルという概念を広めたヨーロッパには日本は勝てない」という話への必要以上の興味です。血液型性格判断もあながちこの系列ではないかと夢想しているのですが、こういう漠然とした文化論の落し穴は、現状への諦念を導きやすいことです。「どうせ・・・」という言葉が続くわけです。それも自分の文化、他人の文化、その両方を不変な対象としてみやすく、「あの親に生まれた子供なんだから・・・」という嘆きと似てなくもない・・・。

「それは文化なんだからと、そこで議論をストップさせるのではなく、その文化の中身を解析して前に進むべき」と語るのが、今日のローカリゼーションマップ勉強会の講師、『競争戦略としてのグローバルルール』の著者、藤井敏彦さんです。藤井さんは「ルールを与件のものとして考えるな!」と強調されていますが、これをぼくなりに翻訳すると「文化を与件のものとして考えるな!」ということになります。北欧の家屋の天井と南欧のそれで伝統的に高さが違うのは、室温の維持のためとされるなど気候条件がその要因でした。北欧が低く南欧が高かったのです。しかし、その南欧の天井も建築コストの面から低くなりつつあります。

これを文化の変化というでしょうか?気候にあった空間よりコストが優先されるようになったという点で文化に変化があったというべきでしょう。だが世界的温暖化現象があるにせよ、北欧と南欧には厳然とした気温差があります。こうした気候風土の特徴によってできている文化層はわりと維持されやすいです。地震国であるがゆえに日本の建物の耐震構造に強みがあるのは、この後も他国との比較では有利な位置を築く可能性が高いでしょうー不幸あるいは不運なことながら、というべきでしょうか。

それでは、その上の文化層である宗教・民俗はどうでしょうか。どの宗教も原理主義的な主張をする派があるにせよ、根強い文化を作っているようでいて案外もろく、既に日常の底に隠れきったと思われているのに突如顔を出す傾向にあります。ここは一方的にアンタッチャブルとするのではなく、ロジックの運用次第では変わる可能性があるとして見ておくとよいと思います。特に、この上にある現代のライフスタイルが、この層をスポンジのように変えていきます。水を含んだとき、乾いたときで、硬度は違うでしょうが。イタリアで宗教的理由からタブー色とされていた紫色が受け入れられるようになった変化は、その一例です。

これらの層と比べると、文化のライフスタイル層はより柔軟であると言ってよいです。欧州のユーザーはタッチパネルを嫌うから統合ボタンのカーナビを使うと6-7年前に「文化論」として言われたのが、iPhone の普及で「根拠のない理屈」であったのが2-3年後に証明されました。ただ、こうした先端商品の文化論があまり信用ならない反面、洗濯機のようにユーザー層が広く、使い慣れた年数が長く、機構上も合理性がある場合は「文化的挑戦」を避けた方が無難であるというケースがあります。

以上からみるように、文化をまったく無視してもよい存在と言うのは無謀である一方、過剰に大きくみるのも意味のないことです。今日の勉強会のルールに話しを戻すなら、ルールはこのような可変的な状況の産物でありながら、しかし無法地帯のごとくに誰もが簡単に占拠できる地でもない。そこは、「命」や「人権」や「社会的持続性」といった社会の多くの人たちが問題なく首肯するー逆にいえば簡単にNOといえないー価値を看板に掲げられるかどうかに設定の根拠があります。

「聖地は所与の地ではない」・・・・と考えても良いでしょう。

 

Page 5 of 17« First...3456710...Last »