イノベーティブ思考 の記事

Date:14/10/17

ぼくは大学生のころ、雑誌に囲まれていました。兄が雑誌編集者であったため、家には山ほどいろいろな雑誌がありました。時代の影響をもろに受け、広告研究会などにも一時在籍していたこともあり、マスメディアや広告の仕掛けには興味がありました。あのころはTVのコマーシャルや広告がものすごく輝いていたのですね。コピーライターの糸井重里さんの名前を何かと目にする時代であり、そういう環境に自分自身もいたわけです(ただ、今、糸井さんの年譜をチェックすると、ぼくの大学生の後半の生活に「不思議、大好き。」や「おいしい生活」のヒットがあったのですね。週刊文春の糸井重里の萬流コピー塾のスタートも83年です)。

コピーライターという職種についても関心がありました。が、かといって宣伝会議のコピーライター講座に通うとか、広告代理店のその職種を狙うとか、そういう熱心さはありませんでした。もともと仏文科などという俗世間と離れることを良しとするような空気のところにいたぼくとしては、就職は俗世間のど真ん中というか、いわばネクタイとスーツのビジネスの渦中に入るのが自分のバランスが取れると考えていました。それがぼくの価値になると思ったのですね。高校生のころから、「全体像を掴む」「平凡パンチと世界を同時に読むのがえらい」と本の世界から叩き込まれていたので、スーツとネクタイの世界に向かうのは必然でした。

もっと全体を掴みたいとの想いをもって自動車メーカーで働きはじめ数年した頃、その「さらに、もっと全体へ」の欲求が強まってきました。これがイタリアで仕事する原動力になったのですが、すると、それまでの自分がいかに「職務分担された自分」であるかに気が付きます。トリノで一台1億円のスーパーカーの品質管理を任されたとき、「君の目と触覚で判断することも大切なんだ。自分自身の目で見る、それがいいんだ」とボスに言われたのですね。全体とは肩ひじ張って語るものではなく、自分自身で分かったり感じたりすることをベースにするものだと理解したのです。そして同時にデザインがぼくの活動領域のなかに入ってきます。しかしながら、それをもって、ぼくはクリエイティブ領域に足を踏み入れた、とはあまり思いませんでした。

かなり前、1998年からスタートした糸井さんの会社が運営する「ほぼ日」を覗いたとき、なんとなく「原宿のクリエイティブ系的な匂い」(つまり、ぼくが社会人になるときに「向こう側」と自分で整理していたゾーン)を感じ、自分がその世界には入りにくいと思いました。全体と言いながら、随分と勝手なものです 苦笑。しかし、数年前、正確に言うならば、2009年にTwitterをはじめてから、ぼくも糸井さんの言葉を目にするようになりました。糸井さんをフォローはしていなくても、RTでバンバンと飛んできます。とても上手いことを言うなあ、と感心しながら、いやいや、こういう有名人の言葉に左右されてはいけない・・・・と気を引き締めます 笑。

時は進みます。1年半くらい前かよく覚えていませんが、ほぼ日のCFOの篠田真貴子さんとネット上のおつきあいがはじまります。ウォートンスクールでMBAをとったバリバリ感のある篠田さんのインタビューを読んでからです。ぼくのイタリア生活はバブル経済のおかげでスタートしたと思っているのですが(関与したトスカーナの日伊文化センターやスーパーカーなどのプロジェクトは、その「おかげ」であったのは否定しがたいです)、篠田さんの人生もバブル経済という風を「良く」受けていた。確か、それを篠田さんのマッキンゼーの元同僚である安宅和人さんが指摘していたのですね。その後、実際にお会いして話したりしていたのですが、「ほぼ日」という「原宿クリエイティブ系」の威力がじわじわと、やっとぼくにも分かり始めました(まあ、とっくにネクタイを外す世界に生きていましたが)。

そのうちに糸井さんともTwitterで言葉を交わすようになります。しかし初めてお会いしたのは、約1年を経た今年の8月です。その内容は現代ビジネスに3回連続で掲載されていますが、同時にぼくの「世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?」の帯にも糸井さんの言葉を頂いています。まったく違う世界に生きてきて、どうしてなのだろう・・・と思うほどに、糸井さんの言葉は、ぼくの考えてきたことをとても違和感なく「向こう側」(いや、もう河は渡っているでしょう)から表現してくれます。日常生活にある言葉が、コンセプトのスペースのすみずみまで行き届くことを身体全体で考え抜いてきたクリエイティブな人の実力に心底感心したのは、ブルネッロ・クチネッリの言葉をすべて日本語として通じるように置き換えてくれた時です。敬意や尊厳を「ありがたし」と言い換えてくれたのです(このエピソードは、上記の拙著に書きました)。

クリエイティブである意味が、ぼくの身体のなかに入り始めたと実感したのは、恥ずかしながらほんの最近なのです。生きること自身がクリエイティブの対象であると内臓文化として存在を感じ、ほぼ日のクリエイティビティの深さを理解するというより体感するようになりました。人はそれなりに長く時を経ると、分かることが増えるのですが、その喜びの一つがこの例です。クリエイティブであり続けるのは、実は可視化などという前に、日常生活の瞬間にあり、よく聞く言葉を使うなら「今をよく生きる」以上でも以下でもない、ということです。

そのほぼ日のクリエイティビティをどう長続きさせるかを、これまた身体全体で考えている(と思える)のが、実はCFOの篠田さんなのです。cakesのインタビューに動機→実行→集合を社会が取り囲むチャートがありますが、ここでは「私が欲することの社会性あるいは普遍性」が語られています。ご存知のように、ほぼ日には、ターゲット読者となるペルソナ的なものがありません。人が必ずとは言わなくても、かなり多数の人が共通してもっていることを語りかけることを目指すに、人の断片化はありえないのです。ほぼ日の社内で、ほぼ日のあのなんとなくのんびりした文章で大量なメールが行きかっている事実が語る意味は、「へーそうなんだあ」では終わらないと思います。

まあ、こういうわけで、10日22日1830から、六本木のJIDAで篠田さんと「共通語をつくる」というテーマで話し合います。「可視化だ!」「デザインだ!」と威勢よく大きな声を出しているが「どうも、うまくいかないなあ」と思っている人とか、「クリエイターと話が通じないけどどうすればいいのか?」と自信喪失している人とか、そういう人に聞いてもらいたいです。そう、そう、最終週は仙台にでかけ、東北の被災地3県の食産品を海外市場に出すためのローカリゼーションのワークショップを事業者相手に行います。このためにミラノの工科大学の先生なども駆けつけてくれるのですが、このワークショップの前に糸井さんと原子物理学者の早野龍五さんの「知ろうとすること。」を読んでおこうと思っています。

だんだん、ぼくも自分や人生のことが少し分かってきた感じがします。いや、いや、まったく牛歩のごとくで嫌になりますが・・・苦笑。

 

 

 

Date:13/10/23

最近、考えていることをメモしておきます。

先週、サンケイBizの連載コラムに掲載した「「デザインの位置」 勘違いする人が出てくる原因とは?」は、デザインを語る人が増えているなかで、どうもモヤモヤ感が伴っている現状について書きました。スタイリングのデザインと社会の仕組みを指すデザイン。可視化が重要と言いながら、可視化されたものにあまり敬意を払わない・・・・それは昨日、いみじくもミラノの工科大学のデザインの先生が学生を前に「君たちはデザイン界のスターになるのではなく、デザインの現場オペレーターになるのだ」と喝破した「職業としてのデザイナー」の位置が、デザインの社会的ポジションをよく表現しています。

昨日、ミラノの雑貨セレクトショップ Cargo & High-Tech の創業者の「今のデザインに魂があるのか?」というプレゼンを聞きました。フランスやアメリカのデザインに刺激をうけることが多かった一方、日本の焼き物からも「思考の深さ」を学んだとも話していました。そして、それは無印良品にも綿々と継がれていると評価が高かったのですが、ぼくはこの「思考の深さ」は本当なのか?ということを自問しました。仮にそうだとするならば、日本文化にある「定義やジャンル分けを拒否する」と「生産性の低さとネガティブにとらえられる長時間労働」が「思考の深さ」を導いているかもしれないと思いました。何時間考えたか?は思考の深さに直結します。

先週、トリエンナーレで行われた隈研吾とイタリアの Cino Zucchi の二人のプレゼンを聞いたのですが、隈研吾の脆弱性を強みとするとする主張ーコンクリートではなく竹やその他のローカルな材質を使うべきだーは、欧州人の聴衆にかなりインパクトがありました。多くの中国からの留学生も満足気な表情をしていました。一見、隈とZucchiは結果として似たような表現に到達しながら、そのプロセスに違いをみます。そのような点に注目しながらも、隈研吾の評価の高さは建築ーそれもシンボリックな公共建築ーであるがゆえであり、これが大量工業製品になると同じような論理は適用しづらくなりますー人々が非日常空間として愛でることと、日常生活のなかで日々使うものの評価軸の差は大きいー。

だからこそ無印良品は日本文化の良きエッセンスを体現しているとみられることに意味があります。無印良品は1980年にスタートしましたが、70年代までの高度成長にあった「経済第一主義」から「文化の時代への準備」という潮流で生まれました。1991年にはロンドンに海外第一号店を出して「我々は西洋の物まねから脱して日本文化の顔をした商品を売っていく」との姿勢が見えました。これは80年代から多くの日本企業にではじめた「品質、機能、価格だけではなく、付加価値をつけた顔のある製品」への希求の一つであったと考えるのが妥当です。

さて昨日のことに戻りますが、「今のデザインに魂があるのか?」のプレゼン後、上海でブランドビジネスをしている中国人と日本人のご夫妻と夕食をとりました。「中国の商売は瞬間的に大量に売り捌くことが良しとされ、ブランドの確立? 何それ?という感じなんですが、十年以上やってきた我々のことを評価してくれる中国人もじょじょに増えてきました」と伺いましたが、そういう場にあって「思考の深さ」や「長時間労働」がどのような意味をもつかを話し合いました。確実に言えることは、ものごとを深く考えるには絶対的に時間が必要であり、企業という組織のなかでメンバーが同じ結論に至るには膨大な緻密な作業を要する、ということです。ネガティブにとられることが多い「意見調整」の時間をもう一度積極的に評価をしてみるのも一つかもしれません。

lmapでは「緻密性の要求される分野では緻密性を捨てる必要はなく、課題は緻密性の要求されない分野で緻密性をどう捨てていくか?」ということを繰り返し語っています。過去、日本の企業に多かった合理性の欠如ー特に海外市場向けの商品企画やメッセージの出し方ーをずいぶんと指摘してきましたが、これからは今後の強みとなるパートの広げ方にも発言を増やしていこうと思っています。来月初旬はジャカルタでデザイナーを相手にした講演があるので、このポイントにも言及できればしてみたいと考えています。

 

 

Date:13/3/31

約2週間前に「『スローファッション』のアイデアを探る」を書きました。

十和田の裂織は世界に数多ある伝統的生地再生技術の一つであり、かつそれらの間にある共通点を見つめることでプラットホームのコアになれるのではないか?という問題提起から、ぼく自身も「自分ごと」として動き始めました。コンセプトは、1)伝統的再生技術 2)マスカスタマイゼーション (例→ 新品商品に自分の古着を切り裂いた生地で自分なりのポケットをつける) 3)リバース・イノベーション(例→ 田舎で活用されていて存在感がなくなりつつあるテクニックが、他の地域の伝統テクニックと融合されて都会で活用されていく) という3つのキーワードから成ります。この2週間もミラノ工科大学のファッションコースの先生とワークショップの相談をしたり、L’HUBのオーナーと協力のあり方について話し合ったりしてきました。あるいはファーストファッションの企業に提案する構想を練り、彼らの商品としては売れないB級品の活用法についても考え始めました。

一方、このプロジェクトを主宰している佐野里佳子さんは3月19日に The HUB TOKYO で開催されたスパーク・プラグというビジネスアイデアのコンテストで優勝しました。ファッションを社会問題の解決の糸口とする事業に一番多くの票が投じられたというわけです。さっそく聴衆の一人だった中国人投資家からのアプローチを受けるなど、各方面から高い関心が寄せられています。

このプロジェクトのコンセプトには世界で通用する普遍性があると考え推進していますが、L’HUBで指摘された点には「なるほど!」と思いました。上記 3)のリバース・イノベーション の視点が高く評価されたのですが、「女性的視点が含まれていることに意義がある」というのです。「女性はいつもあまりものや不要なもので、身近な生活を維持し豊かなものにしようとしてきた」というエッセンスが、女性的視点の導入による社会変化の大切さが叫ばれるなかでフル活用されていることに注目してくれたのです。ここで女性的な視点とは、単に性としての女性の視点ということだけではなく、従来男性が力を発揮できずにいた領域を切り開く目線との意味合いととらえていいでしょう。

特に経済的苦境に陥り社会に行き場がなくなる一方のなかで、自らの周囲を大事にしながら明るくサバイバルするための知恵やメンタリティはもっと重んじられてしかるべきだと思います。「当たり前の日常生活の確立」が、このプロジェクトの底流にあるのだと女性的視点との言葉から再認識しました・・・・さて、ここでふっと思いました。このテーマはまさしくイタリアのライフスタイルのことを話しているのではないか?と。「この裂織りを発信地としながら世界各地の再生技術と融合を図り、エスプリの効いたオシャレなサバイバルを目指す」というのは、イタリアが実験の舞台として相応しいのだあらためて思いました。

今年のサローネをこういう文脈で見て回ってみようという気になっています。

Page 3 of 171234510...Last »