ローカリゼーションマップ の記事

Date:18/4/8

ミラノサローネについて本ブログに書き、今年で11年目です。ここで書いたことを、その後、本の一部に使ったりしてきましたが、思い返してみると、自分の論点で変化してきたこと、変わらないことの両方に気が付きます。変化について言えば、日本企業の「ローカリゼーション観点のなさ=異文化音痴」への指摘が減ってきたことでしょうか。というのも、多くの他の人が同じような点を語るようになってきたので、ぼくは別のところに目を向けたほうがいいな、と思ったのもあります。それと何と言ってもそれなりに言い尽くしたから、というのもありますね。また、膨大な量の情報に触れてあるトレンドを総括するのが時代的にマッチしなくなってきたこともあり、より自分の関心領域での解釈に集中するようになっています(と言いながら、ずいぶんとトレンド的なことに触れていますが 苦笑)。例えば、昨年書いた、「人間中心」の人間とは何か?というのも1つです。

テクノロジー・デザイン・人間という三角形のどこにパースペクティブの的を絞るか、という時に、人間が的になっているのは皆、異論がないのです。電子デバイスのユーザーインターフェースからはじまり、そういう方向にきたわけですが、人間とはユーザーと同一であることが多く、それは十分じゃないな、と。人権や人への尊厳という点もからみ、個人情報の保護を目的としたGDPR(EU一般データ保護)が実施されることも、その趣旨を表層的に捉えている意見も日本のメディアでは散見し、これじゃあルールを作った背後にある世界観が分からないだろう、ということになります。「競争戦略としてのグローバルルール」のなかで藤井敏彦さんが、ドイツやイタリアが個人情報に敏感なのは「ユダヤ人狩り」の過去への反省に基づいていることを指摘しています。

 

 

また、この人間は、クラフツマンシップの文脈でいうと、フランス語のsavoir-faire 、イタリア語のsapere-fare、英語のknow-how をもつ人です。これらを日本語で何と置き換えようか考えている最中ですが、これらの言葉がどのあたりの「人間への見方」を踏まえているのか、との問い自体がテーマになります。「世界観」や「考え方」が分からないと状況を理解したことにならないことがどうしても多いのですね。同時にビジネスの優位性とは、この世界観や考え方の普及度にあるわけで、欧州文化やEUのルールメイキングはその現象の1つなわけです。これをイタリアで言うならば、パスタというモノもさることながら、生物多様性のためのスローフード財団が主導する世界各地の農産物に対する認定(プレシディア)や子どものレッジョ・エミリア教育が例になります。

イタリアのこれら2つ、スローフードとレッジョ・エミリア教育は世界100か国以上に普及していますが、これは決してあるモノの輸出ではありません。この2つに共通するのは、ローカルのコンテクストを重視して、普遍的とされる価値観や考え方をそのなかでどう根付かせるか、の闘いです。お金儲けに長けた機転の利く子になるかどうかはその子の人生ですが、その子がどのようなsavoir-fareがあれば豊かな人生を送れるか。それがレッジョ・エミリア教育の動機になっていて、これが世界各国に広まり、その定着にあたり各国機関はレッジョ・エミリアに助言を求めにくるのですね。スローフード財団も各国にある伝統的製造方法をいかに維持するか、というお手伝いをします。

これらに特徴的なのは、シリコンバレーのエンジニアがつくったデザインシンキングのように、体系化したマニュアルをあえて作らないことです。ローカルのコンテクストを重視するので当然のアプローチなのですが、「いや、いや、そういうことも含めてマニュアル化すべき」と反論する人は、このような議論の場から無言の排除を受ける・・・ということです(実のところ、そのようなものがスローフードなどにまったくないわけでなく、それなりのレベルのものはあります。が、それを外販しません)。つまりはEUのルールメイキングのように記述化を図る体系的な攻め方から、スローフードやレッジョエミリア教育のようなとてもセンシティブなアプローチまでを視野に入れて、古くからある考え方(世界観)の更新や新規のヴィジョンをどのように作りつつあり、それらをどのようにして惹きつけさせるか(力づくで広めるのではなく)にぼくの関心は昔からあるのですが、その関心が更に増している、というのが現在です。よってサローネへの観察も、この点がポイントになります。

 

 

もう一つは、最近、バルト海三国のリトアニアのデザイン関係者と接する機会が増えており、新興国あるいは開発途上国とカテゴライズされる地域でのデザインの役割を考えることが多いです。しかしながら、先進国と違うようでありながら、実は同じ・・・・と思うことと、両者を同じと思うのはオカシイと感じることの間を行き来しています。イタリアのデザイン関係者と彼らを比較してまず感じるのは、自分の文化への自信の持ち方です。それはいかんともしがたい差です。だが、今ある最前線の課題に対して、その自信はどれほどに貢献するだろうか、とみたときに明確な回答がない。単にプロパガンダ的に文化アイデンティティを作り上げても無駄というよりも有害なだけです。イタリアデザインのプロパガンダの弊害も見るにつけ、リトアニアがそのあたりをどう処理していくか、ということに注視しています。

Date:17/12/1

今年、デザインに関わる本を2冊、『デザインの次に来るもの』『突破するデザイン』を出したわけですが、それもありデザインやアートの議論をよく観察するようにしています。そこで、どうもおかしいなあとの想いが強くなってきました。勢力争いにしか見えないところがあるのです。いわばロビー活動が露骨過ぎる!と思うわけです。『デザインの次に来るもの』で紹介したEUのイノベーション政策にデザインが主役に躍り出たのは、ブリティッシュ・カウンシルのブラッセルへのロビー活動の成果が大きかった(クリエイティブ産業振興だけでは不足である、というのが本音でしょう)のですが、ロビー活動はそこそこに隠すところは隠さないといけないのです。

そんな時に一般の人も絵が描けるようになることで観察眼が向上しますよ!と言っている、アート・アンド・ロジックの増村岳史さんと知り合いました。増村さんの活動はネット上で見ていたのですが、9月に開催されたイベントの会場で初めてお会いして話しこみました。ああ、これは何かを一緒にやるタイミングだと直感で思いました。

 

 

そこで立命館大学の八重樫文さんにもイベントのアイデアを話したら、主催を立命館大学DML(Design Management Lab.)、共催を大学院経営学研究科として東京キャンパスでやりましょう、ということになりました。それで2日に分けてトークショーをやりますが、1日目の趣旨は増村さんに書いてもらい、2日目はぼくが書きました。下記です。

 

ビジネスがお金にまみれた汚い世界というわけではありません。アートがきれいな高尚な世界というわけでもありません。その間でデザインが右往左往しているということでもありません。それぞれ別の世界に生きているのではなく、同じ愛ある世界に生きています。

 

が、どちらかというとビジネスはガチガチの論理か義理人情の話ばかりが強調されます。アートは感情が優先した特別な存在に見られがちです。そしてデザインはビジネスの下僕のような存在で、アートとビジネスの両方の機嫌を窺っているようにも見えます。なにか「どっちがエライか」の競争をしているような感じがしませんか? これでは愛が逃げてしまいます。

 

Seminar#01の「ビジネスは魅力的なアートか?」に続き、今回もアート・デザイン・ビジネスが実はとっても仲が良いのだ、そして持続性ある愛とは何かを考えているのだ、ということをみなさんで「味わって」もらおうと思います。

 

最初に『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるか? 経営における「アート」と「サイエンス」』の著者である山口周さんに30分ほど「アートの本懐」をテーマにプレゼンしていただきます。その後、『デザインの次に来るもの』の共著者であり、ロベルト・ベルガンティ『突破するデザイン』の共に監修・監訳をつとめた安西洋之さんと八重樫文教授とが、山口さんと1時間ほど鼎談をします。

 

会場の皆さんとも30分ほど議論ができたらと願っています。

 

これはかなり気分で書きました。しかし、この気分は止めようがなかったのです 笑。

1月13日(土曜日)14:30-16:30 「ビジネスは魅力的なアート?」
1月19日(金曜日)18:00-20:00 「サスティナビリティある愛とは?」

案内を静岡大学大学院でマーケティングを教えている本條晴一郎さんに紹介したら、次のようなチャットがありました。

本條さん「サスティナビリティある愛 って良いですね」

安西「永遠の愛、という言い方は昔からあるのですが、これだと意味が違うなあ、と」

本條さん「変わらぬ愛というよりも、心はいつもあって、その上で更新されていく愛、というニュアンスに捉えました」

この本條さんの解釈、とっても嬉しいです。

登壇者の名前やプロフィールは立命館大学DMLの下記案内をご覧ください。申し込みもそちらからお願いします。

https://dml-ritsumei.wixsite.com/seminar2018

Date:16/6/14

前回、「デザイン・ドリブン・イノベーション」という本が予想に反して面白かったという話を書きました。日本と同様、欧州でも「デザイン思考」という言葉が非テクノロジー分野や行政の間で浸透しつつあります。しかしながら欧州では日本と比べると、「デザイン思考」をもう少し相対的に捉えている印象をうけます。欧州委員会のなかでデザインがイノベーションの鍵としていわれ、そのデザインは「デザイン思考」と「デザインドリブンイノベーション」の2つのアプローチで表示されている、という点が目をひきます。

デザインがスタイリングだけでなく、プロセスや戦略に関わると考える企業家は欧州のなかではスカンジナビアや英国に多く、欧州と米国を比べると、特に米国では戦略的な位置づけとしてのデザインがあります。 地域としてはこうですが、日本も含め一般的には、製造業よりサービス業、老舗よりも若い企業がプロセスや戦略としてのデザインに積極的であるとの傾向はあります。

今回のセミナーでは、「デザインドリブンイノベーション」の著者であり、次作の「意味のイノベーション」の刊行が待たれるミラノ工科大学のロベルト・ベルガンティ教授のもとで学んだ羽山康之さんを講師に、こうした全体図を話してもらう予定です。

 

 

「今、欧州ではデザインとイノベーションをどう考えているか?」

日本企業の経営のなかでデザインへの認識が増しています。一つにはスタンフォード大学とIDEOが発信拠点となっている、ユーザーを中心に考える「デザイン思考」普及の恩恵があります。

これには欧州においても同様の現象がありますが、受け入れ方やその度合いが日本とは違います。例えば、欧州委員会のイノベーションユニットでは「デザイン思考」だけでなく、「デザイン・ドリブン・イノベーション」の両輪でイノベーションを推進しています。

「デザイン思考」は緩やかな改良を狙うプロジェクトには適切ですが、急進的な意味の転換を伴うイノベーションには「デザイン・ドリブン・イノベーション」が適当である、と考えているからです。

「デザイン・ドリブン・イノベーション」というコンセプトは、2009年にハーバード・ビジネス・スクール出版から出されたミラノ工科大学MBAの教授、ロベルト・べルガンティ氏の著書のタイトルからきています。

今回のセミナーでは、安西洋之氏のもと、今年、ベルガンティ教授の講義を直接受けた羽山康之氏が、「デザイン思考」と「デザイン・ドリブン・イノベーション」を対比して、何が同じで何が違うのかを明らかにします。同時に、「デザイン・ドリブン・イノベーション」以外の欧州でよく語られているデザインアプローチも紹介していきます。

開催概要

日 時 9月3日(土)16:00-18:00 18:00-19:30懇親会

場 所 AXISビル地下1階イベントスペース「SYIMPOGIA」

料 金 会員2,500円
一般3,000円
学生1,000円

講師

羽山康之(はやま・やすゆき)

イタリア・ミラノ工科大学デザインスクールで戦略的デザイン修士。一橋大学商学部、同大学院商学研究科経営学修士。デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(当時)にて、経営コンサルタントとして自動車メーカー/自動車部品メーカーのビジネス支援に関わる。

ミラノ工科大学在学中、ミラノ工科大学Master in Product Design for Architectureの非常勤講師。またミラノ国際博覧会(EXPO 2015)時に立ち上げた、イタリアの食品関連ベンチャー企業にて食文化を再発見し、発信するデザイン戦略企画に従事。スペイン・バルセロナでデザインエージェンシーにてインターンを経験。その後、イタリアの建築設計事務所にてデザインコンサルティングを行い、6月末帰国予定。

関心事項は、イタリア流の意味のイノベーション(Innovation of Meaning)/デザイン・ドリブン・イノベーション/戦略デザイン、デザイン×ビジネス、文化と人の生活、Co-creation/Co-designと旅行(学生時代に世界周遊)。栃木県出身の地元好き。

モデレーター

安西洋之(あんざいひろゆき)

モバイルクルーズ株式会社代表取締役
上智大学文学部仏文科卒業後、いすゞ自動車入社。欧州自動車メーカーへのエンジンなどのOEM供給ビジネスを担当後、独立。ミラノと東京を拠点としたビジネスプランナーとして欧州とアジアの企業間提携の提案、商品企画や販売戦略等に多数参画している。国際交渉のシナリオ立案とデザイン企画を得意としている。また、海外市場攻略に役立つ異文化理解アプローチ「ローカリゼーションマップ」を考案し、執筆、講演、ワークショップ等の活動を行っている。

著書に『イタリアで、福島は。』『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』(クロスメディア・パブリッシング)『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』(日本評論社)。共著に『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力』(日経B社)。

「ローカリゼーションマップ」WEBサイト http://www.localizationmap.com/

<申し込みは右記参照のこと>http://www.jida.or.jp/site/information/innovationseminar.html

 

 

 

 

Page 1 of 5212345102030...Last »