ミラノサローネ2012 の記事

Date:12/1/10

ミラノサローネを題材としたシリーズも5年目を迎えることになりました。ミラノサローネに関心のある多くの人に読まれているようで、見学している方だけでなく参加している方からも「読んでますよ」と言われることが珍しくありません。その場合、「ちょっと辛口ですみませんね」と話すと「いや、指摘されたことは分かります。ただ、なかなか社内事情でそういかなくて、私も困っているんです」という答えが返ってきます。ぼくも社内事情がどんなものかは想像がつくので、ご本人が忸怩たる思いであるのは理解でき、どうしたものかと考えます。

そういうこともあって、昨年は日経ビジネスオンラインの連載で「世界で注目するデザインイベントで東芝とパナソニック電工の評価は?ミラノサローネで失敗しないために」を書きました。幹部の方にも日本企業の弱点がどうサローネで露呈しているか、そのサローネの位置づけはどういうことになっているのか、これら知っていただきたいと思ったからです。対策のポイントは以下です。

日本では「共感」とは五感レベルのみで語られやすいため、アート的インスタレーションや曖昧な言葉の「フィロソフィー」へと向かってしまうのだろう。し かし、「共感」を得るためのもっともユニバーサルツールは、論理的なコンセプトであることを忘れてはいけない。語る相手の頭の中が見えるようなプレゼンに 人は納得し、そこで獲得した「共感」は根強く印象に残る。枯葉のように飛んでいかない。今、ソーシャルメディアを通じて、こうしたコンセプトをあらゆるア ングルから伝えることが可能な環境がある。これを使わない手はない。

 

現在、ぼく自身は日本とイタリアの学生たちと、あるコンセプトを4月サローネ時にプレゼンテーションすることを話し合っています。学生が主体ですから裏方です。去年10月からスタートさせたプロジェクトですが、東京でのキックオフミーティングのとき、雲をつかむような話で本当に半年後にミラノで何かできるのか?と学生たちは疑心暗鬼でした。裏方にはいる社会人たちのほうが「なんとかなる」と気楽に構えていたのが対照的です。それから約3か月。まだカタチになっていませんが、紆余曲折しながら前進しています。それこそ、なんとかなるでしょう。基本は記事で書いた上述の点を外さないことだと考えています。2月か3月になったら、このブログでも進捗をチョロチョロと漏らしていきます。

この1年、強く実感していることがあります。社会的起業と別枠としてジャンル分けされてきたことが、日本でも「ヤワ」ではなくなりつつあり、じょじょにハードな経済活動のなかに組み込まれていく環境が整ってきたことです。「ヤワ」なことにイタリアに来る20年以上前から関心が強かったぼくは、できるだけその考え方を枠の中に入れながら、「ヤワ」にカテゴライズされない工夫をしてきました。ローカリゼーションマップは文化理解がビジネス的に有用である時代ーいつだって有用だったのですが、それを言い出すにはタイミングが必要だったーになってきたとの認識ではじめた活動ですが、それでも社会的活動と自ら名乗るグループとは距離をおいてきました。

しかし、そろそろこの距離を短くしてよいかなと思い始めてきました。もともと心情的には共感しながら意図的に距離をもっていたので、「短くしてもよいかな」という表現がマッチします。その「短くしてもいいかな」が社会的イノベーションを考える学生たちの活動との接点になったと言ってよいかと思います。実際、サローネを利用して社会問題を提起することは文脈としてフィットしています。よって今年の「ミラノサローネ2012」は、この領域にもスポットをあてて書いていこうと思います。

 

 

 

Page 8 of 8« First...45678