セミナー・講演など の記事

Date:12/7/26

今朝、日本に着きました。街全体が汗をかいてジトッとした匂いがありますね。

ウィーンからの飛行機の約10時間、モレスキンのノートに本の目次案を書いてきたのですが、なかなか満足がいきません。実は今年のはじめから何度も何度も書き直しています。今までの二冊はどちらかといえば読者層をある程度想定していました。一冊目は書店の社会学や異文化社会論の棚におかれること、二冊目はビジネスやマーケティング。しかし、今回は新しい読者層を見つけるという目標があります。

今春からサンケイBIZに毎週連載コラムを書いていますが、これは一昨年から1年間、隔週に連載した日経ビジネスオンラインと違います。ある意味、日経ビジネスオンラインのほうが楽でした。有名企業のローカリゼーション事例を取材して書けば、その企業名で自動的に読んでくれる人がいます。しかもカタカタ英語が書きやすかった。が、サンケイBIZではカタカナを極力排除して書くようにしています。読者層が違うのです。新聞記者は小学6年生が分かるように文章を書くのを目標とすると言いますが、それを心がけてもカタカナや抽象的な単語をクセで打ちやすく、それらを易しいひらがなに直すようにしています。

そしてなによりも有名企業名をタイトルに出さないで、読者の注意を引かないといけないわけです。そのために1500文字で一つのことしか語らず、事実説明で押し通し、結論は200-300文字に留めるとの指針を自分に課しています。しかし、1000文字くらいのところで抽象的表現が出てきてしまうのです。このブログの読者はお分かりのように(!)。それを引っ込めてあと一段落、事実を書き連ねるのが思ったより大変です。この数回は、ローカリゼーションという言葉も「禁止」に追いやりました。ローカリゼーションという言葉を使わずに、ローカリゼーションを考えてもらうのです。それがぼくのトレーニングです。

すると、こんなことを考えます。考え方を伝えるにいくつかの方法がありますが、その方法に伝えられる内容は限定されます。今、ぼくが使っている方法だと、以下の順序で「伝わった」との実感があります。動画がなかに入ることがありますが、動画だけで伝えることはありません。

会って一対一で話すこと > 書籍の文章 > チャートと静止画を使ってのレクチャー

上記のように並べてみましたが、読解力のある方が本気で読んでいただけたら、一冊の本のほうが対面の話よりも有効かもしれません。2時間の対面より2時間で本を読んでくれた方が、情報量は圧倒的に多い。問題は情報量だけではありません。2時間の読書のほうが圧倒的に何かをつかみ取ろうという意欲が強いケースが多いのです。そして、記述は全体の構造から切り口のディテールまでを全てカバーします。プレゼンでのチャートや静止画にはそういう威力がありません。チャートや静止画は切り口です。構造の説明には至りません。しゃべりがメインでそれらが補うという補完関係にあるものの、レクチャーでチャートを出すと聞いている方の写真撮影率が一挙にあがります。

現在、構造の把握よりも切り口への食いつきが良いのは、書店に並んだ書籍のタイトルを見ても分かります。それだけ「切り口の時代」なのです。だからこそワークショップが必要になります。文章での構造把握が低調な分をワークショップで補わないといけないのです。切り口をみせる易しい言葉を使った書籍+ワークショップという組み合わせが受けやすいのは、こういう背景があると思います。チャートで構造を見せようと思うと失敗します。これは文章かワークショップに任すのが良いと考えています。

・・・という流れを読みながら、冒頭に書いたように本の趣旨を弄繰り回して半年がたってしまったというわけです。何とか結論を早急に出したいです。明日は名古屋の中部産業連盟で講演、土曜日は六本木で勉強会、来週の木曜日は表参道で日経デザイン主催のレクチャー+ワークショップです。残りの日もレクチャーやワークショップを企業内向けに行います。今年はローカリゼーションマップのワークショップ元年としましたが、着々とその道を歩んでいます。

ああ、それにしても、実際に自分でやってみないと分からないことが多すぎる!

 

 

 

Date:12/2/26

東大のイノベーション教育の場である i.school について以前、日経ビジネスオンラインの連載で紹介したことがあります。この記事の最後に昨年3月11日に被災地となった気仙沼・唐桑地区での学生たちの取り組みについて触れました。

昨年秋より、彼らはローカルに関する思考を閉じたものではなく、開かれた「生態系」のなかで発展させていくモデルを作るべく話し合いを続けています。船名の最後にある「丸」は、母港を離れて丸を描くように再び戻るーしかも、結実をともにしてーことを祈っていると言いますが、その丸にちなんで、i.school のプロジェクトはMARU プロジェクトと名付けられています。

このプロジェクトのために、ミラノ工科大学のビアモンティ氏が学生を伴って来週初めより気仙沼に滞在します。気仙沼の良いものが、イタリアの小さな街の良いものがどうコンビになると威力を発揮するのか?それがどう世界の他のローカルにつながっていくと良いのか?そして、それらがどのように気仙沼に還元されるのか?MARUプロジェクトは、このようなことを考えています。

この機会を利用して3月3日に東大本郷で彼の講演会とパネルディスカッションがありますので、以下、i.school のサイトにある案内を掲載します。

<ここから>

http://ischool.t.u-tokyo.ac.jp/news/innotalk1_12_open

イノトーク WHICH DESIGN IN WORLDWIDE CRISIS? A POINT OF VIEW

2012.02.25

昨年3月11日の東日本大震災から間もなく1年を迎え、大きな被害を受けた東北 地方沿岸地域の未来をあらためて見つめ直す時期に差し掛かっています。このたび、東京大学i.schoolでは、地域イノベーションの最前線で、デザイン を通じた研究および実践に長らく取り組んできたAlessandro Biamonti博士をお招きし、彼の知識と経験を共有していただく機会を設けることといたしました。
Biamonti博士のレクチャーに続いて、博報堂イノベーションラボの市川文子氏をホスト役に、震災と欧州で進む経済危機が持つ共通性が、これからの社 会のあり方に与える影響を議論する、トークセッションも合わせて開催します。是非、この機会に、デザインがよりよい社会変化を生む力となることを知り、変 化への道しるべを共に考えていきましょう。

開催日時:2012年3月3日(土)午後1時~3時
(開場:12時30分)

会場:弥生キャンパス セイホクギャラリー

言語:英語

詳細・参加応募はこちらからどうぞ。

 

Date:12/1/26

2月25日に「アーカイブの時代変遷と地域差異」をテーマにした勉強会を実施しますが、28日番外編を行うことにしました。いつものように講師をお呼びするのではなくワークショップ形式で議論する場にします。

参加希望者は、anzai.hiroyuki(アットマーク)gmail.com かt2taro(アットーマーク)tn-design.com までお知らせください。議論に積極的に参加していただける方、本研究会の今後の活動に貢献していただける方、大歓迎です。内容に一部変更になる可能性がありますが、その際は、ご了承ください。場所はいつもと同じく、六本木アクシスビル内のJIDA事務局(http://www.jida.or.jp/outline/)です。

2月28日(火)18:30-21:00 「本社の国のイメージと商品ブランド力」

グローバルビジネスになればなるほど本社の場所は関係ないと言われがちです。しかし、はたしてそうでしょうか?アップルはアメリカ、ネスレはスイス、メルセデスはドイツ・・・というように会社の国のイメージと商品ブランドは緊密な関係にあります。その一方、HTCやエイサーのように、本社の場所を知っている人は知っているけれど、さほど国のイメージが効いていないと思われる事例も身近にあります。また電子機器だけでなく、キッコーマンの醤油にみるように、日本食のためではなく各地での料理に合う調味料として販売する戦略事例も少なくありません。

ここの一つの調査報告書があります。昨年3月13日以降に世界9か国で日本や商品のイメージに対するリサーチを定期的に実施した結果です。これをみると、商品カテゴリーによって津波や震災後の原発事故により信頼性がさほど変化しないものと低下しているものに分かれます。あるいは生産場所と本社の場所へのイメージと商品イメージをみると、各国の日本へのイメージとは当該国の自国イメージとの釣り合いのもとで構成されているかもしれないと推察される結果があります。

本勉強会では、上記の報告書にあるデータを基にワークショップ形式で「自分の商品の見られ方」について議論していきたいと考えています。

参加定員数:15名
参加費:1000円(飲み物や軽食を用意します)

 

<冒頭の写真は、2月25日勉強会の告知で掲載したドローイングが作品となったものです>

Island: an existence of nine years. 2002-2011. Mixed media. 180x310x105cm.
Installation view “Winter Garden” at Maria Grazia Del Prete, Rome, 2012.
Foto: Tartaruga – © 2012. Satoshi Hirose All Rights Reserved.
Page 2 of 181234510...Last »