セミナー・講演など の記事

Date:16/6/14

前回、「デザイン・ドリブン・イノベーション」という本が予想に反して面白かったという話を書きました。日本と同様、欧州でも「デザイン思考」という言葉が非テクノロジー分野や行政の間で浸透しつつあります。しかしながら欧州では日本と比べると、「デザイン思考」をもう少し相対的に捉えている印象をうけます。欧州委員会のなかでデザインがイノベーションの鍵としていわれ、そのデザインは「デザイン思考」と「デザインドリブンイノベーション」の2つのアプローチで表示されている、という点が目をひきます。

デザインがスタイリングだけでなく、プロセスや戦略に関わると考える企業家は欧州のなかではスカンジナビアや英国に多く、欧州と米国を比べると、特に米国では戦略的な位置づけとしてのデザインがあります。 地域としてはこうですが、日本も含め一般的には、製造業よりサービス業、老舗よりも若い企業がプロセスや戦略としてのデザインに積極的であるとの傾向はあります。

今回のセミナーでは、「デザインドリブンイノベーション」の著者であり、次作の「意味のイノベーション」の刊行が待たれるミラノ工科大学のロベルト・ベルガンティ教授のもとで学んだ羽山康之さんを講師に、こうした全体図を話してもらう予定です。

 

 

「今、欧州ではデザインとイノベーションをどう考えているか?」

日本企業の経営のなかでデザインへの認識が増しています。一つにはスタンフォード大学とIDEOが発信拠点となっている、ユーザーを中心に考える「デザイン思考」普及の恩恵があります。

これには欧州においても同様の現象がありますが、受け入れ方やその度合いが日本とは違います。例えば、欧州委員会のイノベーションユニットでは「デザイン思考」だけでなく、「デザイン・ドリブン・イノベーション」の両輪でイノベーションを推進しています。

「デザイン思考」は緩やかな改良を狙うプロジェクトには適切ですが、急進的な意味の転換を伴うイノベーションには「デザイン・ドリブン・イノベーション」が適当である、と考えているからです。

「デザイン・ドリブン・イノベーション」というコンセプトは、2009年にハーバード・ビジネス・スクール出版から出されたミラノ工科大学MBAの教授、ロベルト・べルガンティ氏の著書のタイトルからきています。

今回のセミナーでは、安西洋之氏のもと、今年、ベルガンティ教授の講義を直接受けた羽山康之氏が、「デザイン思考」と「デザイン・ドリブン・イノベーション」を対比して、何が同じで何が違うのかを明らかにします。同時に、「デザイン・ドリブン・イノベーション」以外の欧州でよく語られているデザインアプローチも紹介していきます。

開催概要

日 時 9月3日(土)16:00-18:00 18:00-19:30懇親会

場 所 AXISビル地下1階イベントスペース「SYIMPOGIA」

料 金 会員2,500円
一般3,000円
学生1,000円

講師

羽山康之(はやま・やすゆき)

イタリア・ミラノ工科大学デザインスクールで戦略的デザイン修士。一橋大学商学部、同大学院商学研究科経営学修士。デロイト トーマツ コンサルティング株式会社(当時)にて、経営コンサルタントとして自動車メーカー/自動車部品メーカーのビジネス支援に関わる。

ミラノ工科大学在学中、ミラノ工科大学Master in Product Design for Architectureの非常勤講師。またミラノ国際博覧会(EXPO 2015)時に立ち上げた、イタリアの食品関連ベンチャー企業にて食文化を再発見し、発信するデザイン戦略企画に従事。スペイン・バルセロナでデザインエージェンシーにてインターンを経験。その後、イタリアの建築設計事務所にてデザインコンサルティングを行い、6月末帰国予定。

関心事項は、イタリア流の意味のイノベーション(Innovation of Meaning)/デザイン・ドリブン・イノベーション/戦略デザイン、デザイン×ビジネス、文化と人の生活、Co-creation/Co-designと旅行(学生時代に世界周遊)。栃木県出身の地元好き。

モデレーター

安西洋之(あんざいひろゆき)

モバイルクルーズ株式会社代表取締役
上智大学文学部仏文科卒業後、いすゞ自動車入社。欧州自動車メーカーへのエンジンなどのOEM供給ビジネスを担当後、独立。ミラノと東京を拠点としたビジネスプランナーとして欧州とアジアの企業間提携の提案、商品企画や販売戦略等に多数参画している。国際交渉のシナリオ立案とデザイン企画を得意としている。また、海外市場攻略に役立つ異文化理解アプローチ「ローカリゼーションマップ」を考案し、執筆、講演、ワークショップ等の活動を行っている。

著書に『イタリアで、福島は。』『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』(クロスメディア・パブリッシング)『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』(日本評論社)。共著に『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力』(日経B社)。

「ローカリゼーションマップ」WEBサイト http://www.localizationmap.com/

<申し込みは右記参照のこと>http://www.jida.or.jp/site/information/innovationseminar.html

 

 

 

 

Date:15/12/4

年の瀬だし、今日、日本に来たことだし、ちょっくらとだらだらとしたブログを書いてみようかとミラノから飛んでくる間に思いました。最近、ほぼ日の「イタリアで、福島は。」の短期連載の原稿を書くのにけっこうエネルギーを割いていたこともあり、これを書き終えてホッとしているところです。掲載は今日が8回目で、12月8日が最終回ですけどね。だから、ホッとするのは気が早いんだけど。今週のはじめ、サルデーニャ島の地域開発「国際化」のシンポジウムにに招かれて島の東側に行ったら、なにかアイルランドの西側に行ったような、静かな大人の風景(←こういう表現はあるのか?)に囲まれて、かなり気分が良かったです。そう、そう、大人といえば、昨日、日経BPのサイトで、この記事がアップされました。30人のイタリアオヤジを紹介する連載が終わり、今は他のサイトで女性の生き方を取り上げています。この女性は弁護士ですが、カッコイイです。いやいや、これまで紹介したどの女性もカッコイイので、アーカイブも見てください。

明日5日は金沢に行きます。日曜日に講演会があるのですが、初めての場所なので少々街を見ておきたいなあ、と。すると北陸は悪天候の真っ最中と知って、ちょっとおののいています。いや、そんな天気ごときでおののいてどうする!ということでもあるのですが。少なくても、21世紀美術館だけは行っておきたいです。そして日曜日は夜に長岡に行って、酒を呑む・・・はず。火曜日以降でお知らせしておくイベントというと、9日の『食の安全と正しい情報の伝え方日伊共同シンポジウム報告会』です。これは裏方なんですが、東大の早野龍五さんの講演と早野さんと糸井重里さんの対談です。冒頭で紹介した「イタリアで、福島は。」で書いた9月22日にミラノで開催したシンポジウムの報告会です。これはですね、大きなテーマでいえば、人のアタマで理解することに、心がついていくか?ということなんですね。とっても面白いと思います。

来週はイタリアからのお客さんと一緒にいる日がわりと多いだけでなく、これからスタートするイタリア関連の仕事のための東京での下調べが多く、イタリアづいています。えっ、そうなの?いつもじゃないの?と思われるかもしれませんが、このごろ、ローカリゼーションマップの関係でイタリア、イタリアした感じのことをあまりしなかったのですね。イタリアが関係していても、イタリア、イタリアしていない、と。でも、東北食材や酒の欧州への紹介なぞをやっていると、バッチリイタリア!という感じのものをやってみたくなってくる、という具合です。

だからというわけでもないのですが、15日には六本木のJIDAで「ミラノ万博とローカリゼーション -ミラノからの情報発信の意味を考える」という勉強会をやります。ミラノ万博が10月末に終わり、一通りの数字は新聞などで発表されたのですが、何がどうビジターの頭と心に残ったのかは、これからこっそりと語られるのではないかと思います。主催者はいいことしか言わないから、そうではない人たちが「実はね、あれを見てこれを考えた」みたいのは、これから出るか出ないか、なんですね。これをやってみたいのは、万博というイベントにつきものの否定的な意見と賛辞の間をつく、というのもありますが、ミラノは来年、サローネだけでなく国際博覧会としてのデザインイベントを半年間やるわけです。サローネも会場内で「スペース&インテリア」という建材見本市の特別版をやるみたいだし。ずいぶんと商売の的中率をあげていく工夫をするそうで、お金が動くクラシック家具にもフォーカスするようです。

↑↑ ここ、ここ!リナシェンテのデザインマーケットやWallpaperSTORE*のバイヤーに「日本製品の存在感は売り場であるんだけど、売れないんだよ」と言われないように頭を使っていかないといけないのです。サローネのコンテンポラリーだけみて「今年のサローネ、デザイン、イマイチだね」なんて経験者づらしないで、売れ筋を含めて全体像を掴んだうえでの理解と発信を考えないといけませんよね。ミラノという場所を使う意味とか、どういう批評を狙うと良いかとか、参加される方たちとディスカッションしていきます。言ってみれば、質の高いフィードバックを得るための装備をどうするかではないか、と。

さて、明日は金沢で何を食べようか・・・・。

 

Date:12/7/26

今朝、日本に着きました。街全体が汗をかいてジトッとした匂いがありますね。

ウィーンからの飛行機の約10時間、モレスキンのノートに本の目次案を書いてきたのですが、なかなか満足がいきません。実は今年のはじめから何度も何度も書き直しています。今までの二冊はどちらかといえば読者層をある程度想定していました。一冊目は書店の社会学や異文化社会論の棚におかれること、二冊目はビジネスやマーケティング。しかし、今回は新しい読者層を見つけるという目標があります。

今春からサンケイBIZに毎週連載コラムを書いていますが、これは一昨年から1年間、隔週に連載した日経ビジネスオンラインと違います。ある意味、日経ビジネスオンラインのほうが楽でした。有名企業のローカリゼーション事例を取材して書けば、その企業名で自動的に読んでくれる人がいます。しかもカタカタ英語が書きやすかった。が、サンケイBIZではカタカナを極力排除して書くようにしています。読者層が違うのです。新聞記者は小学6年生が分かるように文章を書くのを目標とすると言いますが、それを心がけてもカタカナや抽象的な単語をクセで打ちやすく、それらを易しいひらがなに直すようにしています。

そしてなによりも有名企業名をタイトルに出さないで、読者の注意を引かないといけないわけです。そのために1500文字で一つのことしか語らず、事実説明で押し通し、結論は200-300文字に留めるとの指針を自分に課しています。しかし、1000文字くらいのところで抽象的表現が出てきてしまうのです。このブログの読者はお分かりのように(!)。それを引っ込めてあと一段落、事実を書き連ねるのが思ったより大変です。この数回は、ローカリゼーションという言葉も「禁止」に追いやりました。ローカリゼーションという言葉を使わずに、ローカリゼーションを考えてもらうのです。それがぼくのトレーニングです。

すると、こんなことを考えます。考え方を伝えるにいくつかの方法がありますが、その方法に伝えられる内容は限定されます。今、ぼくが使っている方法だと、以下の順序で「伝わった」との実感があります。動画がなかに入ることがありますが、動画だけで伝えることはありません。

会って一対一で話すこと > 書籍の文章 > チャートと静止画を使ってのレクチャー

上記のように並べてみましたが、読解力のある方が本気で読んでいただけたら、一冊の本のほうが対面の話よりも有効かもしれません。2時間の対面より2時間で本を読んでくれた方が、情報量は圧倒的に多い。問題は情報量だけではありません。2時間の読書のほうが圧倒的に何かをつかみ取ろうという意欲が強いケースが多いのです。そして、記述は全体の構造から切り口のディテールまでを全てカバーします。プレゼンでのチャートや静止画にはそういう威力がありません。チャートや静止画は切り口です。構造の説明には至りません。しゃべりがメインでそれらが補うという補完関係にあるものの、レクチャーでチャートを出すと聞いている方の写真撮影率が一挙にあがります。

現在、構造の把握よりも切り口への食いつきが良いのは、書店に並んだ書籍のタイトルを見ても分かります。それだけ「切り口の時代」なのです。だからこそワークショップが必要になります。文章での構造把握が低調な分をワークショップで補わないといけないのです。切り口をみせる易しい言葉を使った書籍+ワークショップという組み合わせが受けやすいのは、こういう背景があると思います。チャートで構造を見せようと思うと失敗します。これは文章かワークショップに任すのが良いと考えています。

・・・という流れを読みながら、冒頭に書いたように本の趣旨を弄繰り回して半年がたってしまったというわけです。何とか結論を早急に出したいです。明日は名古屋の中部産業連盟で講演、土曜日は六本木で勉強会、来週の木曜日は表参道で日経デザイン主催のレクチャー+ワークショップです。残りの日もレクチャーやワークショップを企業内向けに行います。今年はローカリゼーションマップのワークショップ元年としましたが、着々とその道を歩んでいます。

ああ、それにしても、実際に自分でやってみないと分からないことが多すぎる!

 

 

 

Page 1 of 171234510...Last »