昨晩ミラノに戻りました

約2週間の日本滞在を経て昨晩ミラノに戻りました。やはり寒いです。マルペンサ空港の近くには雪がまだ残っています。が、東京はさほどでなくても、名古屋はたまたまなのか、かなり冷えました。山が雪で白かったが印象的です。

今回の訪日のメインは、アイルランド首相訪日にあわせた経済ミッション団と行動を共にすることでした。外資系金融会社のエコノミストによる日本経済のレクチャーを聴いたり、アイルランド経済大臣一行と日本の代表的企業を訪問したり、首相列席の午餐会に出席したりと、いわば外側から見た日本の姿に接することになりました。

今まで日本メーカーは固有技術には優れているが、それをインテグレートする力が弱いとされてきました。訪問したのは一部の企業ですが、やはりどこか全体図を描く力に不足点があるのではないかと思わざるを得ないプレゼンがありました。日本はディテールの積み上げを得意としてきましたが、全体図を描くことと、ディテールの積み上げを両立するのはやはり困難なのだろうか・・・と色々と考えることになりました。これは、これからの日本経済の肝です。

麻布のアイルランド大使公邸でのレセプションも、やはりアイルランドを代表するギネスビールで始まりました。しかし、アイルランドで飲むギネスほどには美味しいとはいえないです。よく水の質の違いだといいますが、日本の水が悪いとかいうことではなく、ギネスに合う質の水がアイルランドでしか入手できないと理解するのが正解なのかなと思います。ある質の高い完成品を得るには、その部分部分が、絶対的な高品質より最適合しやすい性質を持っていることが重要なのでしょう。そんなことを日本のギネスビールを飲みながら思いました。

しばらく、日本の滞在中に思ったことを連日書いていこうと思います。

<本ブログや拙著『ヨーロッパの目 日本の目ー文化のリアリティを読み解く』に関するコメントやご意見は以下のメールアドレスにお願いします>

european.eyes@gmail.com

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category さまざまなデザイン | Author 安西 洋之