ノヴィラーラ物語ー2800年前の船をつくる(3)

1800年代の後半に発見された石版レリーフがあります。そこに描かれていた船をみて、「これは戦いに使われた船ではないか?」という好奇心が芽生えた。それがマルコ・コバウだったのです。「それでは、その時代の船を実際に作ってみようじゃないか」と思ったのですが、この絵をそのまま題材に船を作ろうとはしませんでした。

sn

 

エンジニアの彼は、当時の船に関するさまざまな資料を読み込み、そして設計図をひいたのです。できあがった図面を上の写真の絵に重ね合わせると、なんと一致したのですねぇ。すごい。「アーティストが描く絵なんて信用できるかい!」とはっきりは言いませんでしたが(笑)、エンジニアの心意気です。

使われた木材は現在のノヴィラーラ周辺にはない木です。もっと高度のある場所の木です。しかし、2800年前の気象条件を考えると、 理論的に問題ない・・・・こういうアプローチを色々とやっていくわけですよ。ここで実に興味深いのはお金の出所です。彼が引き出してきたのはEUです。が、実験考古学という名目ではない。それは意外なカテゴリーでした。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category さまざまなデザイン, ノヴィラーラ物語ー2800年前の船をつくる | Author 安西 洋之