ファッションデザイン教育におけるテキスタイル(1)

どこのフィールドの人間が一番世の中の先端的動向を見れるか?と質問すると、科学、哲学、アートなどさまざまな答えが返ってくると思います。ぼく自身の勘でいえば、自然科学に携わる人が見ている現実が「一番新しい現実」であることが多いように思えますが、それが「世の中の先端的動向」か?と言えば、必ずしもそうではない。なぜなら、ここでいっている「動向を見れる」とは、世の中の水や風の動きの変化を嗅ぎ付けるセンスを語っているからです。そういう点で、どのフィールドの人が突出しているとは言い難い。センスのある人はどこにでも僅かなパーセンテージで存在するでしょう。「時代の匂いを感じ取る」ファッション業界にかたまっているとは言えないのです。

あえていえば、感じ取ったことを表現するに経済的に無理がなく社会的インパクトを与えやすい分野から、水の流れは変わり風向きは転換しやすい。それが音楽、アート、ファッションであり、研究費と仮説検証に時間と金がかかる自然科学ではない理由です。ファッションの人たちがどのような考え方をするのか、過去、その例を二つ紹介しました。「セント・マーティンズ大学について語ろう」と「ファッションデザイナー・村田晴信さんに聞く」です。ファッションデザイナーもファッションだけをみてコンセプトを考えるのではなく、音楽、映画、文学、写真、プロダクトデザイン・・・多様なインプットから作っていきます。どこかに頂上があり、そこから「あそこ!」と指摘するわけではありません。

最近、セント・マーティンズを出たファッションイラストレーターと話していて感じたのは、ファッションはダイナミックな動きを伴うため、イメージする時に映像や音楽を思い浮かべやすいのではないか?ということです。プロダクトデザイナーも映像や音楽に影響を受けるでしょうが、コンセプトイメージはやや静止画に近いケースが多いかもしれないとの仮説を話し合いました。そこで、今度、プロダクトデザイナーにファッションをデザインしてもらうワークショップをしてみると良いかもしれない、との話になりました。「イメージにおける動作」に関するリサーチから何かヒントが得られるのではないかと思います。

ファッションデザイナーの村田晴信さんは吉岡徳仁の結晶の椅子をみて、高校の化学の先生に材料を確かめ、ミョウバンで試作品を作りコレクションへの応用と歩を進めました。ご本人に確かめたわけではありませんが、ミョウバンが育つプロセスがファッションの「動き」とフィットしたのかもしれません。その文脈でいうと、テキスタイルも「動き」のイメージのなかにあるのではないかと想像するに至ります。そこでミラノのNABAでファッションデザインの学生にテキスタイルデザインを教えている今井幹雄さんに、彼自身のNABA卒業制作を紹介してもらいました。

ここにアップした画像は全て今井さんのものです。一番上は霧のかかったぼんやりした風景。二番目は草が風に揺れるさま。スペースの存在を感じさせ、ここでいうスペースとは物理的に囲まれた場所というより、人の身体を包む空気が漂う場所という意味合いが強いです。2番目の画像もそうですが、空気の動きを想起させます。テキスタイルは着る人を包みながら心地よく肌と外気が触れ合う媒体であるわけです。

この次のステップは次回に紹介します。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category さまざまなデザイン, イノベーティブ思考, ローカリゼーションマップ | Author 安西 洋之