ミラノサローネ2012(8) 昔見たものは小さいか?

先日、センピオーネ公園の小遊園地を息子と自転車で通りかかった時、ふと7-8年前のことを思い出しました。園内を走る大人はかがみこむようにしないといけない汽車やゴーカード。あの小さな汽車やゴーカードに乗り込むのが密かな喜びだったーそれは自身の幼少のころを追想する楽しみを兼ねていましたーこともあり、かなり頻繁に通ったものです。しかし、息子が6歳になったあたりでぱったりとその楽しみは「奪われ!」、公園のなかを自転車で競走することになりました。先日は何となく、息子に追想経験をさせたくて「ねえ、あのゴーカードに乗ってみない?」とややしつこく勧めてみました。

彼は「いいよ、ツマラナイ」と即座に断ります。ただ、横目でゴーカードを走るのを眺めていて、思いついたように「うん、1回だけ乗ってみる」と答えます。10歳の子供にも窮屈なゴーカードに数年ぶりに乗ってみようと思った理由。それはマクラーレンを模したグレー色のモデルがあったからです。F1の全GPを欠かさずTVで観戦している彼のお気に入りはハミルトンで、それでマクラーレンファンというわけです。よって小さくノロいゴーカードでも一回は試してみたいという気が起ったようです。数周を終えての一言「やっぱり、つまらなかった」。

昨年の夏、ぼくは40年ぶりに自分が卒業した小学校とその周辺を歩きました。あまりに校庭が小さく学校の周りの道がどこも狭く、自分の少年時代の風景はこんなにコンパクトだったのかと驚きました。こういう経験は初めてではないのに、その場にいくと、少年時代の目線の高さと空間把握の広さー狭さーにあらためて気づかされます。これは場所だけでなく、子供の時に全く手が届かないと思っていた人が、自分が大人になってみると案外そうでなかったりということもあります。

背ではなく、人間性の話です。寂しいことではありますが、高齢になると考え方が子供のようになる傾向があります。だから、変わったのは本人の目線や視野だけでなく、相手自身ということも考えないといけません。ただ、やはり未熟な時には見えなかった粗が成熟するにつれて見えてくる・・・という事実は避けがたくあります。しかし、誰でも余裕をもって考え話していることなど殆どなく、ギリギリのところで生きているんだと分かってくると、他人の粗にたいして寛容になります。「結局、本田宗一郎も奥さんに頭があがらなかったわけね」と言うのではなく、「奥さんに頭があがらなくても、あれだけの偉業が可能なんだね」と思う。そういう表現が理解できるようになるのです。

さて、ヨーロッパです。かつて日本にとってヨーロッパは大人に見えました。先進的で成熟した社会のモデルとしてのヨーロッパが大きく見えたのですが、この数十年、もうろくを始めた老人を見る目つきになってきています。そして、隣にいる若手の進撃を横目で眺め、かつ、そのマーケットにも羨望を感じながら色目を使い始めると、自分自身の足元が20代のころの俊足にはかなわないことを発見します。そして、日本はいったい身体年齢は何歳で精神年齢は何歳なのか・・・と自問自答を始めたのです。ポイントが精神年齢の自覚にあるのは明らかです。

 

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category さまざまなデザイン | Author 安西 洋之