「共通言語」はほうぼうで所望されている

この2週間、ミラノ工科大学でPh.Dデザインコースというレクチャーが10本以上あり、世界の第一線の研究者たちが登壇しました。いくつかのレクチャーを聞いていて気づいたのは、「コンテクスト」という言葉がキーワードになっていることです。どうコンテクストを読み込むか?が頭痛のタネになっているわけです。コンテクストにマッチしないことをああだこうだと試みても、およそ敗退する経験をさんざんし尽している証拠でしょう。それほどに単発の見せ場の無力さを物語る事例が死屍累々とあるのです。

違った表現をとれば、あるシチュエーションでの言葉が隣の状況には全く通じないーウジトモコ『デザインセンスを身に着ける』に、以下のような文章がありました。

デザイナーの多くは、デッサンや色を学んでいても、経営については関心を持っていません。マーケティングについての知識はほぼ、本人のやる気と環境に依存します。ロゴが使われていく意味は、ほとんどがマーケティングベースなのに、つくられているデザインの現場の関心のほとんどは「色やカタチ」を超えることはありません。

一方、経営者や製品担当者の多くはデザインを「差別化」や「経営戦略」とリンクさせることができません。デザインのトーン・アンド・マナーについて、単に先行他社の資料を集めて参考にしてしまったり、今すでに売れているもののデータを集めて、それを評価や価値の基準値にしてしまいます。

 

 

事業企画とクリエイティブ系のギャップを埋めることはローカリゼーションマップの大きな目標ですが、この点を問題としてみているのは、もちろん僕たちだけではありません。このウジさんに限らず、多くの人たちがどうしたものかと考えあぐねています。自分の見ている世界が他の人にとっても大切なんだーその逆もしかりーという認識をどう共有していくか、これは思ったほどに容易ではないのです。ローカリゼーションマップではワークショップをやりながら共通言語ービジュアルも含めーを確立していくことを、これから行っていきますが、細分化されたエキスパートの必要と増加、統合や全体性の把握の必要性、これらの2つの潮流が共通言語を要望することになっています。横山雅彦『大学受験に強くなる教養講座』でも、次の文章があります。

僕は、予備校の衛星授業で、長年英語の長文読解を担当してきましたが、とくに最近、文法や構文以上に、背景知識のウェートが大きくなっていると痛感します。実際、「和訳することができても、議論の内容がさっぱいイメージできない」という受験生も少なくありません。

(中略)

英語の講師も、文法構文専門では、到底太刀打ちできるものではありません。ますます英語と小論文、現代文の垣根がなくなりつつあること、そして教材を超えた「教養」が必要になっていることを、強く印象づけた問題でした。

総合的な把握が重要であるとの流れをとれえているからこそ、背景知識を要する英語の問題が多くなっている。にもかかわらず、ビジネスの現場でプライヤーが全体を知っているように振る舞っているわけではない・・・というのが、なんとも皮肉です。1冊目の『ヨーロッパの目 日本の目』では、「総合」の視点をもつためにエピソードの数々を紹介しました。2冊目の『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか』は、日本企業のローカリゼーションを強調しました。今日からサンケイBIZでスタートした連載は、この1冊目と2冊目のリンクをもう少し使いやすいようにするコラムを書いていこうと思います。毎週日曜日の掲載です。

 

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category 『ヨーロッパの目 日本の目』, ローカリゼーションマップ | Author 安西 洋之