差異を認識して距離を測る勘をもつ

昨晩、ネットナビをしていたら、ドイツの国旗カラーを彩った「bundespolizei」(連邦警察)が法律違反のサイトを見たので100ユーロの罰金を払え!という画面が突如でてきました。まったく怪しげなところではなく普通のサイトを見ていたのですが、すべての機能がブロックされてしまったので、他のPCで「トロイの木馬」であることを確認し、今日エキスパートにウィルスを追っ払ってもらいました。それにしても、つくづくドイツのブランドは強いものだなと感心しましたー実のところ、調べると他国の警察を名乗るタイプもあるようですが。ドイツの警察ならリアリティがあるだろうとの思惑が見え、それが逆に怪しさを増しているとぼくは思ったのですが、これも国のブランド力なのでしょう。

11月28日にUXD Initiative研究会で開催した「イタリアンライフを題材にしたローカリゼーション・ワークショップ」では、イタリアのライフスタイルを表現している動画を見てもらい、そこからイタリア生活を特徴づけるコンテクストを抜出し、そのうえで日本のネタをどうイタリア向けに商品開発するかという課題を出しました。観察をしていて気づくのは、ダウンロードした情報は参加者の頭の中に既にある知識を再確認に利用されたり、それらからの連鎖を導き出す役割をしていることです。イタリアに関する知識がまったくのゼロであったなら、いったいどういうコンテクストが参加者から提示されてきたのだろうと思いました。

ある国に対する知識がゼロに近い地域が、これからのビジネスの大きな市場と見られています。だからこそ、少しでも知識のある国で文脈を読むトレーニングをするのが効率的です。それにより何をキーにすると他の何がみえてきてくるかの勘がつき、相似のあり方が全体として浮かび上がってきます。そういう点で、ヨーロッパ諸国は「相似形」を学ぶのに最適です。フランスとイタリアがどう似てどう違い、チェコとドイツの相違点は何なのか。この微妙な差の繋がりがEUの範囲でも27はあるわけです。そして、それなりに情報の蓄積があるから検証がしやすいという利点があります。

とするならば、このようにヨーロッパ内の差異を使いながら距離感の測り方を練習し、たとえば、アジアの国々の差異を見ていくという方法はどうだろうかと考えます。もともとの差異の取り方の距離感が未体験ゾーンだと、ナイフを使うべきところを斧を持ち出すような考え方をするパターンが多くなるのではないかという気がします。

日経ビジネスオンラインで河合薫さんの「グローバル人材」のコラムに対する多数の読者コメントを読んでいても、どうも「経験の運用」が荒っぽいと感じる人が多いと思ったのです。「英語」や「グローバル人材」などというテーマが世の中で喧伝される裏には、「差異の測り方への鈍感さ」が二酸化炭素が閉め切った空間に漂うようにある・・・・とイメージします。どうにも臭い。議論自身に酸素が薄い。日本には微細なテイストを感じる文化がありますが、それは日本の中に限定されることが多く、日本の外のことになると一気に大ざっぱの度合が過ぎます。この特徴が、読者コメントにも見られると思います。

ちなみに、ぼくが昨夜脅威を受けた「bundespolizei」は、イタリア語で書いてありました。イタリアにいてドイツ警察がでしゃばるのもおかしいですが、ドイツの連邦警察はそこまで力があるのかと妙に納得したー一瞬ですがー自分に腹が立ちます。

 

 

 

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category ローカリゼーションマップ | Author 安西 洋之