岡田暁生「音楽の聴き方」を読む

3日前に日本に着きましたが、ミラノを発つ前日の晩、自宅近くの音楽院ではじまった夏の野外コンサートに足を運びました。ルネサンス建築の建物の庭にある仮設舞台で演じられた「ウエストサイドストーリー」をみたのですが、イタリア人が歌う英語の曲を聴いていると、だんだんと米国人が歌う曲を聴きたくなってきました。帰宅後、即、YouTubeで「Tonight」を聴き、ああ、この感じなんだと心が落ち着きました。プエルトリコの移民の物語であれ、米国風であることを、どうしても期待してしまうのです。例えば、イタリア移民が米国で同じ境遇で生じたとセッティングをモディファイしているなら、もう少し受け取り方も違うのでしょう。

ぼくの頭のなかには、アメリカ文化の象徴として「ウエストサイドストーリー」が収まっています。だから、それがずれると気になるのです。ドイツのロマン主義の交響曲をスカラ座で聞くと、ドイツ的な硬質な表現が恋しくなる。ビートルズの曲が多くのミュージシャンによってアレンジされていますが、それらを聴けば聴くほど、オリジナルとの差異を感じることになります。まったくかけ離れた場所に出かけると気分一新して全ての不便を受け入れるのに、自分の知っている場所と似た場所であると、差異だけ気にして満足度が下がる。こういう例に近いものを感じます。自分のオリジナルのイメージに合うことを求め、それがずれていることで喜ぶのは、ずれた理由が明確に理解されている場合ではないかと思います。

もちろん、西洋クラシック音楽は、数々の演奏者によって解釈されることが(少なくても現代においては)前提となっているため、「オリジナル性」とは何を指すのかが難しいですが、フルトヴェングラーで衝撃を受けたなら、それが後を引かざるを得ないという現象は当然生じます。原体験ありきです。そして、そこに文脈がついてまわります。だから、音楽の聴き方の正解や正統性を語るのは、実に危うい行為となります。(以下、p1170-171)

例えば、「上を向いて歩こう」がアメリカでは「スキヤキ・ソング」として受容されるとか、バルブ絶頂期にサントリーホールでマーラーを聴くことが東京の若者の間で流行したとかいった例は、ある音楽が異郷においてコラージュのように別文脈にはまって開花した例だ。

いずれにせよ私たちは、音楽だけを真空状態で聴くことは出来ない。パソコンでシュミレートされ転送される音楽だって、それこそインターネット空間という一つの「場」の中にあると言えるだろう。音楽は必ず文脈の中で鳴り響き、私たちは文脈のなかでそれを聴く。歴史/文化とは音楽作品を包み込み、その中で音楽が振動するところの、空気のようなものである。

つまり、「ウエストサイドストーリー」について言えば、ぼくの(日本における少年から青年時代にかけての)米国文化経験と密接に関連しています。米国が輝いていた時代の米国文化に対する憧憬が、ぼくの中にも確かにあったことを否定することはできません。大学でフランス文学科を選び、日本でサラリーマンをやっているときもメーンクライアントは欧州メーカーであり、その後、およそ20年イタリアに住んでいます。が、かつて米国に抱いていた気持ちを、図らずも自分で思い起こすのです。そういう「内なる米国」と「ウエストサイドストーリー」が”関係をもつ”。

今の時代にあって何よりも大切なのは、自分が一体どの歴史/文化の文脈に接続しながら聴いているかをはっきりと自覚すること、そして絶えずそれとは別の可能性を意識してみることだと、私は考えている。(p172)

・・・と、このように著者の岡田氏の言うように、一方で、ぼくもイタリア人の「ウエストサイドストーリー」の自分なりのおさめかたを考えています。「イタリア人の歌うブロードウェイ音楽が好き!」というあり方をぼくのなかで納得する術と馴れは、どういう風にすれば良いか、です。

この本、日本に来る途中、中東に漂う「多様な米国文化」と「多様な欧州文化」が匂うドバイ空港で一気に読んだのですが、あの人工的な空気とローカルな空気の不思議な混じりあいは、本書で語られている「正統性への疑問」としっくりとあいました。「もはや」とかつての価値体系の没落を嘆くのではなく、「だから面白い」と新しく作る価値体系に立ち会う喜びを狙うに、本書は思いのほか参考になります。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category 本を読む | Author 安西 洋之