イタリア好きのアリタリア便

昨日、日本に飛ぶためミラノの空港に向かう直前、自宅に一通の手紙がきました。差出人はパドヴァの警察。「えっ、出発直前に、なんだ、このややこしいのは!」と思いながら乱暴に封を切ると、昨年11月、パドヴァ市内で通行禁止の区域を走ったのを監視カメラに撮られたようです。11月のパドヴァといえば、「メトロクスの旅」で書いた、メトロクス社長の下坪さんと営業の片岡さんの3人でB-LINEに行ったときのことです。約 90ユーロ(約1万円)の罰金を払えというのですが、「この手紙が発行された12月15日から60日以内に振り込まないとペナルティを科す」とギョッとし たことが・・・。ご丁寧にも60日以内であって2ヶ月以内ではないと注釈もあります。しかし、手紙を受け取ったのは2010年6月4日。封筒の消印をみる と2010年5月4日! 思わず大笑いしてしまいました。

さて、航空会社選択には二通りのパターンがあると書いたことがあります。「JALのサービスに想う」です。

外国に出かける人は二つのタイプがあり、一つは「これから出かける国の雰囲気に飛行機から味わおう」という経験先行型であり、もう一つは「目的地に到着するまでは、なるべく自分の習慣を通したい」という経験先延ばし型でしょう。料金や乗り継ぎの便宜性という合理的レベルでの判断を別にすれば、上述の二つのパターンは一般的と考えてよいと思います。

この10年以上、欧州内でアリタリアを使うことはあっても、日本との往復はもっぱらJALでした。しかしJALは9月末にミラノと成田の直行便を廃止することになりました。それで新しい環境に早く馴れようと、昨日はアリタリア便に搭乗してみました。そこで、随分、JAL便と違うなあと思いました。まず第一に搭乗直前にチケットとパスポートを提示するところで、「ボンジョルノ」「グラッツィエ」と挨拶する日本人がJAL便と比較して圧倒的に多いのです。それは機内でも同じで、ワインではなくヴィーノという乗客が多いように感じました。要するにイタリア好きが多いのです。上の範疇によれば、経験先行型です。一人旅も少なくなく、なんとなくテーマがあってイタリアに行って来たという雰囲気をもっています。

実はミラノに長く住んでいる日本人は、こと日本との往復に関してはJALを使う人が多いーアリタリアの定時運行の確率の低さにうんざりしていて、日本に行くときくらいそういう苦労は避けたいーとの印象をもっているのですが、面白いのはイタリア人。JALを選ぶイタリア人はどことなく日本びいきの傾向があり、アリタリアに搭乗するイタリア人はその日本びいき率が若干下がるようなタイプが目に付きます。経験先延ばし型にカテゴライズされそうな人たちです。「日本に特に興味があるわけじゃなく、でも嫌いっていうんじゃないんだよ。ただ、移動は馴れた航空会社がよくてね」と。もちろんマイレージをもっている人が多いこともあるでしょうが、わざわざJALのマイレージカードは作らないのでしょう。

ぼくは、アリタリアの機上の人となりながらーなんと陳腐な表現!-出発前に受け取った警察の手紙のことを考えていました。全てがああだったら社会はまったく機能しないけど、たまに生じるにはたいしたことない。ぼくは、正直言ってイタリア的役所仕事の健在ぶりにホッとしました。EUの誕生以降、ITの普及とあいまって自由がききずらくなっているのですが、最後の管理に穴があるところに、市民が逆手をとる余地があるわけです。その痛快さに大笑いしたのです。これがイタリアの良さでしょう。愛嬌のある文化は結局は好かれる・・・・。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category その他, イタリア料理と文化 | Author 安西 洋之

Comment

  1. [...] This post was mentioned on Twitter by デルポンテ, 安西洋之. 安西洋之 said: アリタリアに搭乗する日本人乗客は、JALと比較するとイタリア語学習者率が俄然高い。イタリア好きとカテゴライ [...]

  2. 村田篤紀 

    安西さん

    ご無沙汰しておりますが、横浜の村田です。
    現在、日本にご滞在中とのことですが、こちらのデザイン展をご存知でしょうか?
    6/13(日)まで開催されていますので、よかったらご参考ください。

    http://exhibition.bop-design.com/

    アクシスギャラリー会場
    http://www.axisinc.co.jp/
    http://hasimoto.blog.smatch.jp/blog/2010/05/post-f88f-1.html
    こちらの会場全体のデザインは、橋本潤さんがご担当されたそうです。
    まだこの会場には行ったことがありませんが、こんな感じの内装です。
    http://www.axisjiku.com/jp/2010/05/29/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%B1%95%E3%80%81%E5%85%AD%E6%9C%AC%E6%9C%A8%E3%81%AE2%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E3%81%A7%E9%96%8B%E5%82%AC2/

    ミッドタウン会場
    http://www.designhub.jp/
    http://www.axisjiku.com/jp/2010/05/27/%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%82%92%e5%a4%89%e3%81%88%e3%82%8b%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%b1%95%e3%80%81%e5%85%ad%e6%9c%ac%e6%9c%a8%e3%81%ae2%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e3%81%a7%e9%96%8b%e5%82%ac%e3%81%a7/#more-13300
    もうひとつの会場はここです。

    私は全然関与してはいないのですが、グループの本社の有志メンバーで
    こんな作品を出していますので、こちらもよかったらご参考ください。
    http://www.ricoh.co.jp/csr/info/100515.html

  3. 安西 洋之 

    こんにちは。お元気ですか?

    情報ありがとうございます。今週の日曜日、最終日のセミナーに行く予定です。できれば、その前に展覧会を見ておこうと思っています。感想はその後にブログに書きます。

    コメントありがとうございます。