一橋大学の学生たちとの勉強会

今日、日曜日の朝、国立の駅で改札口を出た瞬間、国立は約30年ぶりであることを思い出しました。不思議なもので、国立に出かける前までは、ただちょっと距離があるなあという感想だけだったのですが、街を眺めたと同時に急に過去の体験を遡ることになったのです。これが北海道のどこかであるとか、物理的距離がそれなりにある場所であると、「そうか、30年ぶりに出かけるんだ」という感慨を出発前にもつものですが、首都圏で可視圏内にあると距離と時間の経験を並行してもっている気になるーJRにのっていれば、車内にある路線図はいつも行っている気になるーようです。

しかし、そうすべてを網羅しているわけではない。だから実際に足を運ぶ前はぜんぜん懐かしくないのに、身体的な経験を得たときに、時間軸がわが身に押し寄せてくる・・・ということを思いました。もちろん、これはぼくが通常ミラノにいるからで、ミラノから遠くにみる日本、そのなかの小さな首都圏という鳥瞰図が普段のぼくのメンタルモデルであるがゆえに、最近頻繁に眺めるJR・地下鉄路線図がリアルな動きと接近していると感じる度合いが強いーあるいは誤解する度合いが強いーのでしょう。

さて、一橋大学の学生を中心とした勉強会に参加。その内容はTwitterの#hitu_st を見ると分かります。いくつかの点でぼくのメッセージが正確に伝わっていないと思う点もありますが、どういう点をメモ要と参加者が考えたのかが分かり、ぼくにとっても別の観点で使えるメモです。学生たちの理解とアナロジーへの展開がスピーディーで気持ちよく、結局、昼食時間も含めると5時間近い時を一緒に過ごしたことになりました。ぼくが発信するインプット/アウトプットに対する学生たちのフィードバックに接し、ぼく自身がぼくのプロジェクトーローカリゼーションマップの構想ー次のステップをぼくの頭のなかで描いていけ、予想以上に得るものがありました。

その昔、クルマが憧れの存在だったとき、どんなタイヤを履くとかサスペンションのチューニングをどうするかと熱く話し合った世代と、Twitterなどのメディアやソフトの使い勝手を話し合う今の世代に、根本的な差はないと思います。しかし、どんなタイヤを履いても太平洋はそのまま渡れませんが、Twitterではそのまま地球が一周できるという結果において、世界観の差が当然生じます。同じようなエネルギーをあることに注ぎ込んだとき、そのアウトプットと影響に格段の差があるわけですー往々にして「肥大」という表現も使われますー。ユニバーサルとローカルの意味と価値の認識がより重要になってきていることを、こうした学生たちの反応をみていて再認識することになりました。

サスペンションはドイツのアウトバーンではどうか?という話にしかならず、高速道路の各国比較に持ち込むことは稀だったのに対し、ITの世界ではそれより多い頻度で文化差を考える対象になる必然が生じるのです。これがぼくの人間工学+認知科学をポイントにおいた文化・ビジネス論につながってくるのですが、この観点において、タイヤで文化を語る人と、ITで文化を語る人、その両方がいかに同じグループに入っていけるか?です。どちらか片方ではなく、両方でないと意味がありません。今日会った学生たちが、そうした統合性を目指していって欲しいものです。それが、やや飛躍に聞こえるかもしれませんが、EVを新しいシステムのパラメーターとして見ることにもつながっていきます。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category 『ヨーロッパの目 日本の目』, セミナー・講演など | Author 安西 洋之