ローマのサンピエトロ大聖堂に集う人々

「夏のローマ」というエントリーでサンピエトロ大聖堂で感じる「体系」について触れましたが、夏の大聖堂のなかで感じる駅の雑踏に似たムードは、なにやら安心するというかちょっと不思議な心持でした。タンクトップで出た肩をかろうじてストールで隠して入り口を通過し、その後にストールをとり、まるで冷房の効いた空間でホッとするような、そうした気持ちがあふれ出た空気を感じました。なにせ午前中は教会の入り口まで長蛇の列で、多分、1時間以上は35度以上の炎天下で待たないといけない状況でした。そこでストレス発散を試みようという女の子たちも出てくるというわけです(下の写真)。ぼくはこの列に嫌気が指し、近くのレストランで昼食をとり、午後再びでかけたのですが、そのときは殆ど待たずに入れました。

dbsp

そして教会のなかに入ると、冬だと冷たさをシンボライズする大理石と妙に相性が良いという次第。そして、この暑さから救われた環境変化が人の精神を解放するのか、聖空間にある神妙なムードではなくリラックスした雰囲気がどうしても目につきます。ぼくは、これを「小さな発見」として面白く思いました。ですから、教会の壁を飾る美術品の数々より人々の様子をカメラに収めることに熱心になりました。

ibsp

ぼくは「これも悪くない」と思ったのです。俗空間と聖空間の接点がとてもはっきり見える世界がある、と。「夏のローマ」に書いたように、南米やアフリカから来たと思われる人たちが多く(ヨーロッパに住んでいる移民も含め)、彼らがリラックスしながら宗教空間に「馴染んでいる」のが印象的です。「学ぶ」「勉強する」という態度ではなく、「実家でくつろぐ」という表現は極端かもしれませんが、そういう比喩を思い起こさせるような肯定的印象を彼らから受けたというのは率直なところです。

wsg

スイス衛兵と一緒にカジュアルな格好をした少年の姿もほほえましいです。もちろん、ぼくの横には、この少年のお父さんが一眼レフを構えていました。そういえば、ローマに来る観光客は一眼レフを抱えている人が多いなとも思いました。力の入れ方が違うのでしょうか。

vcd

場所は変わって、ここはスペイン広場からまっすぐに伸びるコンドッティ通り。ブランドショップが軒を並べますが、写真はエルメス。この建物が昨年「西洋紋章デザイナー山下一根さん」で取り上げたマルタ騎士団の所有で、ここに本部があります

sdm

旗の見える入り口には、上のプレートがあり、中庭には外交官ナンバーの車が駐車しています。十字軍以来の歴史ある組織の本部であるとは、この通りを何気なく歩いては気づかないかもしれません。

cm

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category ウンブリアの夏 | Author 安西 洋之