ユニバーサルとユニバース

昨晩、遅くまで「人権」について話した。ぼくも、あるときまで「人権」はすべての価値に優先すると考えてきた。しかし、それは決まった範囲内の定義ではないかと思い始めた。そのことを昨晩会ったイタリア人に話したら、猛烈な反発をうけた。それで夜中近くまでになった。

cf

毎年アムネスティのレポートがでるが、死刑執行の数では世界に民主主義を広めると大きな声で叫んでいる国がトップ5に入っている。その国はそれまで人権が最優先だと主張してきたが、国債を買ってもらうには、その最優先事項をとりあえず脇におくことを否定しなかった。この状況は、今までの世界の枠組みを大きく変える契機になると思った。

ff

すべては経済原理が優先するのか?そうとは表立って誰も言わない。それを言ってはいけない。そうとは必ずしも言い切れないからだ。イタリア人の客が帰り、外に出てみた。天の川がきれいにみえる。ユニバーサルとユニバースについて、再び思いを馳せた。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category ウンブリアの夏 | Author 安西 洋之