海は退廃的?

山派あるいは海派という言い方がある。海派は山の何がいいのか?と問い、山派は海は退廃的と言ったりする。でもどちらかだけへ行くということではなく、気分によってどちらにも行くものだ。

im

そして、その気分だが、山に行くときのほうが、やや内省的ではあるまいか?特にそう顔の表情が変貌するわけでもないが、暇な時間を読書ですごしたりすることが、海よりやや多いかもしれない。だいたい、海の光の下で本を読むのは、眼が痛くなりそうだ。

pi

確かに、海では馬鹿騒ぎをしやすく、山はちょっと静かに行動することが多いような気がする。暑さへの発散が外へ向かうのではなく、内へ向かう。今日も天気予報によれば36度、日向にいれば体感は40度に近いだろう。しかし、木陰では気持ちよい空気を感じることができる。その快適な木陰にいる時に聞こえる虫の鳴き声が、単なる雑音であると日に日に思わなくなる。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category ウンブリアの夏 | Author 安西 洋之