黒須正明・他『人工物発達研究』を読む

ヨーロッパが近代社会を迎え、技術を中心とした猛烈な社会革新が生じて以降、繰り返し「技術によって世界は均質化されてゆく」ということが言われてきました。新しい技術製品が世の中に普及するたびに「今度こそは・・・」という思いに駆られてきました。電話などの通信システムもさることながら、飛行機の発達により、人々の国境を越えた移動が容易になったことも文化の均質化を促すことになっています。Wallpaper で名をあげたTyler BrûléによるMonocle という雑誌は、いわば身体的にボーダレスを生きている人達を対象にしたライフスタイルマガジンですが、「均質化を共有する層が増加しつつある」という認識に基づいているのでしょう。昨日は香港、今日はドバイ、来週はサンパウロという行動をとる人たちが、何かを作りつつあるのではないか?という感覚が根底にあるようです。

da

このような感覚、世界はだんだんと同じになりつつあるというのは、1980年後半から、つまりベルリン壁崩壊以降の米国中心のグローバリゼーションやネットの発達でさらに加速した感があります。ヨーロッパもEUとなり、ユーロの導入で更に国境の壁は低くなり、異文化という言葉がなくなるのではないかという勢いが一時ありました。しかし、「皆、同じ文化に生きているよね」という感覚を実際にもつのは、電子デバイスやネットでのある特定の事象に対してであったりーiPod, Facebook, Twitter などーであり、それでも日本のブログやFacebookが圧倒的に匿名によって成立していることが特徴としてあげられるように、文化的差異は常に再び浮かび上がってきます。スマートフォンの普及の地域差をみても、それは言えるでしょう。故障したときに自分で店にもっていける製品は、店にもっていけない大物家電と比べると、文化差が出にくいとも言われますが、前者でも好まれるインターフェースは地域によって違います。

mu

自動車も同じで、クルマのエンジンチューニングやエアロパーツをつけるカスタム化はドイツやスイスに多く、イタリアでは相対的に人気がありません。アーサー・D・リトルの川口盛之助さんは、以前お会いした時にデコトラ文化圏というのがあるのではないかという話しをしていました。デコトラとは、飾り立てたピックアップトラックのことで、東南アジアや南米に見える現象です。(ぼくの観点では)このようなモノ(*)の文化差をユーザ工学を基点に探求していこうというのが黒須正明さんの提唱する以下、人工物発達学です

(*)正確には「人工物」で対象はハードウェア、ソフトウェア、ヒューマンウェア、システムを含みます。ハードウェアには、文房具や食器、大工道具、家電機器、オフィス機器、AV機器、情報通信機器、医療機器、車載機器、教育機器、工作機器、さらには自動車、列車、あるいは建築物や道路の植栽などの構築物。ソフトウェアは、OS,アプリケーションソフト、(携帯電話などの)組み込みソフト、イメージ、サイン、シンボル等の有形無形の表現、小説、新聞記事、映画など。ヒューマンウェアは、人が関与するサービス(営業活動、博物館の説明員、配送や保守点検活動など)です。

人工物発達学は、特定の目標達成を支援する目的で開発された人工物のデザインがなぜ多様であるのか、またその多様性には歴史的・環境的・社会的・文 化的な必然性があるのかどうか、またそこには認知工学的・人間工学的な合理性があるのかどうかを明らかにする研究領域である。つまり、同一の目標達成を支 援するために多様なデザインがあった時、それらが歴史的・環境的・社会的・文化的にみて、それなりに必然として成立したデザインといえるかどうかを分析評 価する。その上で、ユーザビリティの観点、つまり認知工学や人間工学の観点からみても最適となっているかどうかを分析評価する。

人工物には、たとえば歴史的必然性はあっても、認知工学や人間工学から見たときに合理性や必然性がないものもある。人工物発達学は単純に歴史や文化 を否定するものではないが、合理性がないデザイン、あるいは低いデザインについては、少なくともそうした認識は必要であり、またユーザが合理性や必然性を 追求する場合には、利用するデザインの切り替えが発生しても然るべきだと提唱者黒須正明は考えた。

近江地方の木沓(きぐつ)の写真を見たとき、世界夫々の地域にある履物との違いがどうして生じたのかと思ったそうです。オランダの木靴は有名ですが、近江地方のそれは歩行に適しておらず、オランダのそれは日常で使用される。これは、どういう違いから、どういったプロセスと背景をもっていることに起因するのか。前者は「寒風でさらされる湖上での網の引き揚げ作業の防寒具として開発され」、後者は「湿った土地や砂を多く含んだ土地での農作業の際、断熱効果の大きい木を利用して開発された」ということですが、この人工物発達学で面白いのは、「何故、それが発達しなかったのか?」という疑問をも追及する点です。効率性だけで人工物が発達してきたわけではなかった「それ以外の要因」が、この研究によって明らかにされていくであろうことがぼくには興味が惹かれます。

ch

去年10月に総合研究大学院大学から発行された『人工物発達研究』を黒須さんから受け取り、これを読み、今まで文化人類学や民俗学で見てこなかった(見えてこなかった)ポイントにずばりと的中していることが分かりました。ケータイなどの通信システムの使用調査(国内各地やタイなど)だけでなく、ブリガリアで行った「ヨーグルトをめぐる食文化の経営人類学的研究」も興味深い内容です。また、中国や韓国では箸を食卓に置くとき、ユーザーの体に垂直におきますが、日本では体に並行に置きます。これはぼくも以前から不思議だったのですが、効率からいくと中国型のほうが優れています。にもかかわらず、日本では横置きが定着したのですが、本誌ではこの問題にも触れ、理由は不明で、これから研究していくとあります。ぼく自身、インターフェースの地域差からヨーロッパ文化論の見直しをする必要を考えはじめたので、この人工物発達学はぼくが考えているフィールドと非常に近いところにあります。ですから、この学問の提唱が行われたことが、ぼくには率直に嬉しいです。

+「ヨーグルトをめぐる食文化の経営人類学的研究」は「ヨーロッパ文化部ノート」(以下)に概要を紹介しました。

http://european-culture-note.blogspot.com/2009/07/no.html

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category 本を読む | Author 安西 洋之