マックス・ビルのポスターを作ろう(2)

毎年、ミラノのサローネが開催される時期、二つの大事な場所があります。一つはトリエンナーレ。もう一つが大聖堂の横にある王宮です。これらの場所で企画されたイベントは、その時の文化トレンドをとてもよく伝えてくれます。下の写真はドゥオーモの上からみた王宮です。

王宮

2006年春は、マックス・ビルの展覧会でした。5月のある日、入場者も少ないだろう時を狙っていってみました。アート作品、建築、工業デザイン、グラフィックデザインがすべて一堂に会したもので、入り口にはバウハウス時代のクレーばりのビルの絵画が並んでいました。その次は三次元。僕はこれらの作品をみながら、これらの彫刻のどれかを縮小版にして商品化できないかなと思いました。ビルの彫刻は、こんな感じです。ねっ、小さくしてもいいと思うでしょう?

ビル彫刻1ビル彫刻2

それで、このアイデアを早速、東京にいる下坪さんに伝えたところ、「じゃあ、次回、ミラノに行くときに展覧会をみながら話し合いましょう」との答え。展覧会は6月中旬まで続いていたのですが、実は彼はヨーロッパへの航空券がなかなかとれなかった・・・・2006年といえばサッカーのW杯がドイツで開催されていたのです。どこの都市へのフライトも全部満席。さあ、困った・・・・。

 

 

 

 

 

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category さまざまなデザイン, マックス・ビルのポスターを作ろう | Author 安西 洋之